• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】

スタミナアップするためにできる栄養管理の3つのコツ

【PR】

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

スタミナアップするためにできる栄養管理の3つのコツ

スタミナ切れという言葉があります。
スタミナ切れとは、エネルギーが不足している状態です。
そんな時、練習量を増やしても、使えるエネルギーが少ないので、効果が上がらないばかりか、怪我の原因になります。

特にスポーツをする子どもは、スポーツで消費するエネルギーに加え、成長するためにもエネルギーが必要で、不足すると成長にマイナスの影響が出ることが懸念されます。

それではスタミナをアップするためには、何に気をつければよいのでしょうか?


“スタミナアップ”するための3つのコツ


①エネルギー源の中でも炭水化物を多く、脂質もバランスをよく摂る

エネルギーの貯蔵タンクといえる筋肉内のグリコーゲンの材料である炭水化物をしっかりと摂ることが大切です。
炭水化物を多く含む、ごはんやパン、麺類といった主食を多く食べるようにしましょう。

また、脂質も主なエネルギー源の一つですので、油を抜くことなく適量摂ることを意識しましょう。
たとえば、パーム油やココナッツオイル、健康オイルの成分として注目されている中鎖脂肪酸は、すばやくエネルギーになるので、上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。

スポーツをするとエネルギーの必要量がアップし、また、その強度が上がるほどにさらにエネルギーが必要となります。食事から必要なエネルギーを摂るようにしましょう。


②ビタミンB群を摂取してエネルギーに変える

エネルギー源である炭水化物や脂質を摂取しても、それらが体内でエネルギーに変わらなければ、スタミナアップは望めません。
そこで活躍するのが、エネルギー源を効率よくエネルギーに変換させるビタミンB群です。
エネルギー源を多く摂ればその分、ビタミンB群の必要量も増えるので、忘れずに摂るようにしましょう。

ビタミンB群を多く含む食品は以下を参考にしてみてください。
(ビタミンB1)
玄米ごはん、胚芽米ごはん、豚ヒレ肉、大豆(乾)
(ビタミンB2)
豚レバー、うなぎの蒲焼き、牛乳、納豆、プレーンヨーグルト、卵


③鉄の不足を防いで、体内の酸素供給をキープ

そして忘れてはならないのが鉄です。
鉄は体内の酸素運搬に欠かせません。
酸素が運ばれないと十分にエネルギーを生み出すことができず、スタミナ切れとなってしまいます。
これを防ぐためにも鉄を多く含む鶏レバーやカツオ、小松菜、アサリなどの摂取を心がけましょう。


スポーツ×食事で参考にしたい記事

今回の情報は日清オイリオのスポーツ栄養講座を参考にさせていただきました。
スポーツ×食事の観点から他にもこのような情報が掲載されています。

強い筋力を作る食事とは

風邪が流行っているときの体調管理法

試合前日・当日の食事法

身長を伸ばすための食生活

ケガの予防・回復を早めるための食事

是非みなさんも参考にしてみてください。

**************************************
<日清オイリオの紹介>
日清オイリオは、「ヘルシーリセッタ」など、健康オイルの活用や、中鎖脂肪酸の研究など、「食」のチカラで福原愛選手(卓球)や上村愛子さん、伊藤みき選手(フリースタイルスキー モーグル)、そして横浜F・マリノス(サッカー Jリーグ)の選手など、トップアスリートや、 スポーツに燃えるみなさんのカラダを、サポートしています。
**************************************

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング
    【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング
    梅雨入りし、雨で思ったようにトレーニングができ...詳細
  • 【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    今回は、下半身を強化する「ニーリングジャンプ」...詳細
  • 【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    クリーチャートレーニングとは、動物(クリーチャ...詳細
  • 【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    体幹トレーニングとして、腕立てふせの状態からの...詳細
陸上競技
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    動物の動きを模倣することで、体そのものの動きを...詳細
  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)...詳細
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    今回は壁を利用した大腿直筋を中心とした大腿前面...詳細
  • 【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    「肩が重いな」「腕の可動域がおかしいな」 そ...詳細
  • 【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    試合前などに自身のパフォーマンスをしっかりと発...詳細
  • 5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    股関節が固くもう諦めている… そんな人も多く...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 朝に体を動かすの5つのメリット【体も気持ちもスッキリ】
    朝に体を動かすの5つのメリット【体も気持ちもスッキリ】
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細
  • 【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    100mで期待の20歳が素晴らしい記録を残した。 昨日行われた日本学生個人選手権の100m。 先日のゴールデングランプリにおいて、リオ五輪100m銀メダリストのガトリン選手、リレーで銀メダルを獲得...詳細

Category/カテゴリー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved