• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

4スタンス A1の特徴

  • 投稿者:陸女おっかけ

あのアミノバイタルがプロテインに!?[PR]

4スタンス A1の特徴

こんばんは。先日の4スタンス理論の記事を読んでいただけたでしょうか。自分かどのタイプなのか確認できたでしょうか?

今回は「A1」タイプの人の特徴を簡単ではありますが、あげていきましょう。

まず、A1タイプの人は重心がつま先の内側に重心があります。足の裏を感じながら立ってみてください。つま先の内側に力を感じませんか?そこがあなたの重心の位置です。立っているときにはそこに体重がかかります。

続いて、A1タイプの人は動かしやすいポイントがあります。それは「みぞおち」・「ひじ」・「膝」・「人指し指」です。

ここからはランナーの方に重点を置いて解説していきましょう。

 まず走っているときの腕振りですが、上半身の上の方(胸のラインの辺り)で腕振りをしてみましょう。ひじが胸から離れている場合と、近い場合、腕振りのやりやすさが違うと思います。近いほうが、腕振りがしやすくないですか?
そして、腕振りのときには脇が軽く開いてしまいます。これはだめな癖ではなく、あなたの特徴です。力が入りやすい振り方をしたときに脇が少し開いてしまいますが、力が入ると感じられればなにも問題はありません。
次に、腕振りは身体の前から後ろへ(上から下)へ意識して振ってみましょう。このときにひじを中心に振ってみると振りやすいです。これは身体の構造上、A1タイプの人はこの振り方が振りやすいとされています。

 次に走っているときの姿勢です。指導者のなかでよく背中を教えてくれる人がいます。それでスピードに乗れという練習のときにされますが、A1タイプの人は背中を押されてもなかなかスピード感を感じられません。A1タイプの人は「みぞおち」を前へ引っ張られるイメージで前に進むことでスピード感を感じられます。「みぞおち」にポイントがあるので、みぞおちを前へ運ぶことを考えてみてください。それと同時にみぞおちは前へ、腕振りは前から後ろへと同時に行うとカチッと身体のなかではまるものがあると思います。

そして、走っているときは高い腰の位置を意識してください。腕振りのときも胸の位置を意識するように、A1タイプの人は高さを活かした走り方ができます。また、重心がつま先の内側になるので、接地のときもつま先から地面に着くようになります。これは母子球側のつま先に治していきたいのですが、地面に軽いタッチが可能なので、ピッチ走法が薦められています。体格によって走法は異なるのですが、ピッチをあげることが得意と考えていただけるとよいです。なぜなら、高い腰の位置から接地の短い走りが出来ることで回転数をあげられるからです。

また、スタートのときは(スタンディング・クラウチングともに)前足のつま先に重心を乗せると一歩目の重心移動がスムーズにできるでしょう。

以上、簡単ではありますがA1タイプの特徴、練習中に意識するべきことを述べました。
ぜひ実践にしてもらうと違いがわかると思います。なお、A1タイプ以外の人がこれらのことを行っても気持ち悪さがあると思います。やりづらさが出てしまうので、次回のタイプ解説をご期待ください。

ちなみに、A1タイプのアスリートをご紹介しましょう。

野球選手、イチロー・ダルビッシュ有など
サッカー選手、本田圭佑など
陸上選手、福士佳代子・ピトカマキなど

イチロー選手は自分の特性を十分に理解しているとされています。イチローがバッターボックスに入るときのルーティーンを見てみると、A1タイプの流れがしっかりと出来ていることがわかります。ぜひ、参考にしてみてください。

そして映像はやり投げのピトカマキ選手。先日の北京世界陸上では32歳にして銅メダルを獲得しました。自己ベストは91m53、世界歴代8位(日本記録は87m60)
彼もA1タイプですので、ぜひご覧ください。

この映像は「Henkkapet」さまの作品です

  • 投稿者:陸女おっかけ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【小学生】連動バランス

    【小学生】連動バランス

    【小学生】には行って頂きたい上半身と下半身の連動バランス...

    2015年04月07日

  • 股関節スピードトレーニング

    股関節スピードトレーニング

    チューブを使った股関節のスピードトレーニングです。 ...

    2015年07月22日

  • 仙腸関節を自由自在に動かして、骨盤を操ろう!

    仙腸関節を自由自在に動かして、骨盤を操ろう!

    よくスポーツの場面では、骨盤の連動とか、骨盤を動かそう!...

    2016年05月24日

  • 大きなパワーを生み出すための土台作り!【7種目の体幹トレーニング】

    大きなパワーを生み出すための土台作り!【7種目の体幹トレーニング】

    今回は自重で行う体幹トレーニングを7種目紹介したいと思い...

    2018年05月26日

  • バランスボール飛び乗り

    バランスボール飛び乗り

    バランスボールを使ったトレーニングです。 【行い方...

    2015年07月27日

  • 筋温と心拍数をあげる動的ストレッチ【ストレッチマット上でOK】

    筋温と心拍数をあげる動的ストレッチ【ストレッチマット上でOK】

    今回は、ストレッチマット上で出来る簡単な動的なストレッチ...

    2018年01月30日

  • 【理想の身体へ!】 初級~上級までの3段階の腹筋サーキット

    【理想の身体へ!】 初級~上級までの3段階の腹筋サーキット

    いつも同じ体幹トレーニングを行ってしまっていませんか? ...

    2016年09月16日

  • 国際武道大直伝!ウルトラマン腹筋

    国際武道大直伝!ウルトラマン腹筋

  • クリーン動作での骨の動き

    クリーン動作での骨の動き

  • 筋トレスピード 速いor遅い どっち⁉

    筋トレスピード 速いor遅い どっち⁉

  • 筋力トレーニングがスピードを高めるのに有効な訳とは?

    筋力トレーニングがスピードを高めるのに有効な訳とは?

  • 6畳フィットネス・全身トレ

    6畳フィットネス・全身トレ

  • 【ダイエット】ヒップアップ②

    【ダイエット】ヒップアップ②

  • 体幹に自信のある方は挑戦を!ウィンドシールドワイパー

    体幹に自信のある方は挑戦を!ウィンドシールドワイパー

  • 胸を鍛える!!!!足上げベンチプレス

    胸を鍛える!!!!足上げベンチプレス

  • 寒くても雪でもトレーニングは出来る!室内で出来る【アジリティートレーニング】

    寒くても雪でもトレーニングは出来る!室内で出来る【アジリティートレーニング】

  • 【筋力を高めるために】筋線維稼働率を上げるための方法

    【筋力を高めるために】筋線維稼働率を上げるための方法

  • 全身の瞬発力を鍛え上げる!【プライオメトリクストレーニング30種目】

    全身の瞬発力を鍛え上げる!【プライオメトリクストレーニング30種目】

  • 超上級者向けトレーニング【ドラゴンフラッグウォーク】

    超上級者向けトレーニング【ドラゴンフラッグウォーク】

  • 4スタンス A1の特徴

    4スタンス A1の特徴

  • たった4分でバキバキに!体幹強化サーキット

    たった4分でバキバキに!体幹強化サーキット

  • 【アスリートにお勧め!】体幹&キレを作るトレーニング

    【アスリートにお勧め!】体幹&キレを作るトレーニング

  • アメリカの水泳サイト”Faster Swimming”オススメのコアトレーニング

    アメリカの水泳サイト”Faster Swimming”オススメのコアトレーニング

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    今回は、地味だけど効果絶大のチューブウォークを...詳細
  • 【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    臀部を強化する代表的な種目にはデッドリフトやヒ...詳細
  • 30秒間でどれだけ追い込むことができる!?「間欠的持久力」の向上におすすめである「サーキットトレーニング5種目」
    30秒間でどれだけ追い込むことができる!?「間欠的持久力」の向上におすすめである「サーキットトレーニング5種目」
    今回はその場でも行うことができるサーキットトレ...詳細
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
陸上競技
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
  • 【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    忙しくて時間がない、雨が降っていて地面が濡れて...詳細
  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    今回は、全身を使って行う片脚ジャンプを紹介しま...詳細
  • 【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    今回は、足が速くなるための「弾む感覚」を養うた...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    強度の高い練習をした後や、硬い地面を走った後な...詳細
  • 【今必要な知識】車中泊時のエコノミークラス症候群を防ぐ
    【今必要な知識】車中泊時のエコノミークラス症候群を防ぐ
    大阪の皆様へ 今回の地震におきまして被災され...詳細
  • 【コンディション調整】試合前1週間で意識したいこと【練習・栄養・私生活】
    【コンディション調整】試合前1週間で意識したいこと【練習・栄養・私生活】
    試合直前の数日は期待や緊張で、なんともいえない...詳細
  • 【腕振り改善にも!】首から肩にかけてを緩める簡単ストレッチ【肩こり解消】
    【腕振り改善にも!】首から肩にかけてを緩める簡単ストレッチ【肩こり解消】
    なんとなく肩がだるい、腕が上がらない、首がコる...詳細
サッカー
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
栄養・食事
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
  • 【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    今回はローストビーフの栄養と作り方について紹介...詳細
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    選手の皆さん、試合でハイパフォーマンスを発揮するために、試合前は何を意識して過ごしていますか? 試合前1~2週間は特に体に気を使い、コンディションを抜群にして試合に臨んでいることと思います。 ...詳細
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved