• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

世界歴代2位!ジーターのスタートダッシュ!

  • 投稿者:陸女おっかけ

あのアミノバイタルがプロテインに!?[PR]

世界歴代2位!ジーターのスタートダッシュ!

陸上女子100mの世界歴代2位(10秒64)の記録を持つカーメリタ・ジーターのスタートダッシュをご覧ください。

この映像は2012年に撮影されたもので、2012年といえばロンドン五輪のあった年ですよね。
ジーターのロンドン五輪の成績は100mで銀メダル・200mで銅メダル・4×100mRで金メダルを獲得しています。また、200mの自己記録である22秒11はこの2012年に記録したものであり、選手として円熟したシーズンになった年ともいえます。

さて、映像の解説をしていきましょう。
まずはオンユアマークの姿勢からです。ジーター選手は肩の真下に手が来るように、腕をまっすぐにしており、なおかつ前方に少しだけ重心を置いています。しっかりと前へ行く意識をこの状態から作っていますね。
セットの姿勢になると、おしりをまっすぐ上げ、腕と肩でしっかりと身体を支えています。足のほうにも注目ですが、つま先はブロックの先に合わせており、かかともしっかりとブロックに着けています。隣の男子選手にも引けをとらないおしりの位置で高さを保てる女子選手はなかなかいないでしょう。高ければよいというものではありませんが、この位置からスタート出来ることで腰の位置が高い状態で(前傾を保ちつつ低い姿勢だが、腰の位置は高め)スタートをすることができます。腰の位置が高いメリットとしては、足の幅を大きく動かすことができるので、スタートから大きなストライドを生みだすことが可能です。これもただストライドを大きくすればよいものではありませんが、ジーターは大きなストライドを素早いピッチが魅力的です。

映像の1分1秒から2秒、3秒と止めながら見ていただきたいのですが、1歩、2歩と大きなストライドで走れています。これは膝の可動が大きく、頭、背中、腰と一直線の姿勢で走れているので腰が抜けることなく、無駄のないフォームでスタートが切れています。

男子選手でもここまで上手くスタートができる選手はいませんし、外国選手ならではのスタートかなとも思います。しかし、このスタートの姿勢はとても効率的かつ、パワーを生み出せるスタートなので、ぜひ取得してほしい技術です。


この映像は「Ken Stone」様の作品です

  • 投稿者:陸女おっかけ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • パウエル スタート1歩目スロー映像

    パウエル スタート1歩目スロー映像

    元世界記録保持者パウエル選手のスタートの映像をスローモー...

    2015年09月24日

  • ブレイクの坂ダッシュ

    ブレイクの坂ダッシュ

    陸上短距離、ジャマイカ代表ヨハン・ブレイク選手の坂ダッシ...

    2015年06月22日

  • メディシンでスタート練習

    メディシンでスタート練習

    メディシンボールを使って下半身の力を上半身に伝え、身体全...

    2015年05月20日

  • エレーナ・イシンバエワのトレーニング

    エレーナ・イシンバエワのトレーニング

    2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピック...

    2016年02月08日

  • 20年以上破られない世界記録①

    20年以上破られない世界記録①

    陸上競技には20年以上破られていない世界記録がいくつも存...

    2015年06月03日

  • 【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    今回はプライオメトリクストレーニングの中でも高強度の「片...

    2017年09月02日

  • トップアスリートの高跳びドリル

    トップアスリートの高跳びドリル

    youtube[fkawayuki]様のチャンネルから、...

    2015年10月30日

  • ロシア選手のプライオメトリック

    ロシア選手のプライオメトリック

  • 走高跳選手のスクワットジャンプ

    走高跳選手のスクワットジャンプ

  • ケニア人選手の練習風景

    ケニア人選手の練習風景

  • 【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

    【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

  • 中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

    中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

  • クロスカントリー走の効果

    クロスカントリー走の効果

  • 池田久美子vs花岡麻帆!走幅跳の歴史的名勝負3連発!

    池田久美子vs花岡麻帆!走幅跳の歴史的名勝負3連発!

  • スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

    スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

  • アリソンのトレーニング②

    アリソンのトレーニング②

  • ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

    ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

  • 初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

    初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

  • 【冬季トレーニングにおすすめ】体幹・肩甲骨周りの機能性を高める【サイドハンドウォーク】

    【冬季トレーニングにおすすめ】体幹・肩甲骨周りの機能性を高める【サイドハンドウォーク】

  • ハードル 股関節補強

    ハードル 股関節補強

  • ボルト S〜4歩の動き

    ボルト S〜4歩の動き

  • 年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

    年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

  • ランニング初心者の方へ

    ランニング初心者の方へ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    今回、骨盤を操作するトレーングを紹介します。ス...詳細
  • 【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    今回は、腸腰筋を鍛えるトレーニングを紹介します...詳細
  • 【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    今回は、地味だけど効果絶大のチューブウォークを...詳細
  • 【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    臀部を強化する代表的な種目にはデッドリフトやヒ...詳細
陸上競技
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
  • 【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    忙しくて時間がない、雨が降っていて地面が濡れて...詳細
  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    今回は、全身を使って行う片脚ジャンプを紹介しま...詳細
  • 【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    今回は、足が速くなるための「弾む感覚」を養うた...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    今回は肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを紹介...詳細
  • 【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    みなさんはお風呂屋さんなどで、足つぼマッサージ...詳細
  • 皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。今年...詳細
  • 1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    強度の高い練習をした後や、硬い地面を走った後な...詳細
サッカー
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
栄養・食事
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
  • 【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    今回はローストビーフの栄養と作り方について紹介...詳細
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    選手の皆さん、試合でハイパフォーマンスを発揮するために、試合前は何を意識して過ごしていますか? 試合前1~2週間は特に体に気を使い、コンディションを抜群にして試合に臨んでいることと思います。 ...詳細
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved