• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

  • 投稿者:あば高校コーチ

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

前回は競歩の基礎として、基盤となる姿勢についての内容でした。
今回は、腕振りについてお話していきたいと思います!前回の姿勢を踏まえて今回も頑張って挑戦していきましょう!


まず、前回の姿勢

“背筋を伸ばして腰の位置を高く保ち、丁度へその位置を糸か何かで引っ張られているようなイメージでお腹を前に出すこと”

肩幅に立ち、思い出してやってみましょう。

できましたか?
次に、顔はまっすぐ正面を見て、リラックスして肩の力が抜けている状態を作りましょう。
腕もだら~んと垂らした状態です。

そして手を軽く握りましょう。
がっちり拳を作るように握るのではなく、指の関節をふわ~っと軽く曲げるような感じです。

私の場合は、小指・薬指を握って残りの指は関節を軽く曲げる程度です!
DJやラッパーが「YO!」とやる際の手の状態というとイメージが付きますでしょうか??

それができたら、肩はリラックスさせたまま、両方の腕を90°に曲げてその場で腕を前後に大きくまっすぐ振りましょう。
手が腰の辺りを軽くこするようにします。
また、「肩」が支点で、「肘」は重りといったような、自分の腕が振り子であるようなイメージです。

肘は、前ではなく後ろに強く引くことを意識して行いましょう。

このときも肩はリラックスした状態です!
腕に意識が集中しているため、いつの間にか力が入っているかもしれません。意識して気を付けましょう。

これらのことを意識して腕振りをしていると、回転イスで感じるような身体のねじれを感じてきませんか?

腕を大きく、そして後ろに強く引くようにすることによって、引いた方の腰が前に出ます。これが右・左と交互に起こるため身体のねじれるのです。

ねじれを感じるようになったら、みぞおちからねじれを起こすようなイメージで行いましょう!

このねじれは腕振りと、この先お話していく予定である競歩の下半身の動きとを連動させるためにかなり重要になってきます。

『腕を振って体がねじれる』
ここまでの動きができるようになることを目指しましょう。

『え?うそ?!ねじれる感覚起こらないんだけど!どうしよう?!』という人も焦らなくて大丈夫です。

腕振りのときに、知らず知らずのうちに肩以外がガチガチになっていませんか?下半身の力を抜いてみましょう。

それでもねじれる感覚が起こらないという人!
まず腕振りを交互ではなく、同時に前から後ろへ振りましょう。
振り子のように肘を後ろに強く引きます。それをしばらく行って馴れてきたら、その感覚と動きを忘れずにもう一度交互に振ります。

どうですか?
それでもまだまだ感覚が起こらないという人!諦めないでください!方法はまだあります!
回転イスに乗る、あるいは回転イスに乗ることを想像(立ったままでも大丈夫です!)して身体を意識的にねじりましょう。
そのときの腕は真横、つまり地面と平行に振って大丈夫ですよ!
しばらくやって馴れてきたらねじれる動きと感覚はキープしたまま、だんだんと腕をまっすぐの腕振りの状態に戻しましょう。


いかがでしたか?今回は競歩の腕振りについての内容でした。

とうとう競歩が本性を現してきましたね…!
腕振りだけでこんなにも意識しなければならないことが沢山あります。
『難しい』だとか『地道』といわれる理由はここにあるのではないでしょうか。

ウォーキングとしてやっていきたい人も、これを取り入れたら競歩っぽく見えて見栄えがいいですし、身体も引き締まるでしょう!

大変だとは思いますが、できるようになるまで諦めずに何度も何度も繰り返し挑戦してください。
しっかり向き合ってやることで追々お話しする足の動き、最終的には失格せず速く歩けることに繋がってきます!

鏡でチェックしながら、あるいはお友達等にお願いして手伝ってもらうのも客観的な目があってよいでしょう。小さく弱々しくやるのではなく、大きく力強くやりましょう!

これからも競歩の基礎についてお話していく予定です!

すべては失格せず綺麗に速く歩くため!
ひとつひとつの動きを丁寧に、根気よく頑張っていきましょうね!!

  • 投稿者:あば高校コーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 慣れたらもうトレーニングじゃない!室伏広治のトレーニング理論

    慣れたらもうトレーニングじゃない!室伏広治のトレーニング理論

    みなさんは反復練習という言葉を聞いたことありますか? ...

    2016年02月29日

  • 重心の移動を前への力に変えてみよう!メディシン投げ

    重心の移動を前への力に変えてみよう!メディシン投げ

    メディシンボールを使って下半身の力を上半身に伝え、身体全...

    2017年02月17日

  • 長距離流体幹トレーニング

    長距離流体幹トレーニング

    駅伝やトラックレースの名門、コニカミノルタの練習方法です...

    2015年07月13日

  • ハイニースキップでタイミングを合わせよう!

    ハイニースキップでタイミングを合わせよう!

    ミニハードルを使った「ハイニースキップ」という種目を紹介...

    2016年01月19日

  • ステファンホルムのジャンプ力

    ステファンホルムのジャンプ力

    スウェーデンのステファンホルム選手の高いハードルを用いた...

    2015年03月12日

  • フレキ一歩ドリル

    フレキ一歩ドリル

    フレキハードルを使ったドリルです。今回はハードルの間隔を...

    2015年07月26日

  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、

    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)を知ってい...

    2017年05月01日

  • 【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

    【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

  • 山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

    山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

  • メディシンボールを持ってのハードルドリル

    メディシンボールを持ってのハードルドリル

  • スポーツ強豪校「埼玉栄」のハードルトレーニング!

    スポーツ強豪校「埼玉栄」のハードルトレーニング!

  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

  • その場ボックスジャンプで重心移動もマスターしよう!

    その場ボックスジャンプで重心移動もマスターしよう!

  • アリソンのサーキット

    アリソンのサーキット

  • 片足ホッピング

    片足ホッピング

  • 一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

    一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

  • トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

    トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

  • 人類最速の動き作り!ボルトのミニハードルドリル

    人類最速の動き作り!ボルトのミニハードルドリル

  • 【腕振り】なんのためにうごかすのか?

    【腕振り】なんのためにうごかすのか?

  • 【速いスタート習得のために】スタートで前傾(体を前に倒す)はなぜ大事なのか?

    【速いスタート習得のために】スタートで前傾(体を前に倒す)はなぜ大事なのか?

  • フライングしないフォームの習得

    フライングしないフォームの習得

  • アリソン・フェリックスに迫る

    アリソン・フェリックスに迫る

  • 銅メダリスト!ベテラン、塚原直貴のウォーミングアップ

    銅メダリスト!ベテラン、塚原直貴のウォーミングアップ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 冬に溜まった脂肪を燃焼!【腹筋サーキットトレーニング】
    冬に溜まった脂肪を燃焼!【腹筋サーキットトレーニング】
    腹筋サーキットトレーニングのご紹介! サーキ...詳細
  • 体の中央部から使えるようにする【簡単!コアエクササイズ】
    体の中央部から使えるようにする【簡単!コアエクササイズ】
    今回は脇腹とインナーマッスルを簡単に鍛えるエク...詳細
  • 【強靭な体幹を作ろう】体幹部を強化するスーパーマンプランク!
    【強靭な体幹を作ろう】体幹部を強化するスーパーマンプランク!
    今回はコアトレーニングの中でも強度が高い「スー...詳細
  • 【シーズンに向けて!】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング
    【シーズンに向けて!】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング
    今回はシーズンに向けて速い動きを取り入れたトレ...詳細
陸上競技
  • 【シーズンに向けて!】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング
    【シーズンに向けて!】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング
    今回はシーズンに向けて速い動きを取り入れたトレ...詳細
  • 【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】
    【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】
    今回は、大臀筋を上手に使えるようにするステップ...詳細
  • トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】
    トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】
    男子十種競技の世界記録保持者アシュトン・イート...詳細
  • ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】
    ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】
    日に日に寒くなっていく今の季節。 ウォーミン...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【首の痛みやコリがあるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 胸鎖乳突筋】
    【首の痛みやコリがあるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 胸鎖乳突筋】
    関節に付着する靭帯や椎間板に着目するのではなく...詳細
  • 寒い時期に気をつけたい!【低体温症について】
    寒い時期に気をつけたい!【低体温症について】
    最近ではマラソン大会などが多いシーズンになりま...詳細
  • なかなか治らない怪我への対処法【慢性的な症状にアプローチ】
    なかなか治らない怪我への対処法【慢性的な症状にアプローチ】
    スポーツやトレーニングをしている人ならば 一...詳細
  • 座ったままでOK!硬くなってしまったお尻のストレッチ【怪我予防にもオススメ】
    座ったままでOK!硬くなってしまったお尻のストレッチ【怪我予防にもオススメ】
    今回は椅子に座ったまま出来る、お尻を伸ばすスト...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 実はすごい!?「畑の肉」納豆の栄養素について!
    実はすごい!?「畑の肉」納豆の栄養素について!
    いつも食べている納豆。 これには体に嬉しい多...詳細
  • タイミング別!試合に向けた食事内容のおすすめ【試合前日の食事】
    タイミング別!試合に向けた食事内容のおすすめ【試合前日の食事】
    マラソンシーズンも終盤に入ってきました。 シ...詳細
  • 練習後におすすめしたい!コンビニですぐ買える【疲労回復捕食セット】
    練習後におすすめしたい!コンビニですぐ買える【疲労回復捕食セット】
    練習後やトレーニング後に捕食を入れる方は多いと...詳細
  • 補食のオススメポイントを紹介!【冬季はエネルギー不足に注意!】
    補食のオススメポイントを紹介!【冬季はエネルギー不足に注意!】
    冬季練習も中盤〜終盤に差し掛かり、エネルギー不...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 正しい手洗いを知っていますか?【風邪の予防方法】
    正しい手洗いを知っていますか?【風邪の予防方法】
    厳しい寒さが続きますが風邪を引いたりしてはいませんか? 春に向けてベストパフォーマンスを発揮する為にも、体調管理には特に気をつけなければいけませんよね。 その為にも、今回は風邪の予防と対処方法...詳細
  • 【速報】全日本大学駅伝で神奈川大学が20年ぶり3度目の優勝
    【速報】全日本大学駅伝で神奈川大学が20年ぶり3度目の優勝
    本日愛知県〜三重県で行われた全日本学生駅伝神奈川大学が5時間12分49秒の記録で20年ぶり3度目の優勝を飾った。 コースは名古屋市熱田神宮西門前からスタートし、三重県伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前がゴー...詳細
  • ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】
    ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】
    ”(ドイツ・ユースサッカー、U13、U15&U17) "二年間に渡るウェイトトレーニングがエリートレベルのユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響。" ドイツで行われた、ウエイトトレー...詳細
  • 設楽悠太選手、ハーフマラソン日本新!【1時間00分17秒】
    設楽悠太選手、ハーフマラソン日本新!【1時間00分17秒】
    16日(土)チェコ・ウスティ ハーフマラソンにて設楽悠太選手(Honda)が1時間00分17秒の日本新記録で8位に入賞した。 この記録は従来の日本記録を8秒更新するタイムとなる。 8月の円...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved