• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

  • 投稿者:あば高校コーチ

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~
あのアミノバイタルがプロテインに!?[PR]

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」2 ~腕ふりとねじれの技術~

前回は競歩の基礎として、基盤となる姿勢についての内容でした。
今回は、腕振りについてお話していきたいと思います!前回の姿勢を踏まえて今回も頑張って挑戦していきましょう!


まず、前回の姿勢

“背筋を伸ばして腰の位置を高く保ち、丁度へその位置を糸か何かで引っ張られているようなイメージでお腹を前に出すこと”

肩幅に立ち、思い出してやってみましょう。

できましたか?
次に、顔はまっすぐ正面を見て、リラックスして肩の力が抜けている状態を作りましょう。
腕もだら~んと垂らした状態です。

そして手を軽く握りましょう。
がっちり拳を作るように握るのではなく、指の関節をふわ~っと軽く曲げるような感じです。

私の場合は、小指・薬指を握って残りの指は関節を軽く曲げる程度です!
DJやラッパーが「YO!」とやる際の手の状態というとイメージが付きますでしょうか??

それができたら、肩はリラックスさせたまま、両方の腕を90°に曲げてその場で腕を前後に大きくまっすぐ振りましょう。
手が腰の辺りを軽くこするようにします。
また、「肩」が支点で、「肘」は重りといったような、自分の腕が振り子であるようなイメージです。

肘は、前ではなく後ろに強く引くことを意識して行いましょう。

このときも肩はリラックスした状態です!
腕に意識が集中しているため、いつの間にか力が入っているかもしれません。意識して気を付けましょう。

これらのことを意識して腕振りをしていると、回転イスで感じるような身体のねじれを感じてきませんか?

腕を大きく、そして後ろに強く引くようにすることによって、引いた方の腰が前に出ます。これが右・左と交互に起こるため身体のねじれるのです。

ねじれを感じるようになったら、みぞおちからねじれを起こすようなイメージで行いましょう!

このねじれは腕振りと、この先お話していく予定である競歩の下半身の動きとを連動させるためにかなり重要になってきます。

『腕を振って体がねじれる』
ここまでの動きができるようになることを目指しましょう。

『え?うそ?!ねじれる感覚起こらないんだけど!どうしよう?!』という人も焦らなくて大丈夫です。

腕振りのときに、知らず知らずのうちに肩以外がガチガチになっていませんか?下半身の力を抜いてみましょう。

それでもねじれる感覚が起こらないという人!
まず腕振りを交互ではなく、同時に前から後ろへ振りましょう。
振り子のように肘を後ろに強く引きます。それをしばらく行って馴れてきたら、その感覚と動きを忘れずにもう一度交互に振ります。

どうですか?
それでもまだまだ感覚が起こらないという人!諦めないでください!方法はまだあります!
回転イスに乗る、あるいは回転イスに乗ることを想像(立ったままでも大丈夫です!)して身体を意識的にねじりましょう。
そのときの腕は真横、つまり地面と平行に振って大丈夫ですよ!
しばらくやって馴れてきたらねじれる動きと感覚はキープしたまま、だんだんと腕をまっすぐの腕振りの状態に戻しましょう。


いかがでしたか?今回は競歩の腕振りについての内容でした。

とうとう競歩が本性を現してきましたね…!
腕振りだけでこんなにも意識しなければならないことが沢山あります。
『難しい』だとか『地道』といわれる理由はここにあるのではないでしょうか。

ウォーキングとしてやっていきたい人も、これを取り入れたら競歩っぽく見えて見栄えがいいですし、身体も引き締まるでしょう!

大変だとは思いますが、できるようになるまで諦めずに何度も何度も繰り返し挑戦してください。
しっかり向き合ってやることで追々お話しする足の動き、最終的には失格せず速く歩けることに繋がってきます!

鏡でチェックしながら、あるいはお友達等にお願いして手伝ってもらうのも客観的な目があってよいでしょう。小さく弱々しくやるのではなく、大きく力強くやりましょう!

これからも競歩の基礎についてお話していく予定です!

すべては失格せず綺麗に速く歩くため!
ひとつひとつの動きを丁寧に、根気よく頑張っていきましょうね!!

  • 投稿者:あば高校コーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 元世界記録保持者のハードルドリルから学べ!パウエル選手のハードルドリル

    元世界記録保持者のハードルドリルから学べ!パウエル選手のハードルドリル

    元世界記録保持者のアサファ・パウエル選手が行うハードルド...

    2015年11月24日

  • ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

    ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

    今回は、ランニングドリルの中でも基本中の基本。「トロッテ...

    2015年09月08日

  • 【腕振り】なんのためにうごかすのか?

    【腕振り】なんのためにうごかすのか?

    【腕ふり】なんのために動かすのか 走る際に、それぞ...

    2016年05月09日

  • 世界歴代2位!ヨハン・ブレイクのトレーニング

    世界歴代2位!ヨハン・ブレイクのトレーニング

    陸上男子100m・200mにおいて世界歴代2位(9秒69...

    2016年03月07日

  • 【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

    【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

    日本人初の100m9秒台を誰が出すのか楽しみな今シーズン...

    2017年03月27日

  • 【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

    【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

    オリンピック直前の、山梨県で行われた国内最終合宿。 ...

    2016年08月06日

  • リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    カーメリタ・ジーターはアメリカの陸上短距離代表で100m...

    2016年04月13日

  • 冬季トレーニング〜ハードルディップ〜

    冬季トレーニング〜ハードルディップ〜

  • 股関節の速い切り替え動作をギャロップ走で身につけよう!

    股関節の速い切り替え動作をギャロップ走で身につけよう!

  • トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

    トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】

  • トップ選手から学ぶ【ヨハン・ブレイク選手の坂ダッシュ】

    トップ選手から学ぶ【ヨハン・ブレイク選手の坂ダッシュ】

  • 大きなストライドを獲得しよう!スティック走

    大きなストライドを獲得しよう!スティック走

  • ハードルをくぐって股関節を使おう!ハードルくぐり

    ハードルをくぐって股関節を使おう!ハードルくぐり

  • 200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

  • ガトリンも使用!ソフトボールで身体をほぐしてみよう!

    ガトリンも使用!ソフトボールで身体をほぐしてみよう!

  • 朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

    朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

  • スロートレーニングで低回数で高効果のトレーニング!中殿筋を鍛える!

    スロートレーニングで低回数で高効果のトレーニング!中殿筋を鍛える!

  • M・ファラーのトレーニング②

    M・ファラーのトレーニング②

  • アリソンのトレーニング②

    アリソンのトレーニング②

  • 【リオでさらなる伝説を】 ウサイン・ボルトのトレーニング

    【リオでさらなる伝説を】 ウサイン・ボルトのトレーニング

  • ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

    ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

    ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

  • スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

    スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    今回、骨盤を操作するトレーングを紹介します。ス...詳細
  • 【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    今回は、腸腰筋を鍛えるトレーニングを紹介します...詳細
  • 【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    今回は、地味だけど効果絶大のチューブウォークを...詳細
  • 【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    臀部を強化する代表的な種目にはデッドリフトやヒ...詳細
陸上競技
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
  • 【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    忙しくて時間がない、雨が降っていて地面が濡れて...詳細
  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    今回は、全身を使って行う片脚ジャンプを紹介しま...詳細
  • 【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    今回は、足が速くなるための「弾む感覚」を養うた...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    今回は肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを紹介...詳細
  • 【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    みなさんはお風呂屋さんなどで、足つぼマッサージ...詳細
  • 皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。今年...詳細
  • 1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    強度の高い練習をした後や、硬い地面を走った後な...詳細
サッカー
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
栄養・食事
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
  • 【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    今回はローストビーフの栄養と作り方について紹介...詳細
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    選手の皆さん、試合でハイパフォーマンスを発揮するために、試合前は何を意識して過ごしていますか? 試合前1~2週間は特に体に気を使い、コンディションを抜群にして試合に臨んでいることと思います。 ...詳細
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved