• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

世界室内選手権から見るスタートの極意

  • 投稿者:陸女おっかけ

あのアミノバイタルがプロテインに!?[PR]

世界室内選手権から見るスタートの極意

先日行われた世界室内陸上競技選手権大会。桐生祥秀選手が準決勝で見せた自己記録の6秒56は日本歴代2位の記録、朝原宜治選手が持つ6秒55に迫るタイムながらも、全体の9位で決勝進出を逃しました。


決勝の進出ラインは6秒55で、0.01秒に泣きましたが海外の選手と対等に渡り合った桐生選手の今シーズンが楽しみになりましたね。

さて、映像は男子60mの決勝です。
準決勝でジャマイカのアサファ・パウエル選手は6秒44の今季世界最高を見せましたが、決勝ではアメリカのタイロン・ブロメル選手が6秒47の自己記録で優勝しました。

なぜこの選手たちはこんなに速いのでしょうか。なにか秘密があるのか。それとも足の軌道に無駄がないのか、筋肉がすごいのか。考えられる要因を探っていきます。

①足の軌道
スタートにおいて、足の軌道はとても大切な時間短縮の方法です。すべての選手が身体の前で足を回転させています。かかとがおしりの近くまで流れている選手は一人もおらず、接地をした瞬間に膝から前へ出ていることがわかります。また、足の動きが直線的な軌道を描いていることがわかるでしょうか。ブロメルやパウエルは膝とスネ、足首が一直線になっており、その場踏みをしながら身体の移動をしているだけのようにも見えます。これがスタートで素早く身体を動かすコツのひとつです。

②回転の速さ
1歩目からだんだんと回転を速くしていることがよくわかると思われますが、彼らの回転の速さは異常です。ストライドが広いながらも回転数をあげることで60mの中でトップスピードをいち早く出すことが出来ます。

③上体をあげるタイミング
100mでも同じですが、頭をあげる距離が約30mほどです。30mでいかにトップスピードまで加速していけるかを考えて練習をしていることでしょう。手前でトップスピードに乗せ、それを維持することで人間は速く走ることが出来ます。スタートから素早く頭をあげてしまうと、加速しきっていないのに前半でするべき加速を終えてしまうので、結果的にもったいないということになります。
なので、30m前後で上手く加速しきって中間疾走へつなげることが大切になるでしょう。


以上、私が考える世界室内から見るスタートの極意です。
なにか参考になればよいかなと思います。

この映像は「Fast Misha」様の作品です

  • 投稿者:陸女おっかけ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • まだまだ見せます!パウエルのウエイトトレーニング!

    まだまだ見せます!パウエルのウエイトトレーニング!

    アサファ・パウエルは100m9秒72・200mは19秒9...

    2016年03月10日

  • どこまで伸ばせる!?距離が長いボックスジャンプに挑戦

    どこまで伸ばせる!?距離が長いボックスジャンプに挑戦

    以前、ハードルジャンプ編を書きましたが、今回は「ボ...

    2016年01月04日

  • 瞬発力を鍛えよう!スクワット~ボックスジャンプ

    瞬発力を鍛えよう!スクワット~ボックスジャンプ

    股関節や中臀筋、大臀筋を鍛える主なトレーニングとしてスク...

    2016年06月14日

  • リオでマラソン銅、1万m5位のゲーレン・ラップ選手(アメリカ)のウォーミングアップ!

    リオでマラソン銅、1万m5位のゲーレン・ラップ選手(アメリカ)のウォーミングアップ!

    ナイキ・オレゴンプロジェクトに参加している、ゲーレン・ラ...

    2016年08月23日

  • 下り坂での重心移動をマスター②

    下り坂での重心移動をマスター②

    前回の記事で3ポイントスタートを紹介しましたが、今日はそ...

    2015年06月01日

  • 普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

    普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

    陸上競技のひとつである競歩。最近少しずつ知られてきてはい...

    2016年03月04日

  • スプリントドリル〜シザース〜

    スプリントドリル〜シザース〜

    今回は「シザース」という動きについて僕なりに説明していき...

    2015年05月04日

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • ジャンプの反動を利用しよう!ボックスからメディシンフロント投げ

    ジャンプの反動を利用しよう!ボックスからメディシンフロント投げ

  • 【これは習得したい】松山高校の練習!骨盤を使おう!

    【これは習得したい】松山高校の練習!骨盤を使おう!

  • 山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

    山縣亮太に密着!リオ五輪を前に山縣選手を知る!

  • 砂浜ダッシュの効果

    砂浜ダッシュの効果

  • ステファンホルム・Hジャンプ

    ステファンホルム・Hジャンプ

  • 腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

    腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

  • 色々な動きでダッシュをしてみよう!変形ダッシュ8種目

    色々な動きでダッシュをしてみよう!変形ダッシュ8種目

  • ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

    ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

  • 貴重映像!メダリスト、高平慎士選手のスタートダッシュ

    貴重映像!メダリスト、高平慎士選手のスタートダッシュ

  • 【体幹・肩甲骨周りの機能的強化に】冬季におすすめのサイドハンドウォーク

    【体幹・肩甲骨周りの機能的強化に】冬季におすすめのサイドハンドウォーク

  • 階段ダッシュの効果とは?

    階段ダッシュの効果とは?

  • スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

    スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

  • バランスボールで体幹トレ

    バランスボールで体幹トレ

  • スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

    スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

  • 【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

    【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    今回、骨盤を操作するトレーングを紹介します。ス...詳細
  • 【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    今回は、腸腰筋を鍛えるトレーニングを紹介します...詳細
  • 【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    【練習・トレーニングの質を高める】チューブウォーク
    今回は、地味だけど効果絶大のチューブウォークを...詳細
  • 【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    【臀部を中心とした下半身強化】リハビリやウォームアップにもおすすめ!「ヒールスクイーズ」
    臀部を強化する代表的な種目にはデッドリフトやヒ...詳細
陸上競技
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
  • 【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    忙しくて時間がない、雨が降っていて地面が濡れて...詳細
  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    今回は、全身を使って行う片脚ジャンプを紹介しま...詳細
  • 【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    【足が速くなるジャンプトレーニング】アキレス腱反射
    今回は、足が速くなるための「弾む感覚」を養うた...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    今回は肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを紹介...詳細
  • 【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    みなさんはお風呂屋さんなどで、足つぼマッサージ...詳細
  • 皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。今年...詳細
  • 1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    強度の高い練習をした後や、硬い地面を走った後な...詳細
サッカー
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
栄養・食事
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
  • 【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    今回はローストビーフの栄養と作り方について紹介...詳細
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    選手の皆さん、試合でハイパフォーマンスを発揮するために、試合前は何を意識して過ごしていますか? 試合前1~2週間は特に体に気を使い、コンディションを抜群にして試合に臨んでいることと思います。 ...詳細
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved