• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について

  • 投稿者:河内義紀スポーツトレーナー

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について

シーズンに差をつけろ!! 高所トレーニングの効果について

多くの選手が大会や記録向上に向けて練習に励んでいると思います。
この時期、合宿などで高所にいってトレーニングをする部活や選手を見かけますが、なぜ高所なのでしょうか?
そもそも高所トレーニングって何?
目的と効果について説明していきます。

【高所トレーニングとは】
平地に比べて、酸素の少ない高所でトレーニングを行うことで、酸素運搬能力を高めて、全身持久力強化を目的とするトレーニング方法です。
このトレーニングは、オリンピック選手を始め、多くのスポーツ選手が行っています。

【目的】
低酸素状態・低圧状態を作る事です。

【効果】
①赤血球やヘモグロビンが増加する・・血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素を筋肉へ運搬する役割を担っていますが、高所にいることによって、赤血球とヘモグロビンが増加して、筋肉へより多くの酸素を運搬できるようになります。

②筋の酸化能力が向上する・・筋まで運搬されてきた酸素を筋の中へ取り入れて運動に必要なエネルギーを生成しやすくなります。

③最大酸素摂取量が増加する・・①~②などの効果を含め、体内に多くの酸素を摂取できるようになります。
1分間に体内に摂取できる最高の酸素量を最大酸素摂取量といいます。この値が大きいほどマラソン選手や水泳選手必要な持久力が優れていると考えられます。

④筋肉の収縮力低下がおきにくくなる・・長い時間運動すると、筋肉の収縮力の低下によりパフォーマンスが下がります。
高所トレーニングによって、同じスピードで長時間走っても筋肉の収縮力低下が起こりにくくなります。

以上の効果は、高所トレーニングを適正に行うことによって得ることができます。
高所の目安は、標高1800mから3000m程度が一般的です。

これまでは“平地に滞在し高所でトレーニングをする方法”が行われてきましたが、
最近では“高所に滞在し平地でトレーニングする方法”に注目が集まってきています。

これについては次回以降で詳しく解説したいと思います。

  • 投稿者:河内義紀スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【自重トレーニング】目的に応じて使い分けてみよう!【懸垂21種目!】

    【自重トレーニング】目的に応じて使い分けてみよう!【懸垂21種目!】

    今回は自重トレーニングの中でも上半身をメインで使う【懸垂...

    2016年11月28日

  • 【超ハイレベル】鉄棒を使った自重トレーニング7種目!【強靭な肉体】

    【超ハイレベル】鉄棒を使った自重トレーニング7種目!【強靭な肉体】

    今回は自重トレーニングの中でも鉄棒を使ったトレーニングを...

    2016年09月13日

  • 【スプリントに活かす】ラグビー世界王者のウォーミングアップ

    【スプリントに活かす】ラグビー世界王者のウォーミングアップ

    ラグビー世界王者チーム「オールブラックス」によるウォーミ...

    2017年02月02日

  • 伝説はここから始まった・・・フェデラーのジュニア時代のトレーニング

    伝説はここから始まった・・・フェデラーのジュニア時代のトレーニング

    とうとう今年も全豪オープンが始まりました。 今回はロジ...

    2016年01月19日

  • ウォーミングアップに「ベアウォーク」のすすめ!

    ウォーミングアップに「ベアウォーク」のすすめ!

    ウォーミングアップにおススメのエクササイズ「ベアウォーク...

    2016年06月27日

  • なるほど!肩甲骨の6つの動き

    なるほど!肩甲骨の6つの動き

    今回は肩甲骨の動きの解説を行います! 肩甲骨には6...

    2016年05月23日

  • 【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】

    【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】

    今回は全身を使ったジャンプトレーニングを紹介します。 ...

    2017年08月06日

  • 10種の足裏トレーニング

    10種の足裏トレーニング

  • 胸筋を立派にしたい方におすすめ!インクラインベンチプレス

    胸筋を立派にしたい方におすすめ!インクラインベンチプレス

  • ハムストリングス肉離れ予防エクササイズ!【ノルディックハムストリングス】

    ハムストリングス肉離れ予防エクササイズ!【ノルディックハムストリングス】

  • ジャンプ力アップのための補強「フルクランチ」

    ジャンプ力アップのための補強「フルクランチ」

  • 【小学生】体幹&反射トレ

    【小学生】体幹&反射トレ

  • 【8分間の戦い!】腹筋バキバキサーキット【今週のトレーニング】

    【8分間の戦い!】腹筋バキバキサーキット【今週のトレーニング】

  • 【股関節周りの柔軟性・機能性強化】フライングスプリットトレーニング

    【股関節周りの柔軟性・機能性強化】フライングスプリットトレーニング

  • シーズン中に欲しい!身体の「キレ」を作るトレーニング!

    シーズン中に欲しい!身体の「キレ」を作るトレーニング!

  • スピード&パワーアップ!NFL選手が行う6つのエクササイズ

    スピード&パワーアップ!NFL選手が行う6つのエクササイズ

  • 【”姿勢”と”肩甲骨”を意識してみよう!】プッシュアップのコツトレーニング25種目

    【”姿勢”と”肩甲骨”を意識してみよう!】プッシュアップのコツトレーニング25種目

  • 【バネを鍛えるジャンプトレーニング!】~地面を押す力を身に着けよう!~

    【バネを鍛えるジャンプトレーニング!】~地面を押す力を身に着けよう!~

  • チームコミュニケーションゲーム~人間知恵の輪~

    チームコミュニケーションゲーム~人間知恵の輪~

  • 【可動性をアップ!】股関節の動きの質を高める動的ストレッチ&トレーニング

    【可動性をアップ!】股関節の動きの質を高める動的ストレッチ&トレーニング

  • 日用品で背中の筋肉トレーニング

    日用品で背中の筋肉トレーニング

  • 全身をトレーニング!8種目×5分

    全身をトレーニング!8種目×5分

  • 【ダイエット】ウエスト早痩せ

    【ダイエット】ウエスト早痩せ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    今回はボックスを使ったクリーンを紹介します。 ...詳細
  • 【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    今回紹介するのは跳躍力を鍛え上げる、ジャンプ系...詳細
  • 【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    腰をもっと回して!腰のひねりを使って! ゴル...詳細
陸上競技
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved