• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?

スポーツシーンでは、筋トレを積極的に行う人もいれば、控える人もいます。
ただ、小中学生など若い時期には筋トレは行うべきではないと、聞いたことのある方は多いはずです。
今回は、これについて書いてみたいと思います。


この前提にあるのは、「低年齢期の低強度トレーニングは骨を長く太くする良刺激となる一方で、高強度トレーニングは骨の成長を抑制する(松田,1986)」という研究結果にあります。
骨の成長は、男女差こそあるものの一般的に18歳まで起こります。
また骨がどこまで成長するか、つまりどの程度まで身長が伸びるかは、大きな割合で生まれつき決まっています。
研究によって、本来もっと伸びるはずだった骨の成長が、高強度トレーニングによって止まってしまうことが分かったのです。
ここから、若い時期は筋トレを控えたほうがいい・・・と広まったと考えます。


では高強度トレーニングとは何か、という話になります。
筋トレでも、自重による腹筋背筋やジャンプでしたら問題はありません。
一方で、マシンで高付加に設定したり、バーベルを担いだスクワットなどは高強度に含まれると考えていいでしょう。
あまり筋トレとして認識されてはいませんが、強い着地を伴うジャンプトレーニングや激しい接触を伴う動作も高強度トレーニングに含まれるので注意してください。

これらのことから運動負荷は、マシンなど道具を使うかどうかや筋力トレーニングと分類されているものかどうかではなく、要は選手にかかった機能的負荷で判断すべきだということです。


よく若くして筋肉ムキムキの選手や、激しい着地の衝撃を受け続ける体操選手で身長が低い方が多いのはこのせいだともいわれています。
適度な刺激であれば、若い時期からしっかりと体を作りスポーツへの適応を高めることができるので、若い選手やお父さんお母さん、指導者の方は是非参考にしてみてください。


***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5) 指導申込: http://ランコネ.jp/
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担う。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【ぶれない体幹を作ろう②】体幹の連動と強化を行うスーツケース・デッドリフト

    【ぶれない体幹を作ろう②】体幹の連動と強化を行うスーツケース・デッドリフト

    こんにちは。 アスレティックトレーナーの佐々木優一です...

    2017年01月28日

  • 体がこわばってませんか?胸椎と股関節の可動性を高める「ブリッツル1」

    体がこわばってませんか?胸椎と股関節の可動性を高める「ブリッツル1」

    こんにちは、PRPの佐々木です。 今回から自分が現在働...

    2016年01月27日

  • 簡単に出来る骨盤の歪みチェック

    簡単に出来る骨盤の歪みチェック

    1人で自分の骨盤の歪みをチェックする方法を紹介します! ...

    2015年05月16日

  • 【合宿前に知っておきたい】ハチに刺されたときの対処法

    【合宿前に知っておきたい】ハチに刺されたときの対処法

    夏と言えば合宿! 比較的涼しい高原や湖の近くなどに行っ...

    2016年07月26日

  • ヒラメ筋のストレッチ

    ヒラメ筋のストレッチ

    ヒラメ筋はふくらはぎとアキレス腱の深部にある筋肉です。普...

    2015年10月28日

  • 足首を捻挫しちゃった!そんなときのリハビリ方法1

    足首を捻挫しちゃった!そんなときのリハビリ方法1

    足首をねんざしたことがある人は多いのではないでしょうか?...

    2015年12月01日

  • ハムストリングと同時に行おう!【大腿前面のストレッチ】

    ハムストリングと同時に行おう!【大腿前面のストレッチ】

    今回は壁を利用した大腿直筋を中心とした前もものストレッチ...

    2016年10月17日

  • 便秘を改善しよう!簡単に自分で出来る便秘体操

    便秘を改善しよう!簡単に自分で出来る便秘体操

  • 【テーピング】ハムストリングのケガ予防に!

    【テーピング】ハムストリングのケガ予防に!

  • 一目で分かる!あなたの体脂肪率!

    一目で分かる!あなたの体脂肪率!

  • すねの痛み改善ストレッチ

    すねの痛み改善ストレッチ

  • 【スポーツで気をつけたい】足がつる3つの原因

    【スポーツで気をつけたい】足がつる3つの原因

  • 【簡単】短時間でハムストリングをほぐそう!【柔軟性アップストレッチ】

    【簡単】短時間でハムストリングをほぐそう!【柔軟性アップストレッチ】

  • 【ケガ予防+競技力向上】足指の力を復活させる、足の甲のセルフストレッチ

    【ケガ予防+競技力向上】足指の力を復活させる、足の甲のセルフストレッチ

  • ランナーのための!ふくらはぎのテーピング

    ランナーのための!ふくらはぎのテーピング

  • 捻挫をしたときはこれ!足首のテーピング!

    捻挫をしたときはこれ!足首のテーピング!

  • 寝ながら出来る肩こりストレッチ

    寝ながら出来る肩こりストレッチ

  • ふくらはぎのセルフマッサージ

    ふくらはぎのセルフマッサージ

  • 【早期復帰】肉離れをしてしまった時の7つの対処法

    【早期復帰】肉離れをしてしまった時の7つの対処法

  • 【ウォーミングアップにもオススメ】骨盤の柔軟性をあげるエクササイズ

    【ウォーミングアップにもオススメ】骨盤の柔軟性をあげるエクササイズ

  • クロックスは足の成長を止める?

    クロックスは足の成長を止める?

  • 【疲労やケガに影響大!】骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

    【疲労やケガに影響大!】骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

  • 「運動をするとすぐふくらはぎに疲労を感じてしまう…」実は原因は別の部位かもしれません!

    「運動をするとすぐふくらはぎに疲労を感じてしまう…」実は原因は別の部位かもしれません!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • 【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    今回は体幹部を強化する「ハードロール」について...詳細
  • 【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープ...詳細
  • 胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    今回は、胸椎回旋エクササイズの紹介です。 ...詳細
陸上競技
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    ランニング中に膝に違和感がある… 膝が抜けて...詳細
  • 【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    臀筋のストレッチやケア方法は数多くの種類があり...詳細
  • 【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    7月に入り気温もどんどん上昇してきました。 ...詳細
  • 【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    運動をしている最中に足がつってしまった経験はあ...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    いよいよ梅雨も明け夏本番の陽気ですね。 様々なスポーツも活気づいて来る時期ですが、今の時期に気をつけたいのは【熱中症】です。 強い日差し、高い気温に湿度と熱中症にかかりやすい条件が揃い危険...詳細
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved