• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 情報
  3. コラム

意外と見失いがちな「ピッチをあげる目的」について

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

意外と見失いがちな「ピッチをあげる目的」について

意外と見失いがちな「ピッチをあげる目的」について

ピッチをもっとあげろ!というアドバイスをされたことがある選手は多いのではないでしょうか。
そして、ピッチをあげようと思ってもなかなかあがらなかったり、逆にスピードが落ちてしまったりして、しっくりこない、、、といった経験をしたことのある選手もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ピッチはどうやったら速くなるのか、そもそも何のためにピッチをあげるのかについて考えていきたいと思います。

1.ピッチを速くするには?

ずばり、、、
スピードをあげること!
☆ピッチは、「スピード」が上がる分だけ速くなる


2.なぜ、ピッチはスピードで決まる?
理由は、ピッチは“スピードに対応するものでしかない”からです。
人間の体という物体が地面を移動するときに、体のスピードに足の接地が間に合わなければ、前へつんのめって転んでしまう→スピードが上がればおのずとピッチはあがるのです。

このように私たちは、自分の移動スピードに適切に対応していくためにピッチを刻みます。

そして、ピッチをあげるためにはスピードをあげればよいのです。

3.スピードはどうやってあげるか
上記で述べたことから、私たちが本当に意識すべきことはピッチをあげることではなくスピードをあげることだ、そして、スピードをあげればピッチはおのずとついてくるということが理解できたのではないでしょうか。
では、スピードは一体どのように決まるのでしょうか。

☆スピードは、“加速区間”で決まる。

加速区間とは、スタートからスピードが上がりきるところまでの区間を指します。
(一般的に30~40mくらいまでを指します)
なので、ここの区間でスピードがあがらなければいつもよりピッチはあがることはありません。
※詳しい加速練習に関してはスポーツクラウドで検索!

4.ピッチをあげろと言われたら?
一般的に言われるピッチをあげろというアドバイスは、オーバーストライドによってブレーキになってしまっている際に用いられることが多いです。
しかし、選手はこれを適切に理解していることが少なく、やみくもにピッチを刻み逆にスピードを落としてしまうなど逆効果も見られます。

選手の皆さんに伝えたいことは、ピッチは速ければいいというものではなく、自分のスピードに対応していくものであるということです。
そこで、顧問の先生やコーチの言うピッチをあげろという言葉はあくまでもブレーキをかけるなという表現であること、また、ピッチをあげたからといってスピードがあがるのではない。ということを押さえておきたいですね。

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 関東・関西IC男子200m比較

    関東・関西IC男子200m比較

    先週各地で学生対校の試合が行われました。そこで関カレ(関...

    2015年05月19日

  • 2024年夏季五輪にロサンゼルスが立候補

    2024年夏季五輪にロサンゼルスが立候補

    米国オリンピック委員会(USOC)は12日、2024年夏...

    2015年08月13日

  • イチローに一塁コンバートプラン

    イチローに一塁コンバートプラン

     マーリンズ・イチロー(41)が再び息を吹き返してきた。...

    2015年05月07日

  • 関東.関西インカレ 100mH

    関東.関西インカレ 100mH

    男子110mHは関東勢の圧勝でした。女子100mHはどう...

    2015年05月28日

  • 中学最速の男 洛南高校合格!

    中学最速の男 洛南高校合格!

     スーパー中学生×ジェット桐生の母校=東京五輪。陸上男子...

    2015年02月19日

  • よく見かけるカラーのテーピングって何?

    よく見かけるカラーのテーピングって何?

    この頃、カラーのテーピングをした選手をよく見かけないでし...

    2015年10月09日

  • 明日からクラブW杯が開幕!初戦で広島が登場

    明日からクラブW杯が開幕!初戦で広島が登場

    クラブワールドカップ2015が10日(木)~20日(日)...

    2015年12月09日

  • なでしこ8強進出!

    なでしこ8強進出!

  • 【リオ五輪】いよいよ男子100mスタート!

    【リオ五輪】いよいよ男子100mスタート!

  • ケンブリッジ&山縣が進んだ男子100m準決勝!決勝までのスケジュールが超過酷!?

    ケンブリッジ&山縣が進んだ男子100m準決勝!決勝までのスケジュールが超過酷!?

  • 金曜から陸上日本インカレ

    金曜から陸上日本インカレ

  • 和歌山国体が閉幕

    和歌山国体が閉幕

  • 【ケガ時のパフォーマンス維持】メンタルプラクティスの重要性

    【ケガ時のパフォーマンス維持】メンタルプラクティスの重要性

  • スパイダーマンキャッチ!

    スパイダーマンキャッチ!

  • 本田 ユヴェントスへ!?

    本田 ユヴェントスへ!?

  • 【リオ 女子100m】王者はジャマイカのトンプソン!!!

    【リオ 女子100m】王者はジャマイカのトンプソン!!!

  • 【男子バレーリオデジャネイロ予選】柳田将洋のすごさ

    【男子バレーリオデジャネイロ予選】柳田将洋のすごさ

  • 曙 因縁貴闘力戦「ぜひ!」

    曙 因縁貴闘力戦「ぜひ!」

  • 全米学生選手権 男子200m

    全米学生選手権 男子200m

  • 武藤、デビュー戦は不完全燃焼

    武藤、デビュー戦は不完全燃焼

  • 日ハム大物ルーキー有原が初勝利

    日ハム大物ルーキー有原が初勝利

  • 【陸上】各地で好記録ラッシュ!リオに向け激戦続く

    【陸上】各地で好記録ラッシュ!リオに向け激戦続く

  • 400m15歳世界新記録(動画

    400m15歳世界新記録(動画

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    バランス能力には「静的」と「動的」に分ける事が...詳細
  • 【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    「速さ」には「スピード」「アジリティ」「クイッ...詳細
  • 股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    今回は大腿部前面~腹部にかけてのダイナミックス...詳細
  • 【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    今回はニーベントウォークの紹介です。 (kne...詳細
陸上競技
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    指導者の皆さん、 短距離でも長距離でも、走り...詳細
  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたい...詳細
  • 【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    これからシーズンへ向けてスピード種目の練習を行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    シーズンに入り、毎週末に試合がありなかなか疲労...詳細
  • 【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    今回は身近なものでできる肩甲骨ストレッチの紹介...詳細
  • ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    股関節の柔軟性に悩みのある方はもちろん 股関...詳細
  • 【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    春のこの時期に、心機一転シューズの買い替えをす...詳細
サッカー
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
  • 筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋力トレーニングやウエイトトレーニングをするこ...詳細
栄養・食事
  • 【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    練習後やトレーニング後に捕食を入れる方は多いと...詳細
  • 【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    日頃、スポーツを行っている方で、コーヒーを飲ま...詳細
  • 【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    4月中旬のこの時期、シーズンが始まったスポーツ...詳細
  • 【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    カーボ・ローディングという言葉をご存知ですか?...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • 【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    パワーナップという言葉をご存知ですか? Power=力 Nap=仮眠、昼寝 を合わせた造語で、15〜30分くらいの睡眠のことを言います。 短い時間で最大限効率よく睡眠を取れるのがこのパワ...詳細
  • 語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    新横綱稀勢の里が、千秋楽で1差で追いかけていた照ノ富士を本割と優勝決定戦で連破し、大逆転での2場所連続優勝を果たした。 新横綱での優勝は貴乃花以来、約22年ぶり。 稀勢の里は13日目の取組で左...詳細
  • 主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    トレーニングや実際のプレー中にどこの筋肉をどう使っているのか意識をしたことはありますか? 「なんとなく」から「確信を持って」体の部位を使っていくと、 トレーニング効果だけでなく動きのパフォーマンス...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved