• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【捻挫後のリハビリにも使える】足首の可動性を上げるエクササイズ4種

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【捻挫後のリハビリにも使える】足首の可動性を上げるエクササイズ4種

こんにちは。
アスレティックトレーナーの佐々木優一です。

今回は特に走る・跳ぶ動作を行う選手達に是非やって欲しい足首の可動性を上げるエクササイズです。
足首はすべての動きにおいて重要なポイントとなります。
また冬季は足首を痛めて十分に練習が積めなくなることがかなり起こります。
この時期に足首を可動性を上げて、充実した冬季練習を送るための準備を行っていきましょう。


①アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
 ➡3セット 20回
②バンド・アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
 ➡3セット 90秒
③シーティッドバンド・アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
 ➡2セット 60秒
④セルフ・トリガーポイントリリース プランターファシァ
 ➡1セット 120秒


普段このドリルは足首の捻挫をした選手にやらせています。
足首の可動性を上げるだけでスクワットのフォームが良くなったり、走りやすくなります。


○対象:
全てのアスリート。

○目的:
・自分で簡単に足首の関節をモビライゼイションして、足首の動きをよくする。
・足からの情報をもっとしっかりとしたものにする。

○方法:
①アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
片膝になって、挙げている方の腰を開きます。
ビデオにあるように、両手で足首、くるぶしの下を押さえて前後に動かします。

②バンド・アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
バンドを足首、くるぶしの下にに引っ掛けて、前後に動かします。
スタンスはシザーススタンスです。

③シーティッドバンド・アンクル・セルフジョイント・モビライゼイション
ケトルベルなどの重りや、しっかりとしたところに強めのベンドを引っ掛けます。
反対側をくるぶしの下に引っ掛けます。
足首を上下に動かしていきます。
やりにくい場合は反対側の足を下に置くとやりやすくなります。

④セルフ・トリガーポイントリリース プランターファシァ
足の裏をボールを転がして緩めます。
トリガーポイント(痛気持ちいい箇所)を見つけたら、転がすのをやめて少し体重をかけて(痛すぎない範囲で)90−120秒ほど、そのままでいます。

○効果:
・足首の可動性を上げることで、足首から脳への情報がしっかりとしたものになり、脳からの命令がしっかりしたものとなります。
・私のスプリントのコーチ、Tom Tellezは速く走るためにはDorsi Flexion(つま先を脛に近づける動き)/Plantar Flexion (つま先を脛から離す動き)が合計40度の可動域が必要だと言っています。
・ピッチャーがコッキング時に反対の足を着地させる際にも、足首はクッション、そして大事なセンサーの役割を果たしくれるので、足首の可動性はピッチャーのパフォーマンス、そして怪我に直接関係してきます。

○注意点:
・必ず選手が安全にできる所でする。
・痛みが出る場合は、一度止めて原因を究明する。
・ビデオでも言いましたが、①ではつま先と踵が浮かないようにしましょう。


捻挫癖になってしまっている選手にも非常に有効なトレーニングです。
特に今の時期に行ってほしいセルフケアなので、是非実践してみてください。


お知らせ:
11月27日に都内で自分のワークショップを開催することになりました。
この記事のような内容を詳しくご紹介し、みなさまのパフォーマンスアップに貢献していきたいと思っています。
詳細はスポーツクラウドトップページのピックアップ欄にあるイベントから。
もしくはフェイスブックのイベントよりチェックしてください。

*************************************************************************
筆者:
佐々木優一
 マレーシア オリンピック代表チーム帯同セラピスト
☆MS.,ATC.,LAT., NASM-PES。BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)。
 大学院レベルでファンクショナルトレーニングを学んだ唯一の日本人。
 メジャーリーガーなど海外のトップ選手のケアを担当。
 リオ五輪でマレーシアチームから出た銀メダリスト、パラの金メダリストを複数担当(パラはすべて世界記録)
*************************************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【ポール系器具ストレッチ②】ハムストリングスのケア

    【ポール系器具ストレッチ②】ハムストリングスのケア

    ポール系器具を使ったケアの方法を紹介するこのシリーズ。 ...

    2017年02月08日

  • おなかのストレッチ

    おなかのストレッチ

    お腹のストレッチを紹介します! これはとても簡単なスト...

    2015年04月07日

  • 身体が柔らかいとイイ身体に!股関節を柔らかくしよう!

    身体が柔らかいとイイ身体に!股関節を柔らかくしよう!

    身体の柔軟性はアスリートの方はもちろんですが、一般の方に...

    2016年03月14日

  • 毎日のケアに!ヒラメ筋のストレッチ

    毎日のケアに!ヒラメ筋のストレッチ

    ヒラメ筋はふくらはぎとアキレス腱の深部にある筋肉です。普...

    2016年04月02日

  • 【運動前後におすすめ】意外と知られていない腹筋のストレッチ

    【運動前後におすすめ】意外と知られていない腹筋のストレッチ

    筋トレをしているときはもちろん、運動中意識をしていなくて...

    2016年10月10日

  • 【簡単だけど効果は◎】タオルを使ってストレッチをしてみよう!

    【簡単だけど効果は◎】タオルを使ってストレッチをしてみよう!

    今回はタオルを使ったストレッチの紹介をしたいと思います。...

    2016年09月21日

  • 前太もものストレッチ

    前太もものストレッチ

    前太もも、大腿直筋のストレッチを紹介します。 まず...

    2015年08月09日

  • ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

    ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

  • 【股関節の可動域UP】ウォーミングアップで 使える動的エクササイズ

    【股関節の可動域UP】ウォーミングアップで 使える動的エクササイズ

  • 腰痛はなぜ起こるのか?

    腰痛はなぜ起こるのか?

  • 疲れが溜まりやすい臀部をピンポイントにストレッチ【腰痛にも◎】

    疲れが溜まりやすい臀部をピンポイントにストレッチ【腰痛にも◎】

  • 調子が上がってこない…オーバートレーニングの自覚症状!

    調子が上がってこない…オーバートレーニングの自覚症状!

  • 『腰痛編第二弾』怪我や痛みの対処法〜腸腰筋編〜【早期復帰】

    『腰痛編第二弾』怪我や痛みの対処法〜腸腰筋編〜【早期復帰】

  • 扁平足の方は必見!自分で出来る簡単テーピング!

    扁平足の方は必見!自分で出来る簡単テーピング!

  • そろそろ疲労がたまってくる時期…腰や背中、お尻のストレッチまとめ!

    そろそろ疲労がたまってくる時期…腰や背中、お尻のストレッチまとめ!

  • 【この時期特に気をつけたい】ハムストリングのケガ予防テーピング

    【この時期特に気をつけたい】ハムストリングのケガ予防テーピング

  • 自己暗示で試合に勝つ!

    自己暗示で試合に勝つ!

  • 【もしかして足底腱膜炎?!】地面の接地時、足裏に強烈な痛みを感じる方へ

    【もしかして足底腱膜炎?!】地面の接地時、足裏に強烈な痛みを感じる方へ

  • おしり股関節ストレッチ

    おしり股関節ストレッチ

  • 【早期復帰】肉離れをしてしまった時の7つの対処法

    【早期復帰】肉離れをしてしまった時の7つの対処法

  • 【違和感や疲労感にオススメ!】ふくらはぎのテーピング

    【違和感や疲労感にオススメ!】ふくらはぎのテーピング

  • AT-miniの効果って?

    AT-miniの効果って?

  • 筋けいれんの原因と対策

    筋けいれんの原因と対策

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    バランス能力には「静的」と「動的」に分ける事が...詳細
  • 【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    「速さ」には「スピード」「アジリティ」「クイッ...詳細
  • 股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    今回は大腿部前面~腹部にかけてのダイナミックス...詳細
  • 【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    今回はニーベントウォークの紹介です。 (kne...詳細
陸上競技
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    指導者の皆さん、 短距離でも長距離でも、走り...詳細
  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたい...詳細
  • 【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    これからシーズンへ向けてスピード種目の練習を行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    シーズンに入り、毎週末に試合がありなかなか疲労...詳細
  • 【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    今回は身近なものでできる肩甲骨ストレッチの紹介...詳細
  • ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    股関節の柔軟性に悩みのある方はもちろん 股関...詳細
  • 【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    春のこの時期に、心機一転シューズの買い替えをす...詳細
サッカー
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
  • 筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋力トレーニングやウエイトトレーニングをするこ...詳細
栄養・食事
  • 【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    練習後やトレーニング後に捕食を入れる方は多いと...詳細
  • 【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    日頃、スポーツを行っている方で、コーヒーを飲ま...詳細
  • 【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    4月中旬のこの時期、シーズンが始まったスポーツ...詳細
  • 【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    カーボ・ローディングという言葉をご存知ですか?...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • 【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    パワーナップという言葉をご存知ですか? Power=力 Nap=仮眠、昼寝 を合わせた造語で、15〜30分くらいの睡眠のことを言います。 短い時間で最大限効率よく睡眠を取れるのがこのパワ...詳細
  • 語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    新横綱稀勢の里が、千秋楽で1差で追いかけていた照ノ富士を本割と優勝決定戦で連破し、大逆転での2場所連続優勝を果たした。 新横綱での優勝は貴乃花以来、約22年ぶり。 稀勢の里は13日目の取組で左...詳細
  • 主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    トレーニングや実際のプレー中にどこの筋肉をどう使っているのか意識をしたことはありますか? 「なんとなく」から「確信を持って」体の部位を使っていくと、 トレーニング効果だけでなく動きのパフォーマンス...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved