• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【捻挫からの早期回復に】捻挫の腫れに使えるVoodoo バンドテクニック

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【捻挫からの早期回復に】捻挫の腫れに使えるVoodoo バンドテクニック

こんにちは、アスレティックトレーナーの佐々木です。

今回は自分が足首を捻挫した選手に実際にやっているバンドを使ったテクニックを紹介します。
名前はVoodooバンドテクニックです。
実際はそれ専用のバンドがあるんですが、自分は持っていないのでセラバンドを代用にしています。
Supple Leopardの著者・Dr. Kelly Sterretが使っているテクニックで、実際にVoodoo Bandを使っているところは下のリンクから見れます。
(https://www.youtube.com/watch?v=drTxhTcvLgU)


○目的:
捻挫をした際の腫れを素早くひかす

○方法:
バンドを足・足首に巻く
2−5分ほど足首を動かす
一度バンドを取る
しばらくしてからまた巻き直して同じことを繰り返してみる。

○効果:
Compression& light touch(日本語では圧迫と皮膚を軽く触ること?)でリンパシステムが活性化するので、腫れがひきやすくなります。


○注意点:
・必ず選手が安全にできる所でする。
・痛みが出る場合は、一度止めて原因を究明する。
・きつく巻きすぎると血が止まる可能性があるので、足が痺れてきた、感覚がなくなってきた、変色してきたなどが起こればすぐに外し、それでも治らない場合は病院へ行きましょう。


炎症過程において特に最初の24−72時間は怪我の影響で組織が損傷してしまっているので、それを治すために怪我の直後から化学反応が起こります。
この化学反応の結果、代謝廃棄物が蓄積され腫れの原因となります。

この24−72時間の間に動かなければいいんですが、人間は怪我をしても”動く”生き物です。
この動いている時に怪我が悪化しないように保護し、後々のリハビリや動きの邪魔となる”腫れ”を引かしていくために圧迫する必要があります。

今回のように、圧迫、そしてそれに伴う軽い皮膚へのタッチはリンパシステムを活性化してくれます。
このリンパは代謝廃棄物を取り除いてリサイクルしてくれるシステムです。

なので、特別な理由がない限り自分は足首の捻挫をした場合はアイシングは怪我の1日目だけで、それ以降は圧迫と自分の手技、そしてリハビリを中心にして行っています。


【主な参考資料】
Comparison of three treatment procedures for minimizing ankle sprain swelling, Cote DJ, Prentice WE, Hooker DN, Shields EW Phy Ther, 1988;68;1072-1076
Does cryotherapy improve outcomes with soft tissue injury? Hubbard TJ, Denegar CR. J Ath Trai, 2004;39(3);278-279
The use of ice in the treatment of acute soft-tissue injury a systematic review of randomized controlled trials. Beakley C, McDonough S, MacAuley D. Ame J Spor Med, 2004:32(1):251-261
などなど


*************************************************************************
筆者:
佐々木優一(スポーツクラウドトレーナー)
 マレーシア オリンピック代表チーム帯同セラピスト
☆MS.,ATC.,LAT., NASM-PES。BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)。
 大学院レベルでファンクショナルトレーニングを学んだ唯一の日本人。
 メジャーリーガーなど海外のトップ選手のケアを担当。
 リオ五輪でマレーシアチームから出た銀メダリスト、パラの金メダリストを複数担当(パラはすべて世界記録)
*************************************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【理想の身体へ!】 初級~上級までの3段階の腹筋サーキット

    【理想の身体へ!】 初級~上級までの3段階の腹筋サーキット

    いつも同じ体幹トレーニングを行ってしまっていませんか? ...

    2016年09月16日

  • 【コーチ向け】指導者として選手のコンディションをどう正確に評価していくか

    【コーチ向け】指導者として選手のコンディションをどう正確に評価していくか

    マレーシア代表のチームで選手を見ている際に、特に考えなけ...

    2016年11月24日

  • たった3分で!脂肪を燃焼させよう!

    たった3分で!脂肪を燃焼させよう!

    トレーニングのウォーミングアップや自宅での空いた時間に脂...

    2016年03月09日

  • 跳躍力を大幅にアップさせる!【ジャンプのコツとトレーニング7種目】

    跳躍力を大幅にアップさせる!【ジャンプのコツとトレーニング7種目】

    今回はご紹介したいのは跳躍力を鍛え上げる、ジャンプ系トレ...

    2017年04月27日

  • 最上級の体幹トレーニングに挑戦しよう!【ウィンドシールドワイパー】

    最上級の体幹トレーニングに挑戦しよう!【ウィンドシールドワイパー】

    強靭な体幹を得たいという方にオススメのトレーニングを紹介...

    2017年02月12日

  • 最高の強さは最高の準備から。ジョコビッチ選手のウォーミングアップ

    最高の強さは最高の準備から。ジョコビッチ選手のウォーミングアップ

    先日終了したテニスの全豪オープン。 初のベスト4入りを...

    2016年02月10日

  • 自重トレーニングでの肉体の変化

    自重トレーニングでの肉体の変化

    皆さんは自重トレーニング派でしょうか、重りを使用したウエ...

    2015年09月17日

  • 【フリーウエイト】最大筋力を高める4つの方法

    【フリーウエイト】最大筋力を高める4つの方法

  • 8の字でコーディネーショントレ

    8の字でコーディネーショントレ

  • 【足が上がらない原因にも…】スポーツで重要な横隔膜の知識

    【足が上がらない原因にも…】スポーツで重要な横隔膜の知識

  • 楽!簡単!効果あり!【胸椎回旋トレーニング】

    楽!簡単!効果あり!【胸椎回旋トレーニング】

  • ワイドスクワットの効果

    ワイドスクワットの効果

  • スロー&クイック腹筋

    スロー&クイック腹筋

  • 【ウエイトトレーニング効果UP!】「単関節→多関節」で狙った筋肉のトレーニング効果を高めよう!

    【ウエイトトレーニング効果UP!】「単関節→多関節」で狙った筋肉のトレーニング効果を高めよう!

  • 【下半身強化】内転筋群を鍛えるのにおすすめ!「ワイドスクワット」

    【下半身強化】内転筋群を鍛えるのにおすすめ!「ワイドスクワット」

  • 【AFL】砂地チームトレーニング

    【AFL】砂地チームトレーニング

  • お相撲さんの短距離走

    お相撲さんの短距離走

  • 【Athlete トレーニング】股関節の柔軟性を高める3種類のストレッチ【梅原玲奈①】

    【Athlete トレーニング】股関節の柔軟性を高める3種類のストレッチ【梅原玲奈①】

  • 全身を鍛えてバキバキBODY!全身サーキット

    全身を鍛えてバキバキBODY!全身サーキット

  • スポーツの基礎能力向上に!【25種目のバーピートレーニング】

    スポーツの基礎能力向上に!【25種目のバーピートレーニング】

  • 【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング

    【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング

  • 錦織圭のフォア&バックハンド

    錦織圭のフォア&バックハンド

  • 【股関節の動きが悪い…】股関節の違和感を解消し可動域を回復する3つのエクササイズ

    【股関節の動きが悪い…】股関節の違和感を解消し可動域を回復する3つのエクササイズ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    今回はボックスを使ったクリーンを紹介します。 ...詳細
  • 【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    今回紹介するのは跳躍力を鍛え上げる、ジャンプ系...詳細
  • 【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    腰をもっと回して!腰のひねりを使って! ゴル...詳細
陸上競技
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved