• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. 栄養

【年度末の飲み会に】アスリートは知っておきたいお酒との付き合い方

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【年度末の飲み会に】アスリートは知っておきたいお酒との付き合い方

【年度末の飲み会に】アスリートは知っておきたいお酒との付き合い方

普段お酒(アルコール)が好きでよく飲まれる方も多いと思います。
私もお酒は好きですし、試合の後の打ち上げや祝勝会などでも飲む機会が多いです。
3月は年度末なので、仕事上でも飲む機会が増えているかもしれません。

ただ、アスリートはアルコールを飲む際にいくつか気をつけなければならないことがあります。


①体づくりと疲労回復効果が低下!?
「お酒を飲みすぎると肝臓に悪い」というのは聞いたことがあると思います。肝臓は、体づくりと疲労回復を行う大切な臓器です。ところがアルコールが体内に入ると、体づくりと疲労回復を後回しにして、まずアルコールの処理を優先的に行うようになるのです。

これはアスリートにとっては致命的。また、お酒を飲むと肝臓が糖を分解できずに低血糖となり、お腹が空くという現象も起こるため、いつもより余分に食べてしまう可能性もあります。体重コントロールが重要なアスリートにとっては大問題です。

②必要な水分が不足する
アルコールを摂取する上でもう一つ大切なのが、水分補給です。アルコールの分解物である「アセトアルデヒド」という物質は、人体にとっては毒。あの悲劇的な二日酔いは、実はこの物質のせいなのです。体はアセトアルデヒドを酢酸に変えて体内に出そうとします。大量にビールを飲む人が「ちょっとスイマセン」と何度もトイレに立つ理由はまさにこれ。この状態で水分補給を怠ると、脱水になってしまいます。脱水になると筋肉に十分な栄養が回らなくなるため、これもアスリートにとって嫌な話ですね。

③ケガの急性期など炎症がある方は要注意
さらに追い打ちをかけると、アルコールを飲むと血液の循環がよくなるので、怪我などで体に炎症がある場合は治りが遅くなることも。また、アルコールの分解にはビタミンも消耗されるので、ビタミンB群を中心に、多く摂取しておかなければなりません。


ここまで散々マイナス要素ばかり述べましたが、適量のアルコールは良い意味で食欲増進効果や血行促進効果があると考えられます。アルコールのいちばんの利点は、「ストレス解消」ではないでしょうか。ストレス解消の為には自分のペースでゆっくりお酒を楽しむことが一番です。
トレーニングで筋肉にダメージを与えた日はお酒を控えるなど、自分の体と相談しながらお酒と付き合っていきたいですね。

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • エナジードリンクと栄養ドリンク

    エナジードリンクと栄養ドリンク

    【商品分類の違い】 両者の大きな違いは、エナジードリン...

    2015年05月31日

  • 早起きが苦手な人に嬉しい!夜のジョギングでダイエット!

    早起きが苦手な人に嬉しい!夜のジョギングでダイエット!

    ダイエットとして注目されているジョギング。 特に早朝の...

    2016年03月14日

  • 【泳ぐ栄養カプセル『鮭』】最強の抗酸化物質を多く含むものの見分け方!

    【泳ぐ栄養カプセル『鮭』】最強の抗酸化物質を多く含むものの見分け方!

    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に入っていた...

    2016年10月29日

  • 【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品③「いなり寿司」

    【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品③「いなり寿司」

    コンビニで栄養補給シリーズ第三弾は「いなり寿司」です。 ...

    2017年05月18日

  • スポーツ選手にもおすすめ。見直そう”青汁”の効果!

    スポーツ選手にもおすすめ。見直そう”青汁”の効果!

    一昔前に、空前の大ブームを巻き起こした“青汁”。お年寄り...

    2016年04月18日

  • ドラッグストア店員が勧める!風邪を引いた時は「カツジン28」

    ドラッグストア店員が勧める!風邪を引いた時は「カツジン28」

    これからの季節、気温の変化や練習量の増大に伴い、体にかか...

    2015年11月17日

  • 筋トレしない日もプロテインって飲むの?

    筋トレしない日もプロテインって飲むの?

    プロテインと言えばたんぱく質がとても豊富で、手軽に摂取出...

    2015年08月09日

  • 7月の旬の野菜/果物

    7月の旬の野菜/果物

  • 試合前日の食事

    試合前日の食事

  • 風邪を引いてしまった。そんな時こそ、プロテイン!!!

    風邪を引いてしまった。そんな時こそ、プロテイン!!!

  • しじみの栄養成分

    しじみの栄養成分

  • メンタルが安定しない!セロトニン不足が原因かも?

    メンタルが安定しない!セロトニン不足が原因かも?

  • 【早期回復】ケガを早く治すために有効な食べ物とは?

    【早期回復】ケガを早く治すために有効な食べ物とは?

  • 【スポーツ選手向け】お寿司を食べるときにおすすめの「ネタ」とは?

    【スポーツ選手向け】お寿司を食べるときにおすすめの「ネタ」とは?

  • ウエイトオーバー。シーズンに向けて身体を絞りたい人へ

    ウエイトオーバー。シーズンに向けて身体を絞りたい人へ

  • 【アスリートは覚えておきたい!】ゼリー飲料の効果と使い方

    【アスリートは覚えておきたい!】ゼリー飲料の効果と使い方

  • α波を引き出しリラックス

    α波を引き出しリラックス

  • ビタミンCを多く含む食品

    ビタミンCを多く含む食品

  • 豚汁は栄養の宝庫!暖かくなっても腸内環境を整えよう!

    豚汁は栄養の宝庫!暖かくなっても腸内環境を整えよう!

  • 低脂質高タンパクだけじゃない!鶏肉の秘めたる力!?

    低脂質高タンパクだけじゃない!鶏肉の秘めたる力!?

  • 【疲労骨折を防ぐ】栄養面からアプローチ!【早期回復にも◎】

    【疲労骨折を防ぐ】栄養面からアプローチ!【早期回復にも◎】

  • ピーナッツの栄養

    ピーナッツの栄養

  • 間食、栄養補給の王!バナナの知られざる栄養価!

    間食、栄養補給の王!バナナの知られざる栄養価!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    今回は、下半身を強化する「ニーリングジャンプ」...詳細
  • 【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    クリーチャートレーニングとは、動物(クリーチャ...詳細
  • 【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    体幹トレーニングとして、腕立てふせの状態からの...詳細
  • 停滞を打破する為に知っておきたい!【トレーニングの7つの原則】
    停滞を打破する為に知っておきたい!【トレーニングの7つの原則】
    トレー二ングを始めた頃は、効果をはやい段階で感...詳細
陸上競技
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    動物の動きを模倣することで、体そのものの動きを...詳細
  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)...詳細
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    今回は壁を利用した大腿直筋を中心とした大腿前面...詳細
  • 【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    「肩が重いな」「腕の可動域がおかしいな」 そ...詳細
  • 【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    試合前などに自身のパフォーマンスをしっかりと発...詳細
  • 5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    股関節が固くもう諦めている… そんな人も多く...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細
  • 【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    100mで期待の20歳が素晴らしい記録を残した。 昨日行われた日本学生個人選手権の100m。 先日のゴールデングランプリにおいて、リオ五輪100m銀メダリストのガトリン選手、リレーで銀メダルを獲得...詳細
  • 【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    5月6日に、巌流島~WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA~が開催されました。 巌流島は新しい異種格闘技戦を目指す総合格闘技大会です。 ロープや金網のないリング、打撃...詳細
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved