• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【圧倒的な成長スピードを手に入れる】選手が実践すべき3つの思考

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

【圧倒的な成長スピードを手に入れる】選手が実践すべき3つの思考

【圧倒的な成長スピードを手に入れる】選手が実践すべき3つの思考

いくら練習をしても、なかなか上達しない。
スランプに陥っている。

このような悩みを抱えている選手はとても多く、
たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。

しかし、ほぼ毎日同じような練習を行っているわけですから
(スピード練習、筋力トレーニング...etc練習内でのジャンルはあるにせよ)
これはとても自然なことで、誰にでも起こりうる思考です。

では、このように作業になりかねないトレーニングをすべて自分の成長に変換していくにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、練習前・練習中・練習後でそれぞれ実践すべき【3つの思考】を紹介します。
思考を少し変えるだけで、日々の練習効果を劇的にアップさせることができます。

【3つの思考】

①目的の明確化〈練習前〉
やること:今日の練習メニューを見て、練習項目ごとに目的を書いてみる。

そうすることで、
☆その練習をなんのために行うのかをはっきり理解する。
☆練習後には何が身についているのかを想像する。
→練習の意味を強く意識することができる

②人に教える前提で練習を行う〈練習中〉
やること:人に教えることを想像しながら、その練習を行う。

そうすることで、
☆自分が深く理解をしていないと適切に表現をしたり、伝えたいことが自分の言葉で伝えることができないため、おのずとポイントが明確になる。
→動作の詳細やコツなど細かいポイントまで目が届くようになる。

③動作のポイントを言語化をする〈練習後〉
やること:人に説明するつもりで、動作のポイントを言語化してみる。

箇条書きなどでも可能。初めてみた人にその紙を見せれば、完璧な動作ができる位レベルで書く。

そうすることで、
☆②と近い要素があるが、言葉で説明をする過程で自分の考えが整理できる。
(なぜなら、わからないものを言葉で説明することは不可能だから)

以上が、選手の成長を劇的にアップさせる3つの思考の実践法です。

紙とペンがあればどこでもできるので、とてもおすすめです。

これらを通じて、周囲との差をつける圧倒的な成長力をみにつけましょう!

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 日常品で筋トレ!腹筋編

    日常品で筋トレ!腹筋編

    日常品を使って筋トレをしてみよう!ということで今回はキャ...

    2015年06月20日

  • トレーニングジムでのマナー

    トレーニングジムでのマナー

    体を鍛える為、自身の健康の為にトレーニングジムに通われて...

    2015年09月17日

  • 超人トレーニング!100kgの重りで腹筋トレーニング!?

    超人トレーニング!100kgの重りで腹筋トレーニング!?

    今回は超高負荷の腹筋トレーニングをご紹介します。 映像...

    2015年12月25日

  • ランニングに有効なテーピングの貼り方

    ランニングに有効なテーピングの貼り方

    テーピングは一般的にケガの防止や違和感があるときのサポー...

    2016年09月16日

  • 『パフォーマンスアップ』下半身との連動が大切!【プッシュジャーク】

    『パフォーマンスアップ』下半身との連動が大切!【プッシュジャーク】

    今回は「プッシュジャーク」の解説をしていきたいと思います...

    2016年08月29日

  • マイ

    マイ"ルーティン"持っていますか?

    スポーツをしている人なら一度は「ルーティン」という言葉を...

    2015年08月17日

  • スノーボード 基本テクニック

    スノーボード 基本テクニック

    ツイッターで見て投稿してみました よろしくお願いします...

    2015年03月17日

  • タオルギャザーだけでは刺激が足りない!その刺激不足を解決しよう

    タオルギャザーだけでは刺激が足りない!その刺激不足を解決しよう

  • 夢の8パックメニュー

    夢の8パックメニュー

  • 【練習の効率をあげるために…】雨の日のトレーニングの注意点

    【練習の効率をあげるために…】雨の日のトレーニングの注意点

  • 今日はどれにする?8種類の腕立て伏せをしよう!

    今日はどれにする?8種類の腕立て伏せをしよう!

  • 全身を使ったパワートレーニング【ボールスラム】

    全身を使ったパワートレーニング【ボールスラム】

  • 【ダイエット】下腹エクササイズ

    【ダイエット】下腹エクササイズ

  • 体の『上手な使い方』が学べるトレーニング【The Kipping Pull-Up】

    体の『上手な使い方』が学べるトレーニング【The Kipping Pull-Up】

  • 筋肉ムキムキの子供たち

    筋肉ムキムキの子供たち

  • なるほど!肩甲骨の6つの動き

    なるほど!肩甲骨の6つの動き

  • 同じ腹筋ばかりしていませんか?20種類の腹筋トレーニング

    同じ腹筋ばかりしていませんか?20種類の腹筋トレーニング

  • 【腸腰筋・臀部の強化に】トップ選手が行うランジトレーニング3種

    【腸腰筋・臀部の強化に】トップ選手が行うランジトレーニング3種

  • 知らないと損をする?!トレーニングの5原則

    知らないと損をする?!トレーニングの5原則

  • 【下半身の筋肥大&爆発力を手に入れよう!】限界まで追い込める方法

    【下半身の筋肥大&爆発力を手に入れよう!】限界まで追い込める方法

  • アスリートに重要な筋肉!ハムストリングスの役割

    アスリートに重要な筋肉!ハムストリングスの役割

  • パフォーマンスアップ「プライオメトリクス上級編」瞬発力を強化しよう!

    パフォーマンスアップ「プライオメトリクス上級編」瞬発力を強化しよう!

  • コアトレーニングのあれこれ

    コアトレーニングのあれこれ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    今回は、下半身を強化する「ニーリングジャンプ」...詳細
  • 【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    クリーチャートレーニングとは、動物(クリーチャ...詳細
  • 【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    体幹トレーニングとして、腕立てふせの状態からの...詳細
  • 停滞を打破する為に知っておきたい!【トレーニングの7つの原則】
    停滞を打破する為に知っておきたい!【トレーニングの7つの原則】
    トレー二ングを始めた頃は、効果をはやい段階で感...詳細
陸上競技
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    動物の動きを模倣することで、体そのものの動きを...詳細
  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)...詳細
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    今回は壁を利用した大腿直筋を中心とした大腿前面...詳細
  • 【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    「肩が重いな」「腕の可動域がおかしいな」 そ...詳細
  • 【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    試合前などに自身のパフォーマンスをしっかりと発...詳細
  • 5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    股関節が固くもう諦めている… そんな人も多く...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細
  • 【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    100mで期待の20歳が素晴らしい記録を残した。 昨日行われた日本学生個人選手権の100m。 先日のゴールデングランプリにおいて、リオ五輪100m銀メダリストのガトリン選手、リレーで銀メダルを獲得...詳細
  • 【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    5月6日に、巌流島~WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA~が開催されました。 巌流島は新しい異種格闘技戦を目指す総合格闘技大会です。 ロープや金網のないリング、打撃...詳細
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved