• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【オーバートレーニングを防ぐために】起床時の脈拍数で疲労をコントロールしよう!

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【オーバートレーニングを防ぐために】起床時の脈拍数で疲労をコントロールしよう!

【オーバートレーニングを防ぐために】起床時の脈拍数で疲労をコントロールしよう!

皆さんは、体調や疲労感をどのように自分の中で理解していますか?
朝起きて、身体がだるい、重い。
身体を動かしてみて、少し重たいな~。
動き、タイムが悪いな~。
ってことは、身体は疲れているのかな!?
少し休んだ方がいいのかな!?
といった流れでしょうか!?

これらは、ほとんどが感覚的です。
中には、体が疲労している中で無理をして「オーバートレーニング」の症状が出てしまうことも…
自分の身体の中を理解することは簡単そうで難しいですね。

そこで、具体的な「数字」で自分の疲労度をチェックする方法を紹介します。それは、起床時の脈拍数です。1分間に何回脈を打ったか、毎朝チェックするだけです!

だいたいの目安ですが、身体の調子が良い時の起床時脈拍数は低く、疲労が溜まっていると調子の良い時に比べ5~10回多いことが分かっています。この方法を利用する時は、ある程度の期間行う必要があります。

例えば、明日の朝に計測して50回。次の日は、51回・・・。と計測します。ある日、60回を計測しました。次の日は、61回。
数字が多くなってくると疲労が蓄積されており、身体が疲れているという信号を発信していることになります。

この場合は、練習強度を下げ、ランニングや交代浴をするなど身体の調子を回復させましょう!
自分の調子が良い時の脈拍数を知ることで、疲労をコントロールできるというわけです!

狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、朝の1分間を利用してみませんか!?おススメです!

【目安の数値】スポーツを頻繁に行う人の場合
コンディション良好…40台
コンディション普通…50台
コンディション悪い…60台

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • この痛み、どうしたらいいの?!足底腱膜炎になったときの対処法

    この痛み、どうしたらいいの?!足底腱膜炎になったときの対処法

    あるとき何気なく一歩踏み出そうとしたら、かかとから土踏ま...

    2016年03月16日

  • 膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その3【膝窩筋】

    膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その3【膝窩筋】

    今回も前回に引き続き、関節内の靭帯や半月板に着目するので...

    2016年11月26日

  • 腰が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その3【大腿筋膜張筋・TFL】

    腰が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その3【大腿筋膜張筋・TFL】

    今回も腰の痛みシリーズを書いていきたいと思います。 少...

    2017年02月27日

  • 音楽とスポーツの関係性

    音楽とスポーツの関係性

    皆さんはスポーツをする際、音楽を聴くことはありますか?今...

    2015年06月19日

  • 指はスポーツで必須アイテム!指を鍛えるタオルギャザー

    指はスポーツで必須アイテム!指を鍛えるタオルギャザー

    足首などのリハビリで多くの方がしたことがあるであろう、タ...

    2015年12月03日

  • 【つらいスネ内側の痛み】シンスプリントの原因と対策 [テーピング]

    【つらいスネ内側の痛み】シンスプリントの原因と対策 [テーピング]

    スポーツをやっている人にとって、とても身近な障害が「シン...

    2016年11月19日

  • ケア不足になっていませんか?【足の甲をストレッチ!】

    ケア不足になっていませんか?【足の甲をストレッチ!】

    足の裏や足の甲は、歩く、走る、蹴る、泳ぐなど様々なスポー...

    2016年11月08日

  • 筋膜のリリース(腓骨筋)

    筋膜のリリース(腓骨筋)

  • 背中をサポートテーピング

    背中をサポートテーピング

  • 【上半身の動的ストレッチ】身体の”しなり”を意識しよう!

    【上半身の動的ストレッチ】身体の”しなり”を意識しよう!

  • 1人より2人!2人組ストレッチ

    1人より2人!2人組ストレッチ

  • 前脛骨筋(スネの前側)をほぐす

    前脛骨筋(スネの前側)をほぐす

  • 長友選手も実践!上半身をほぐす「上半身ヨガ」

    長友選手も実践!上半身をほぐす「上半身ヨガ」

  • おなかのストレッチ

    おなかのストレッチ

  • 怪我の予防やパフォーマンス向上に!大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

    怪我の予防やパフォーマンス向上に!大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

  • つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

    つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

  • 試合前日の練習・食事・私生活

    試合前日の練習・食事・私生活

  • 腰椎分離症のストレッチ

    腰椎分離症のストレッチ

  • アクティブレストを積極的に!

    アクティブレストを積極的に!

  • かかとのテーピング

    かかとのテーピング

  • 小学生がよく悩む膝の痛み!オスグットの痛みはどうしておきるの?

    小学生がよく悩む膝の痛み!オスグットの痛みはどうしておきるの?

  • ペアマッサージで身体の疲労を軽減させよう!叩打法[こうだほう]

    ペアマッサージで身体の疲労を軽減させよう!叩打法[こうだほう]

  • アキレス腱に違和感を感じた時のテーピング方法。

    アキレス腱に違和感を感じた時のテーピング方法。

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • ハムストリングの柔軟性アップ!パフォーマンス向上ストレッチ!
    ハムストリングの柔軟性アップ!パフォーマンス向上ストレッチ!
    今回はハムストリングの柔軟性を上げ、パフォーマ...詳細
  • シーズン中に欲しい!「キレ」を出すためのアジリティトレーニング
    シーズン中に欲しい!「キレ」を出すためのアジリティトレーニング
    今回は4つのコーンを使用した「動きのキレ」を出...詳細
  • ウォーミングアップにおすすめ!股関節回旋の柔軟性をアップさせるダイナミックストレッチ
    ウォーミングアップにおすすめ!股関節回旋の柔軟性をアップさせるダイナミックストレッチ
    今回は股関節回旋の柔軟性を獲得するためのダイナ...詳細
  • 【下半身の筋肥大&爆発力を手に入れよう!】限界まで追い込める方法
    【下半身の筋肥大&爆発力を手に入れよう!】限界まで追い込める方法
    今回は筋肥大にとても有効なトレーニングです。ま...詳細
陸上競技
  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)...詳細
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    指導者の皆さん、 短距離でも長距離でも、走り...詳細
  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたい...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【疲労回復からケガの早期回復まで!?】スポーツ選手が愛用する酸素カプセルの効果とは
    【疲労回復からケガの早期回復まで!?】スポーツ選手が愛用する酸素カプセルの効果とは
    皆さん酸素カプセルはご存知ですか? 昔のワー...詳細
  • 毎日のトレーニングやケアにも使える!可動性と柔軟性を高めるエクササイズ10種目
    毎日のトレーニングやケアにも使える!可動性と柔軟性を高めるエクササイズ10種目
    今回ご紹介するのは【可動性・柔軟性】を向上させ...詳細
  • 【アップにもオススメ!】お尻をピンポイントで伸ばすストレッチ
    【アップにもオススメ!】お尻をピンポイントで伸ばすストレッチ
    臀筋のストレッチやケア方法は数多くの種類があり...詳細
  • 【試合の疲労を早く回復させるために】試合後に行いたい5つの方法
    【試合の疲労を早く回復させるために】試合後に行いたい5つの方法
    皆さん、試合後の疲労回復をどのような方法で行っ...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • 筋力を落とさず脂肪を落とすには③ 〜血糖値コントロールのために食事面で気をつけたいこと~
    筋力を落とさず脂肪を落とすには③ 〜血糖値コントロールのために食事面で気をつけたいこと~
    「筋力を落とさず脂肪を落とす」という大きなテー...詳細
  • 筋力を落とさず脂肪を落とすには② 〜糖が脂肪になってしまう仕組み!~
    筋力を落とさず脂肪を落とすには② 〜糖が脂肪になってしまう仕組み!~
    「筋力を落とさず脂肪を落とす」という大きなテー...詳細
  • 【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品③「いなり寿司」
    【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品③「いなり寿司」
    コンビニで栄養補給シリーズ第三弾は「いなり寿司...詳細
  • 「カラダを絞る際に気を付けたい!減量時に意識してもらいたい事」
    「カラダを絞る際に気を付けたい!減量時に意識してもらいたい事」
    スポーツを行なっている方にとって減量時に1番気...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    【小さな体で大きな相手に立ち向かう】体重差無視の無差別級試合の結末は!?【巌流島5/6】
    5月6日に、巌流島~WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA~が開催されました。 巌流島は新しい異種格闘技戦を目指す総合格闘技大会です。 ロープや金網のないリング、打撃...詳細
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • 【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    パワーナップという言葉をご存知ですか? Power=力 Nap=仮眠、昼寝 を合わせた造語で、15〜30分くらいの睡眠のことを言います。 短い時間で最大限効率よく睡眠を取れるのがこのパワ...詳細
  • 語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    新横綱稀勢の里が、千秋楽で1差で追いかけていた照ノ富士を本割と優勝決定戦で連破し、大逆転での2場所連続優勝を果たした。 新横綱での優勝は貴乃花以来、約22年ぶり。 稀勢の里は13日目の取組で左...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved