• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 情報
  3. コラム

ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】

ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】

”(ドイツ・ユースサッカー、U13、U15&U17)
"二年間に渡るウェイトトレーニングがエリートレベルのユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響。"

ドイツで行われた、ウエイトトレーニングがスプリントに影響を及ぼすのかどうかという研究の要約と私見を話したいと思います。
日本でもユース世代のトレーニングは注目されている分野であり、長期的に行ったという点で非常に面白いリサーチだと思っています。

今回のS&C(ストレングス&コンディショニング)に関するリサーチリビューは
ドイツで各年齢層のエリート・ユースサッカー選手達、134人を対象に2年間という長期に渡って行われたリサーチです。


まずこのリサーチの理論の背景として良いスプリントパフォーマンスの前提となるのが

1)筋量の程度
(degree of muscle mass)
2)パフォーマンスの妨げとなる筋肉の繋げる神経コントロールメカニズム(日本語訳は難しい!)
(degree of neural control mechanisms of performance-limiting muscle slings, which are the basis for maximal strength)

また過去のリサーチにおいてウェイトトレーニングによって60mまでのタイムの向上が見られました。

このリサーチでは各年齢層を2グループに分けていきます、ウェイトトレーニングをするグループ(STG)としないグループ(CG)です。

STGグループはチーム練習を含めて週2回ウェイトトレーニングをしました。(連続した日では行いません)

【エクササイズの種類】
1)バック/フロントスクアット (パラレル)
2)ベンチプレス
3)デッドリフト
4)ネックプレス(?)
5)腹部のエクササイズ


【トレーニングブロック】
1)最初の4週間は各エクササイズの技術を学ぶ期間
2)次の8週間は筋肥大
3)次の4週間は筋力向上 などなど (ここまでしか詳しくは書いていませんでした)

【ピリオダイゼーション】
2009年の8月から2010年の5月までの40週を20週のトレーニングブロックで割り、
これをもう一年繰り返したので2年間で計4個のトレーニングブロック、80週に渡るピリオダイゼーションです。

テストは30m走(5,10,15,20,25m地点でスプリット)とスクアットの1RMです。

【結果】
グループ内では2年の各年齢層のSTGグループの30mのスプリントタイムは0.1から0.2秒早くなっていました。
しかし、これはU15とU13のCGグループでも見れる結果です。

では、STGとCGを比べた時にはどうなのか?STGグループの方が0.1秒程早くなっていました。
では、各地点でのスプリットタイムはどうか?各地点ごとに0.1秒ごと程STGグループの方が早くなっていました。

【結論】
統計的な重要性の観点から、このリサーチではウェイトトレーニングはスプリントの加速期の向上に役立つと結論づけています。

【私見】
このリサーチはウェイトトレーニングによって、よく言われる”半歩・一歩前に出れる”を証明しているリサーチだと思います。

ただS&Cの観点から見て正直このリサーチを参考にするかと言われれば、自分はあまりしません。
なぜなら変化がたかが0.1−0.2秒だからです。
これぐらいの変化なら彼らの年齢を考えれば成長期であり、それによって筋力が増加したとも言えます。

またこれだけの変化ならチームのコーチを納得させれないと思います。
2年のウェイトトレーニングをしているのであれば0.5秒は縮めて欲しいと思います。

特にユースは肉体の成長期に入るので成長を促進出来るようにしっかりとデザインされたウェイトトレーニングをすれば、1秒以上はスピードをあげられると自分は思っています。

このリサーチの悪いところは
1)エクササイズのバリエーションのなさ
2)エクササイズのプログレッション・リグレッションがない
3)パワー・プライオメトリックスがない
この3つだと思います。

ただ筋力を上げることは全く間違っていないと思います。
筋力があって、悪いことは全くありません。
また他のリサーチではスクアットの重量が体重の2倍になった時にパフォーマンスに変化が見れるというのもあります。

推奨
”半歩・一歩先に出れる選手を作る際はウェイトは必須”
ただパワーやプライオメトリックスを計画的に取り入れればもっと良くなる可能性がある。

実際に行う際は上記の点を参考にして行っていただけたらと思います。
ではまた次回に!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
著者:佐々木 優一/Yuichi Sasaki MS., ATC.,NASM-PES., ASCA Lv.1
Sports Therapist, PODIUM Program 
Institut Sukan Negara/ National Sports Institute of Malaysia
Performance Restoration Project 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 横浜DeNAが強い!!

    横浜DeNAが強い!!

     横浜DeNAが5カード連続勝ち越しを決め首位をがっちり...

    2015年05月11日

  • サッカー日本、ドローでブーイング

    サッカー日本、ドローでブーイング

    [6.16 W杯アジア2次予選 日本0-0シンガポール ...

    2015年06月19日

  • 日本代表 オマーン入り

    日本代表 オマーン入り

    サッカー日本代表は、10月8日に行われるW杯アジア2次予...

    2015年10月06日

  • 宮本大輔が高1歴代4位の走り

    宮本大輔が高1歴代4位の走り

    京都府高校総体(7日)、陸上男子100mで宮本大輔(洛...

    2015年06月08日

  • 全日本体操団体、優勝は日本体育大学!

    全日本体操団体、優勝は日本体育大学!

    全日本体操団体選手権は29日に東京、国立代々木競技場第一...

    2015年11月30日

  • 高まるラグビー人気!北米初のプロリーグ発足

    高まるラグビー人気!北米初のプロリーグ発足

    来年から北米初のプロリーグが発足する。 プロラグビー機...

    2015年11月11日

  • なでしこ宮間、自身3度目のアジア最優秀選手賞

    なでしこ宮間、自身3度目のアジア最優秀選手賞

    アジア・サッカー連盟が23日に発表した、2015年の女子...

    2015年12月25日

  • 長友今季初先発!

    長友今季初先発!

  • ナダル6連覇逃す

    ナダル6連覇逃す

  • J1 第2節 結果

    J1 第2節 結果

  • 宇都宮に自転車部が誕生

    宇都宮に自転車部が誕生

  • 清宮 甲子園の土を持ち帰らず

    清宮 甲子園の土を持ち帰らず

  • トップ選手愛用の冬季トレーニングシューズ「ビルトトレーナー2」が発売!

    トップ選手愛用の冬季トレーニングシューズ「ビルトトレーナー2」が発売!

  • 世界マスターズ 渡辺銀メダル!

    世界マスターズ 渡辺銀メダル!

  • 国家的共謀!?ロシア陸上界でのドーピング問題

    国家的共謀!?ロシア陸上界でのドーピング問題

  • 鈴木、万全ではないが自信はある

    鈴木、万全ではないが自信はある

  • ヤンキース地区シリーズに進めず

    ヤンキース地区シリーズに進めず

  • 新井大会新で2連覇!

    新井大会新で2連覇!

  • 新国立競技場の屋根の開閉問題

    新国立競技場の屋根の開閉問題

  • 大迫、5000mで日本新記録

    大迫、5000mで日本新記録

  • バロンドール最終候補に!なでしこ、宮間、最終3枠に残る!

    バロンドール最終候補に!なでしこ、宮間、最終3枠に残る!

  • 【心理学】 あなたのやる気は、正しい“やる気”!?

    【心理学】 あなたのやる気は、正しい“やる気”!?

  • DeNAの改訂の大トリ筒香は2倍の1億円でサイン!

    DeNAの改訂の大トリ筒香は2倍の1億円でサイン!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    【跳躍力をグッとあげる!】トレーニング7種目&ジャンプのポイント
    今回紹介するのは跳躍力を鍛え上げる、ジャンプ系...詳細
  • 【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    腰をもっと回して!腰のひねりを使って! ゴル...詳細
  • 【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    今回は股関節の可動域を向上させるハムストリング...詳細
  • 【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    爆発的な力を生み出すトレーニングに、クーリン・...詳細
陸上競技
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
  • 【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    ハードルまたぎを行う事で、上半身と下半身の連動...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved