• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】

今回は、大臀筋を上手に使えるようにするステップアップをご紹介します。
階段や椅子など手頃な段差を利用して行ってみてください。

以下に要点を整理してみます。

○構成:
1)ステップアップ・フロント
2)ステップアップ・サイド
3)ステップアップ・ローテーション

各種目を2セット~10セット、10秒~90秒行っていきます。

○対象:
走ることが必要な全ての選手。

○目的:
体のエクステンションパターン(まっすぐにする)を3方向から練習する(正面、横、回転)し、大臀筋を中心とする筋肉の機能性を高める

○方法:
 ―器具:段差が生み出せるもの(ベンチ、階段、etc)
1)コアを決めたまま、段差を踏み、自分の体を片足で持ち上げます
※ベンチの上で真っ直ぐになったまま1秒ほど静止するとお尻の筋肉とコア、そして足首から肩にかけて繋がっている感覚がわかると思います
※片足で全身を持ち上げるというのが目的なので、ベンチの上でバランスを崩してしまった場合は両足をついてもらってもいいです
2)同じ足から降りましょう
※このときも使う筋肉を意識してください

○効果:
・スプリントで一番大事なヒップ・エクステンションを練習することが出来ます
・スクワットやデットリフトなどで養った力を実際のスプリントに移行する時のワンクッションに使えます
・片足の安定性が向上します

○注意点:
・必ず選手が安全にできる所で行いましょう
・痛みが出る場合は、一度止めて原因を究明しましょう
・段差の高さは、選手個人の身長によって変えましょう
※段差が高すぎると膝関節など目的外の動きを使ってしまいます
選手を身長によってグループ分けするなどして、しなくてもいい怪我をしないでおきましょう
・どうしても片足でバランスが取れない場合は、一度止めてどうしてできないかを見極め(可動性、安定性、筋力etc)、まずは片足でバランスが取れるようになってから、このエクササイズをしいきましょう。
・必ず体をトップで真っ直ぐにしましょう。トップで腰が曲がる、背中が曲がる、など起こらないよう気を付けましょう。
・何回しっかりとしたフォームで出来るかを数えましょう。
・セット数などは個人の競技、選手のコンディションをしっかりと見極めた上でプログラムし必要以上しないようにしましょう。


特に疲労がたまってくるとコアがきまらなくなり、いわゆる"どっこいしょ"ステップアップになってしまいがちです。
常にコア、そして大臀筋を意識して行っていきましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
著者:佐々木 優一/Yuichi Sasaki MS., ATC.,NASM-PES., ASCA Lv.1
マレーシア オリンピック代表チームトレーナー

Sports Therapist, PODIUM Program
Institut Sukan Negara/ National Sports Institute of Malaysia
Performance Restoration Project
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*********************************************************
【お知らせ】先着20名「認定スプリントコーチ」資格取得セミナー開催決定!
弊社代表(荒川)が、4日間(7項目)にわたって『短距離を速くする方法』を実習込みでお話させていただきます。
また4回目の試験に合格すると「認定スプリントコーチ」資格を取得できます。
速くなる方法を知りたい選手や指導者の方、現場ノウハウを増やしたい整骨院・PTの方など是非お越しください。
(詳しくはこちらから→https://athlete-lab.jp/course/detail/48)
*********************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

    朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

    吉田光一郎さんの現役の頃のレース動画を紹介いたします。 ...

    2015年04月07日

  • 【怪我予防&パフォーマンスアップ】ダイナミックストレッチ9種&コツ【ゲーレンラップ選手】

    【怪我予防&パフォーマンスアップ】ダイナミックストレッチ9種&コツ【ゲーレンラップ選手】

    ナイキ・オレゴンプロジェクトに参加している、ゲーレン・ラ...

    2016年11月13日

  • オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    陸上男子棒高跳び、世界歴代2位・室内世界歴代1位(屋外世...

    2016年04月28日

  • トップ選手から学ぶランジトレーニング3種【腸腰筋・臀部を強化!】

    トップ選手から学ぶランジトレーニング3種【腸腰筋・臀部を強化!】

    世界陸上200m準決勝進出、4×100mRでは日本代表の...

    2017年10月18日

  • 地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

    地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

    ホッピングは、陸上の基礎的動作やフィジカルの強化として練...

    2016年03月23日

  • 山縣選手 コーナーSD解説

    山縣選手 コーナーSD解説

    2013年関東インカレ200m決勝前の、山縣選手のコーナ...

    2015年04月19日

  • 【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

    【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

    「On your mark…」 その掛け声を受け、...

    2016年07月27日

  • 素早いハードリングを身につけよう!1歩ハードルトレーニング

    素早いハードリングを身につけよう!1歩ハードルトレーニング

  • 砂浜ダッシュ 

    砂浜ダッシュ 

  • 各スポーツでも定番!ミニハードル走でピッチをあげよう

    各スポーツでも定番!ミニハードル走でピッチをあげよう

  • スタートドリル〜膝上げスキップ〜

    スタートドリル〜膝上げスキップ〜

  • ホッピングの脚さばきが身につくトレーニング!

    ホッピングの脚さばきが身につくトレーニング!

  • 素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

    素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

  • 【GoPro】棒高跳び選手の視点

    【GoPro】棒高跳び選手の視点

  • トップアスリートの高跳びドリル

    トップアスリートの高跳びドリル

  • 専門外でもこの高記録!クリスチャン・テイラーの走り幅跳び

    専門外でもこの高記録!クリスチャン・テイラーの走り幅跳び

  • 短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

    短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

  • 長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

  • 冬季トレーニング〜ハードルでカラ走り〜

    冬季トレーニング〜ハードルでカラ走り〜

  • 年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

    年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

  • ケニア人選手の練習風景

    ケニア人選手の練習風景

  • ハイニースキップでタイミングを合わせよう!

    ハイニースキップでタイミングを合わせよう!

  • 心拍数を管理しよう!

    心拍数を管理しよう!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【バネを鍛えるためのトレーニング】スプリット・スクワット・ジャンプ
    【バネを鍛えるためのトレーニング】スプリット・スクワット・ジャンプ
    スポーツをしていると、「バネを使って走る」とい...詳細
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【動きの質を高めるランジ】
    【動きの質を高めるランジ】
    ウエイトトレーニングや走り過ぎにより、関節や筋...詳細
陸上競技
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
  • 【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    ハードルまたぎを行う事で、上半身と下半身の連動...詳細
ケガ・ストレッチ
  • もしかして内臓疲労かも…!?【内臓と筋肉の関係性】
    もしかして内臓疲労かも…!?【内臓と筋肉の関係性】
    日頃からの運動や食事、ストレスなど内臓に負担を...詳細
  • 15分の昼寝で効率アップ!【アスリートに嬉しい3つの効果】
    15分の昼寝で効率アップ!【アスリートに嬉しい3つの効果】
    今回紹介するのは【パワーナップ】です。 ...詳細
  • 【早期復帰のために】肉離れをしてしまった時の7つの対処法
    【早期復帰のために】肉離れをしてしまった時の7つの対処法
    多くのスポーツでもシーズンが始まり、増えてくる...詳細
  • アップにオススメしたい動的ストレッチ&トレーニング【股関節の可動域向上に!】
    アップにオススメしたい動的ストレッチ&トレーニング【股関節の可動域向上に!】
    練習前には静的ストレッチだけでなく 動的に体...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
  • ダイエット効果だけじゃない!アスリートにもおすすめしたい【キノコの栄養効果について】
    ダイエット効果だけじゃない!アスリートにもおすすめしたい【キノコの栄養効果について】
    キノコはスーパーなど、身近にある食品です。 ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved