• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. 栄養

【身体能力の向上に!】クレアチン摂取のポイントと注意点

  • 投稿者:かえる先生元栄養士

【身体能力の向上に!】クレアチン摂取のポイントと注意点

【身体能力の向上に!】クレアチン摂取のポイントと注意点

クレアチンはタンパク質の中の一種で筋肉内にエネルギーを貯蔵している物質の一つといわれています。
このエネルギーは強度の高い運動時に使われるため、直接クレアチンを補給することで筋力を発揮しやすくなります。
最近の研究では身体能力の向上だけでなく、精神疲労を軽減させ、精神的能力の向上も見られているとの研究もあります。

そんなクレアチンですが、闇雲に接種するのではなく適切なタイミングでの摂取をすることで、より効果を実感できると言われています。

【おすすめの摂取タイミング】
クレアチンのベスト摂取タイミングは
・起床後
・トレーニング直後
この2つです。

初めてまたは久しぶりにクレアチンを摂取する場合はクレアチンローディングで体内のクレアチン貯蔵量を上げのをオススメします。

ローディング中は三食&トレーニング後に摂取がオススメです!
一回5g程度、20g前後を目安に一週間飲み続けてください。


【糖質と一緒に摂取することでより効果がアップ】
特にオススメなのがジュースで糖質を摂取するのですが、
起床後やトレーニング直後は、酸味の弱く炭水化物量の多いぶどうジュースかりんごジュースがベストです。

反対に酸味の強いオレンジジュース・グレープフルーツジュースは効果を弱めるためNGです!
一番効果的といわれている飲み方は「ぶどうorりんごジュース+クレアチン+プロテイン」です。

この飲み方をすれば、クレアチンの吸収率をさらに高めてくれます。

【水分摂取を心掛けよう】
クレアチンを摂取すると筋肉内に水分を多く引き込もうとするので十分な水分を摂取する必要があるそうです。
よくクレアチンを飲むと肉離れを起こしやすくなる、筋肉がつりやすくなるといった話がありますが、ここからきているのではないかと言われています。
水分はおおよそ一日2リットルが目安です。
クレアチンを摂取する際にも水分を多めにとる工夫をして水分摂取を心がけましょう!

これらのこと守れば、しっかりとクレアチン摂取の効果を感じられるでしょう。
実際に使用している選手たちは体の軽さや動きのキレを感じました。
個人的な差はあると思いますが、一度体験してほしいと思います。
クレアチンはスポーツ店などで3000円前後で売っています。

ご興味のある方は是非摂取してみてください!

  • 投稿者:かえる先生元栄養士

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ゼリー飲料は効果的!?覚えておきたいゼリー飲料の使い方

    ゼリー飲料は効果的!?覚えておきたいゼリー飲料の使い方

    運動をするにはエネルギーが必要になります。人間が摂取でき...

    2016年04月13日

  • プロテインの飲み方  注意点

    プロテインの飲み方  注意点

    必要以上にたんぱく質を取ると、カラダのなかで余ってしまっ...

    2015年02月09日

  • なんとなく飲んでいませんか?プロテインの飲み方~トレーニング後~

    なんとなく飲んでいませんか?プロテインの飲み方~トレーニング後~

    それでは、前回の続きです! 前回は「なぜプロテインを練...

    2016年09月13日

  • 【泳ぐ栄養カプセル『鮭』】最強の抗酸化物質を多く含むものの見分け方!

    【泳ぐ栄養カプセル『鮭』】最強の抗酸化物質を多く含むものの見分け方!

    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に入っていた...

    2016年10月29日

  • 7月の旬の野菜/果物

    7月の旬の野菜/果物

    7月の旬の野菜/果物を紹介します。旬の野菜/果物は、栄養...

    2015年07月02日

  • 体組成しっかりチェックしてる?【コンディション管理】

    体組成しっかりチェックしてる?【コンディション管理】

    皆さん、体組成管理はどのように行っていますか? 朝昼晩...

    2016年10月05日

  • 【幼少期】味覚を発達させる

    【幼少期】味覚を発達させる

    《味はいつ覚えるの?》 では、人間はいつ味を覚えるので...

    2015年03月08日

  • クレアチン 摂取方法

    クレアチン 摂取方法

  • 『夏はやっぱり!』ビールを飲むことで得られる3つのメリット

    『夏はやっぱり!』ビールを飲むことで得られる3つのメリット

  • ダイエットに!筋力アップに!体脂肪カットに!毎朝のコーヒーに一工夫\^^/

    ダイエットに!筋力アップに!体脂肪カットに!毎朝のコーヒーに一工夫\^^/

  • 練習後には素早い栄養補給!簡単に補給するにはプロテイン!

    練習後には素早い栄養補給!簡単に補給するにはプロテイン!

  • プロテインの飲み方 優先順位

    プロテインの飲み方 優先順位

  • 皆大好きカレーライス!栄養面ではどうなの!?

    皆大好きカレーライス!栄養面ではどうなの!?

  • 予防しよう!梅雨にやってくる偏頭痛

    予防しよう!梅雨にやってくる偏頭痛

  • 【アスリートたちへ】ラーメン選びでベストを尽くす!みるべきポイントはどこ?

    【アスリートたちへ】ラーメン選びでベストを尽くす!みるべきポイントはどこ?

  • 第6の栄養素!?【水分】

    第6の栄養素!?【水分】

  • 【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】

    【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】

  • コンディション維持におススメ!乳酸菌の力!

    コンディション維持におススメ!乳酸菌の力!

  • 早起きが苦手な人に嬉しい!夜のジョギングでダイエット!

    早起きが苦手な人に嬉しい!夜のジョギングでダイエット!

  • 【慢性的な疲労でお悩みの方へ】トマトジュースで疲労を溜めない身体に!

    【慢性的な疲労でお悩みの方へ】トマトジュースで疲労を溜めない身体に!

  • 『夕食』は疲労回復の役割

    『夕食』は疲労回復の役割

  • 汗ばむ天気になってきました!あなたの水分補給は足りている!?

    汗ばむ天気になってきました!あなたの水分補給は足りている!?

  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法

    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【忙しい方にオススメ!】効率的に体を追い込むトレーニング「タバタプロトコル」
    【忙しい方にオススメ!】効率的に体を追い込むトレーニング「タバタプロトコル」
    立命館大学で教授をしていらしゃる、田畑泉博士が...詳細
  • 【ランナー必見】腕振り質を高めるダンベル・ローイング
    【ランナー必見】腕振り質を高めるダンベル・ローイング
    皆さんは、腕の付け根はどこだと思いますか?肩で...詳細
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    【爆発的な加速を生み出すトレーニング】ボックスを使ったクリーン
    今回はボックスを使ったクリーンを紹介します。 ...詳細
陸上競技
  • 【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    【キレのある動きを求めて】素早い動きの獲得に!「ステッピングトレーニング」
    多くのスポーツでは試合も多くなり、キレのある動...詳細
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved