• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】

スタミナアップするためにできる栄養管理の3つのコツ

【PR】

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

スタミナアップするためにできる栄養管理の3つのコツ

スタミナ切れという言葉があります。
スタミナ切れとは、エネルギーが不足している状態です。
そんな時、練習量を増やしても、使えるエネルギーが少ないので、効果が上がらないばかりか、怪我の原因になります。

特にスポーツをする子どもは、スポーツで消費するエネルギーに加え、成長するためにもエネルギーが必要で、不足すると成長にマイナスの影響が出ることが懸念されます。

それではスタミナをアップするためには、何に気をつければよいのでしょうか?


“スタミナアップ”するための3つのコツ


①エネルギー源の中でも炭水化物を多く、脂質もバランスをよく摂る

エネルギーの貯蔵タンクといえる筋肉内のグリコーゲンの材料である炭水化物をしっかりと摂ることが大切です。
炭水化物を多く含む、ごはんやパン、麺類といった主食を多く食べるようにしましょう。

また、脂質も主なエネルギー源の一つですので、油を抜くことなく適量摂ることを意識しましょう。
たとえば、パーム油やココナッツオイル、健康オイルの成分として注目されている中鎖脂肪酸は、すばやくエネルギーになるので、上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。

スポーツをするとエネルギーの必要量がアップし、また、その強度が上がるほどにさらにエネルギーが必要となります。食事から必要なエネルギーを摂るようにしましょう。


②ビタミンB群を摂取してエネルギーに変える

エネルギー源である炭水化物や脂質を摂取しても、それらが体内でエネルギーに変わらなければ、スタミナアップは望めません。
そこで活躍するのが、エネルギー源を効率よくエネルギーに変換させるビタミンB群です。
エネルギー源を多く摂ればその分、ビタミンB群の必要量も増えるので、忘れずに摂るようにしましょう。

ビタミンB群を多く含む食品は以下を参考にしてみてください。
(ビタミンB1)
玄米ごはん、胚芽米ごはん、豚ヒレ肉、大豆(乾)
(ビタミンB2)
豚レバー、うなぎの蒲焼き、牛乳、納豆、プレーンヨーグルト、卵


③鉄の不足を防いで、体内の酸素供給をキープ

そして忘れてはならないのが鉄です。
鉄は体内の酸素運搬に欠かせません。
酸素が運ばれないと十分にエネルギーを生み出すことができず、スタミナ切れとなってしまいます。
これを防ぐためにも鉄を多く含む鶏レバーやカツオ、小松菜、アサリなどの摂取を心がけましょう。


スポーツ×食事で参考にしたい記事

今回の情報は日清オイリオのスポーツ栄養講座を参考にさせていただきました。
スポーツ×食事の観点から他にもこのような情報が掲載されています。

強い筋力を作る食事とは

風邪が流行っているときの体調管理法

試合前日・当日の食事法

身長を伸ばすための食生活

ケガの予防・回復を早めるための食事

是非みなさんも参考にしてみてください。

**************************************
<日清オイリオの紹介>
日清オイリオは、「ヘルシーリセッタ」など、健康オイルの活用や、中鎖脂肪酸の研究など、「食」のチカラで福原愛選手(卓球)や上村愛子さん、伊藤みき選手(フリースタイルスキー モーグル)、そして横浜F・マリノス(サッカー Jリーグ)の選手など、トップアスリートや、 スポーツに燃えるみなさんのカラダを、サポートしています。
**************************************

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    今回は股関節屈筋群の連動性を高め、臀部周辺の筋...詳細
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    今回は股関節の動きを引き出し、太ももを高く上げ...詳細
  • 【体作りにオススメ!】瞬発向上サーキットトレーニング
    【体作りにオススメ!】瞬発向上サーキットトレーニング
    これからの季節におススメのトレーニング、「サー...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    飯塚翔太選手は、リオデジャネイロオリンピック4...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    今年の全国高校総体(陸上競技)で、女子総合優勝...詳細
  • 【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    野澤啓佑選手は、ミズノトラッククラブに所属し4...詳細
  • 【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    今回、陸上競技の強豪校として有名な洛南高校が行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    ランナーの方やそうでない方も膝の痛みを抱える方...詳細
  • カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    ふくらはぎのセルフマッサージを紹介します! ...詳細
  • 【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    今回は広背筋・腹斜筋をストレッチするエクササイ...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    股関節周辺と胸周りの柔軟性・可動域はパフォーマ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細
  • 【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    足を痛めてしまう要因としては、 ・シューズが合わない(シューズを買えたばかり) ・サーフェイス(地面)が不安定 ・練習量の増加  ・身体柔軟性の低下 ・マルアライメント 以上の要因など...詳細
  • 【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    本日(2018/9/23)、第66回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会行われている中、江里口匡史選手の引退セレモニーが行われました。 江里口選手は、日本選手権男子100mを4連覇し、2009年ベル...詳細
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細

Category/カテゴリー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved