• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】

【アルコールとの上手な付き合い方】 スポーツとアルコールの関係!

【PR】

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

【アルコールとの上手な付き合い方】 スポーツとアルコールの関係!

スポーツやトレーニングを定期的に行う人にとって、「アルコールがトレーニングにどう影響するか」は気になるところです。
実際、トレーニング後にアルコールを飲むと筋肉を分解する、トレーニング効果を下げるなどさまざまな情報が飛び交っているのも事実。

そうはいっても、お酒が飲みたくなる時ってありますよね・・・
普段控えている方でも、どうしてもお酒を飲まなければならない機会はあるはず。

では、実際にどんな悪影響が出て、どう対処すればいいのでしょうか。


アルコールの影響

残念ながら、トレーニング後のアルコールは、筋肉の修復や疲労回復を妨げることが分かっています。

アルコールを飲むと、体内で「アセトアルデヒド」という物質になったあとに、肝臓で酵素による分解が行われます。
注意したいのは、このアセトアルデヒドが人体にとっては非常に危険な毒物だということです。
そのため、人体はタンパク質や炭水化物など、他の栄養の消化を後回しにして、アセトアルデヒドの分解を先に行おうとします。

つまり、アルコールを飲むとこの分解作業が最優先となり、トレーニングで傷んだ筋肉や細胞の修復など疲労回復作業が後回しにされてしまうのです。
飲酒量が多くなればなるほどアルコールの分解に時間がとられてしまうので、大事なタンパク質の消化吸収に時間を割けなくなってしまいます。

また、トレーニング後は30分以内に栄養を摂取すべきだとする「ゴールデンタイム」はみなさんご存知だと思いますが、アルコールを摂取してしまうとせっかくこの時間に栄養を摂取しても消化吸収できません。

これらに関しては、オーストラリアの研究者たちによって"運動後の過度の飲酒が筋肉の修復と再構築におけるタンパク質合成を妨げること"が実験によって確認されています。
さらに国内の研究で、たとえ軽度のアルコール摂取であっても翌日の主観的な疲労度および眠気が高まることが示されています。

このようにトレーニング後のアルコールは、筋肉の修復や疲労回復を妨げるといえます。


アルコールを飲む場合の対策

では対策法はないのでしょうか?
アルコールによるデメリットを抑えるには、次の二つの方法があります。

①トレーニングからアルコール摂取までに時間を置くこと

上述のようにアルコールは優先的に消化吸収が行われます。
そのため、飲酒前にタンパク質の消化吸収がある程度完了している状態を作ることが重要です。

例えば、肉は約6時間、脂の多い肉だと約8時間消化に時間を要するといわれています。
一方で、プロテインは粉末状で消化しやすい状態となっているため、所要時間が短く、その中でもホエイプロテインは約2時間で消化されるといわれています。
ただこれは量や食べ合わせ、内臓の状態によっても変わるので、あくまで参考としてご理解ください。

②アルコールの消化をサポートする酵素を摂る

アルコールは酵素の力で分解されます。
このときにそれをサポートする酵素を摂取することで、アルコールの分解が早く終わり重要なタンパク質などの消化吸収をしっかり行えるようになります。
スポーツクラウドのおすすめは、「KISLip(キスリップ)」という酵素サプリです。

アルコール分解を助ける酵素としては国内で最も有名な商品であり、多くのトップスポーツ選手も使っていることから、スポーツやトレーニングと非常に相性のいいことが分かります。
また、二日酔いの予防や回復にも効果大なので、飲み会の機会が多い方やお酒に弱い方にはかなりオススメです。

※ちなみに酵素は、タンパク質などの栄養の消化吸収能力も高めるため、普段のトレーニング効果をUPさせるのにも有効です。スポーツクラウドでも紹介しました→
記事はこちら

(商品サイト→
http://n-zyme-shop.jp/?pid=93911648

もちろんアルコールを控えるに越したことはないものの、飲みたくなったり飲まなくてはいけない機会はどうしてもあるもの。
常に一箱持ち歩いていると、普段の飲酒はもちろんのこと、急な飲み会にも対応できるかもしれません。

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    今回は自重で出来る10種目のトレーニングを紹介...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    日頃からストレッチを行っている方は多いと思いま...詳細
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    お盆休みで 体がだるくなってスイッチが入らな...詳細
陸上競技
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    今回は100mで追い風参考ながらも9秒台の記録...詳細
  • 【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    今回は、足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【お風呂でのケアを習慣づける】セルフケアにオススメのコントラストバス
    【お風呂でのケアを習慣づける】セルフケアにオススメのコントラストバス
    今回はお風呂で簡単にできるセルフケア『コントラ...詳細
  • 【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方
    【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方
    皆さんは休養日の日は何をして過ごしていますか?...詳細
  • 開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    今回は「開脚」にポイントをおいたストレッチを紹...詳細
  • 【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    今回は足首を柔らかくするためのストレッチ方法を...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
  • 【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    猛暑が続いており、身の危険を感じることもある今...詳細
  • 【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    最近では安価で手に入る事や手軽に栄養摂取ができ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細

Category/カテゴリー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved