• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方

  • 投稿者:飯田将之元ハードル選手:現ラグビー選手

【12・23開催】第5回スプリントクリニック特別版 残りわずか!

【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方

今回、陸上競技の強豪校として有名な洛南高校が行うボックスジャンプを紹介します。
今年開かれた第17回U20世界陸上競技選手権大会で100m8位に入賞した東洋大学に進学した宮本大輔選手がモデルになっています。
トップ選手の動きは無駄がなく、勉強になりますね。

このボックスジャンプで押さえておきたいチェックポイントを紹介します。

●チェックポイントその1
《宮本選手の臀部に注目!》
股関節を伸展させて、ボックスにジャンプします。
この時の宮本選手の臀部に注目してください。
ジャンプする時に、全く臀部の位置が変わらないことです。臀部が下がるなどの反動動作を使わず余分な動きがありません。
この体の使い方は、スタートの動作にも似ていますね。スタートが苦手な方は臀部から力が漏れているかもしれませんね。

●チェックポイントその2
《ジャンプする前の姿勢と着地した時の姿勢が同じ》~膝や股関節で力が漏れない~
通常、ジャンプして高さのある所から着地したら、体重を支えきれなくて膝が曲がり臀部も落ちてしまいます。

宮本選手は、ジャンプする前の姿勢と着地した時の姿勢が同じです。
なぜこのようなことが出来るか?
① 自分の一番強いポジションを知っている。
② 着地した時に、膝(大腿四頭筋)ではなく、臀部で力を受け止めている。
※0:08で動画を止めてくだい。真ん中のボックスで行っている選手の着地姿勢を見てください。背中が丸まっているため、臀部を使うことができず、膝で力が逃げています。
③ 接地の先取り動作をする。
→着地してから、支える(踏ん張る)のではなく、筋を予備緊張させておくことで、より大きな力を素早く発揮できます。

ボックスジャンプを行う前は、怪我をしないようにしっかりウオーミングアップしてから行ってください。
高さは、15cmくらいから徐々に高くしていきましょう。
ボックスがなくても段差があれば行えます。
是非、練習に取り入れてみてください。

この映像は「月間陸上競技」様の作品です。
**********************
【筆者】
飯田将之(イイダマサユキ)
元陸上競技選手(100m:10秒50 110mH:13秒73)
110mHの選手としてインターハイ、インカレで優勝。
早稲田大学卒業後はミズノの選手として活躍し、シンガポールオープン金メダルなどの実績を残す。
現在は7人制ラグビーに転向し、東京オリンピックを目指している。
**********************
走りの指導・ハードル指導も受付しています!興味のある方は、「ランニンコネクション」で検索!!!

  • 投稿者:飯田将之元ハードル選手:現ラグビー選手

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    リオ五輪において男子10000mで5位、男子マラソンでは...

    2016年08月26日

  • リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    リオへ向けて!ジーターもトレーニングを公開!

    カーメリタ・ジーターはアメリカの陸上短距離代表で100m...

    2016年04月13日

  • 今年こそ9秒台!?桐生祥秀の走りの変化とは!

    今年こそ9秒台!?桐生祥秀の走りの変化とは!

    先日、桐生祥秀選手(東洋大)が世界室内に出場し、惜しくも...

    2016年04月04日

  • 【世界最強の軌跡】引退を発表したキングオブアスリートの練習[アシュトン・イートン]

    【世界最強の軌跡】引退を発表したキングオブアスリートの練習[アシュトン・イートン]

    十種競技&七種競技世界記録保持者  世界室内優勝 世...

    2017年01月07日

  • 【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

    【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

    駅伝やトラックレースの名門、コニカミノルタの練習方法です...

    2016年10月03日

  • 【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

    【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

    今回は下り坂の走行の仕方と効果について紹介します! ...

    2016年10月24日

  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」

    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」

    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!こんなこと...

    2018年08月14日

  • フレキハードルランニング

    フレキハードルランニング

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • ボルト300mレース

    ボルト300mレース

  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣

    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣

  • エクスプローシブスタートとは?

    エクスプローシブスタートとは?

  • 冬季トレーニングについて

    冬季トレーニングについて

  • 【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

  • 200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

  • 【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

    【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ

  • 冬季トレーニング〜ハードルでカラ走り〜

    冬季トレーニング〜ハードルでカラ走り〜

  • ランニング基本のフォーム

    ランニング基本のフォーム

  • 瞬発力を鍛えよう!スクワット~ボックスジャンプ

    瞬発力を鍛えよう!スクワット~ボックスジャンプ

  • 室伏選手の筋力トレーニング

    室伏選手の筋力トレーニング

  • 20年以上破られない世界記録②

    20年以上破られない世界記録②

  • 慣れたらもうトレーニングじゃない!室伏広治のトレーニング理論

    慣れたらもうトレーニングじゃない!室伏広治のトレーニング理論

  • 鉄棒で体幹トレーニング25種目

    鉄棒で体幹トレーニング25種目

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    走る時に、前傾姿勢はしているけど腰が引けて「く...詳細
  • 【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    冬期練習に入り、身体作りを行っている方も多いと...詳細
  • 【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    今回はポステリアチェイン(背中~太もも裏側など...詳細
  • 【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    本格的に寒くなってきましたね! 練習前に...詳細
陸上競技
  • 【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    今回は全国大会で数多くの成績を残している岡崎城...詳細
  • 【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    来シーズンの記録やパフォーマンスを高めるために...詳細
  • トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    今回はジャマイカのアサファ・パウエル選手のハー...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    今回は背中の柔軟性が低下するリスクと背中の柔軟...詳細
  • 【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    今回は腰回り~臀部にかけて筋肉を伸ばすF4スト...詳細
  • 【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    今回は椅子に座ったまま出来る、お尻を伸ばすスト...詳細
  • 【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    今回は膝窩部(膝の裏側)をケアする方法を紹介い...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
  • 【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    マラソンシーズン到来! いよいよ寒くなってき...詳細
  • 疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    ストレッチやセルフマッサージ、睡眠などに気をつ...詳細
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved