• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

今回は加速力につながる膝の使い方を見ていきます。
陸上関係者の方はもちろんのことダッシュ力を高めたいと考えている陸上以外の方にも参考にしてほしい知識です。

さて、昨年の北京世界陸上において、前評判でボルトをおさえてスプリント種目の金メダルに最も近いといわれていたのがジャスティン・ガトリン(33歳,アメリカ)です。
昨年は前半シーズンの大会で、
100m:9秒74
200m:19秒57
というとんでもない自己ベストを出し、一気に注目の的となりました。

彼はレース前にあるモーションをすることで有名ですが、あれは自分を檻の中の猛獣に例えて、きついトレーニングに耐えてきた自分を檻から解放するというような意味が込められているようです。

今回はガトリン選手のスタートからのダッシュを見ていきましょう。
スタートの練習風景が映った貴重な動画です。

≪実はストライド走法!?≫
ガトリン選手の走りを想像していただきたいのですが、その特徴として地面を擦るようにして走ることです。
実際、他選手と比べても足があまり上がりません。

では、足を上げない分速く回しているのかといえば、答えはNOです。
ある研究ではガトリン選手は平均ストライド2.40m、ピッチは4.26Hzと報告されています。
ピッチ=1秒間に足が接地する回数で表される歩数頻度(stride frequency)なので、1秒間に4.26回転していることになります。
日本のトップスプリンターが4.7前後であることを考えると、ガトリン選手のピッチは非常に小さく、典型的なストライド走法であるといえます。

足をあまり上げない、つまり重力による足をおろす力を使わずに大きなストライドを出せるのが、ガトリン選手最大の特徴だといえます。
なぜこんなことが可能なのでしょうか?

≪ポイントは膝の角度とその持続時間≫
ここからは私の主観も入ってくるのでご承知おきください。
一つのポイントは、膝を曲げた状態で強い力を発揮できることだと思います。
速い選手は、加速中の地面を押す際に膝を曲げた状態のまま地面から足が離れます。
逆に地面を押すときに膝が伸びきってしまう人は力のメリハリができていないことが多くケガにもつながってしまいます。

ガトリン選手は走っているときに腰の位置が全く変わりません。
これは膝の曲げ伸ばしがなく、上下運動が起こっていないことを意味します。

「体験してみよう」
みなさんその場で片足立ちになってみてください。
そして支持脚の膝を少し曲げましょう。
その状態から地面を押して前に進んでみてください。
このとき膝の角度は変えないでくださいね。
できたでしょうか?


このように膝の曲げ伸ばしを使わずに地面に力を加えるのは意外に難しいんです。
これによってガトリン選手は力のロスを防いでいると考えます。

もう一つは、その持続時間です。
私自身ある程度までなら膝の角度維持のままでスピードを高めることができますが、スピードが上がってくるとどうしてもこらえられなくなってきます。
スピードが上がるにつれて接地時間がどんどん短くなるので、体をコントロールできなくなってしまうんです。
このとき、臀部(お尻)はもちろんのこと、腹筋周辺にもものすごい負荷がかかります。
普通は加速中に耐えられず体が起きてしまいます。

一方でガトリン選手はスタートからの動きと前傾姿勢を維持したままでそのまま中間疾走につなげています。
このように膝の角度を維持したままで長い時間維持できること、またそれを可能にした高いスピードにも対応できる体の強さを持っていることがガトリン選手の強みなのではないかと思います。


膝の角度に関しては、練習しないとなかなか身につきません。
できるようになりたい方は、ウエイトトレーニングやタイヤ引き、坂ダッシュの時に、膝の角度を固定して伸ばさないように意識して行ってみてください。


この動画は「なる さん」様の作品です。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5)
筑波大学出身。大学コーチとして就任後、1年で全員の自己ベストを更新。
オリンピック選手や代表レベルの選手からも高い支持を受けている。
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 下り坂での重心移動をマスター②

    下り坂での重心移動をマスター②

    前回の記事で3ポイントスタートを紹介しましたが、今日はそ...

    2015年06月01日

  • 【腕振り】なんのためにうごかすのか?

    【腕振り】なんのためにうごかすのか?

    【腕ふり】なんのために動かすのか 走る際に、それぞ...

    2016年05月09日

  • 【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング

    【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング

    100mで9秒72の記録を持ち、ウサインボルト選手ととも...

    2017年01月18日

  • 4継 2つのバトンパス方法

    4継 2つのバトンパス方法

    バトンパスを大きく分けると「オーバーハンドパス」「アンダ...

    2015年08月18日

  • パウエル スタート1歩目スロー映像

    パウエル スタート1歩目スロー映像

    元世界記録保持者パウエル選手のスタートの映像をスローモー...

    2015年09月24日

  • メディシンスタートダッシュ

    メディシンスタートダッシュ

    メディシンボールを使ったスタートダッシュの練習です。 ...

    2015年02月13日

  • 大きなストライドを獲得しよう!スティック走

    大きなストライドを獲得しよう!スティック走

    スティックラダーを用いたストライドを広げるためのスティッ...

    2015年12月24日

  • ロシアンツイスト

    ロシアンツイスト

  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!

    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!

  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?

    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?

  • ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

    ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

  • 60m世界歴代1〜10位 映像

    60m世界歴代1〜10位 映像

  • 桐生選手の織田記念を分析

    桐生選手の織田記念を分析

  • 下り坂での重心移動をマスター②

    下り坂での重心移動をマスター②

  • 陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

    陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

  • M・ファラーのトレーニング②

    M・ファラーのトレーニング②

  • 素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

    素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

  • 冬季練習に!スケボーでしなやかな動きを獲得する

    冬季練習に!スケボーでしなやかな動きを獲得する

  • これが日本一の男!砲丸投日本記録保持者のウエイト

    これが日本一の男!砲丸投日本記録保持者のウエイト

  • 【爆発的な跳躍に】ピストルスクワットで臀部を鍛える!

    【爆発的な跳躍に】ピストルスクワットで臀部を鍛える!

  • リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

    リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

  • 上ではなく前へ!坂道スピードバウンディング

    上ではなく前へ!坂道スピードバウンディング

  • 桐生のウエイトトレーニング①

    桐生のウエイトトレーニング①

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 体幹部の安定性強化!【ファーマーズウォーク】
    体幹部の安定性強化!【ファーマーズウォーク】
    今回は体幹部を鍛えるファーマーズウォークの紹介...詳細
  • 【下半身強化】シンプルだけど大切!スプリットスクワット
    【下半身強化】シンプルだけど大切!スプリットスクワット
    今回は下半身強化を狙ったスプリットスクワットの...詳細
  • 【可動域向上&安定性強化】動物のうごき!?アニマルトレーニング
    【可動域向上&安定性強化】動物のうごき!?アニマルトレーニング
    今回は動物のうごきを真似て、動物本来の関節の使...詳細
  • 【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げるトレーニング!グルトブリッジ
    【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げるトレーニング!グルトブリッジ
    スポーツにおいて臀部のパワーは、ダッシュや跳躍...詳細
陸上競技
  • トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】
    トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】
    男子十種競技の世界記録保持者アシュトン・イート...詳細
  • ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】
    ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】
    日に日に寒くなっていく今の季節。 ウォーミン...詳細
  • トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】
    トップ選手が行うサーキットトレーニング【アリソンフェリックス選手】
    アリソンフェリックスが2011年に行っていたサ...詳細
  • 【冬季トレーニングにおすすめ】体幹・肩甲骨周りの機能性を高める【サイドハンドウォーク】
    【冬季トレーニングにおすすめ】体幹・肩甲骨周りの機能性を高める【サイドハンドウォーク】
    今回は、動的に体幹から腕周りを強化できるトレー...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【肩甲骨をグイグイ動かす】セルフで出来る肩甲骨可動域向上エクササイズ!
    【肩甲骨をグイグイ動かす】セルフで出来る肩甲骨可動域向上エクササイズ!
    セルフで行える肩甲骨の可動域を向上させるエクサ...詳細
  • 【ランナーにオススメ!】足首を柔らかくするストレッチ
    【ランナーにオススメ!】足首を柔らかくするストレッチ
    今回は足首を柔らかくするためのストレッチ方法を...詳細
  • 【壁があればOK!】肩甲骨の動きを改善するウォールスライド
    【壁があればOK!】肩甲骨の動きを改善するウォールスライド
    今回は肩と肩甲骨の動きを改善するウォールスライ...詳細
  • 【足の疲れが抜けない方へ】足の甲の筋肉を伸ばすセルフストレッチ
    【足の疲れが抜けない方へ】足の甲の筋肉を伸ばすセルフストレッチ
    足の裏や足の甲は、走る、蹴る、泳ぐなど様々なス...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 補食のオススメポイントを紹介!【冬季はエネルギー不足に注意!】
    補食のオススメポイントを紹介!【冬季はエネルギー不足に注意!】
    冬季練習も中盤〜終盤に差し掛かり、エネルギー不...詳細
  • 【疲労感が抜けない…】トマトジュースで疲労回復!
    【疲労感が抜けない…】トマトジュースで疲労回復!
    日々トレーニングに励んでいるアスリートの方々の...詳細
  • 怪我には栄養面からのアプローチも大切!【疲労骨折を未然に防ぐ】
    怪我には栄養面からのアプローチも大切!【疲労骨折を未然に防ぐ】
    疲労骨折は同じ箇所に、衝撃が繰り返し加わること...詳細
  • エネルギーを効率よく使えるように!豚肉に含まれる【ビタミンB1】
    エネルギーを効率よく使えるように!豚肉に含まれる【ビタミンB1】
    これからの季節、練習量が増えてくると思います。...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【速報】全日本大学駅伝で神奈川大学が20年ぶり3度目の優勝
    【速報】全日本大学駅伝で神奈川大学が20年ぶり3度目の優勝
    本日愛知県〜三重県で行われた全日本学生駅伝神奈川大学が5時間12分49秒の記録で20年ぶり3度目の優勝を飾った。 コースは名古屋市熱田神宮西門前からスタートし、三重県伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前がゴー...詳細
  • ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】
    ウェイトトレーニングがユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響のリサーチ【私見とアドバイス】
    ”(ドイツ・ユースサッカー、U13、U15&U17) "二年間に渡るウェイトトレーニングがエリートレベルのユースサッカー選手のスプリントの速さに及ぼす影響。" ドイツで行われた、ウエイトトレー...詳細
  • 設楽悠太選手、ハーフマラソン日本新!【1時間00分17秒】
    設楽悠太選手、ハーフマラソン日本新!【1時間00分17秒】
    16日(土)チェコ・ウスティ ハーフマラソンにて設楽悠太選手(Honda)が1時間00分17秒の日本新記録で8位に入賞した。 この記録は従来の日本記録を8秒更新するタイムとなる。 8月の円...詳細
  • 【動画あり】桐生祥秀選手が日本人初の9秒台!【9秒98追い風1.8m】
    【動画あり】桐生祥秀選手が日本人初の9秒台!【9秒98追い風1.8m】
    【天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会】 全日本インカレ2日目 男子100m決勝が行われ、桐生祥秀選手(東洋大学)が日本新記録となる9秒98のタイムで優勝した。 今までの日本記録は、...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved