• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方

《運動前の静的ストレッチは本当にいけないのか?》 あまり知られていないアップにおけるストレッチの考え方

「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低下させる」
聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

「ちゃんとストレッチをしてから練習をしましょう」
という時代から、
「運動前は静的なストレッチではなく、動的なストレッチを行いましょう」
という考え方が一般的になってきました。

この根拠となっているものの一つが、
“60秒以上の静的ストレッチングはパフォーマンスを損なう”
とした研究です(Kayら、2012)。


しかし、ここで気になるのは60秒以内の短い静的ストレッチもパフォーマンスを損なうことにつながるのかどうか、ということです。


【6秒間の静的なストレッチは、筋出力を向上させる!】
これに関して、6秒間と30秒間の静的ストレッチがどう影響するのかを調べた研究が行われました。

その結果はなんと、
「伸張時間が6秒間では関節可動域は拡大しないものの筋出力は向上し,30秒間では関節可動域は拡大したものの筋出力は低下した。」(谷沢ら、2014)
というものでした。

つまり、30秒間じっくり一部分を伸ばすと筋出力が低下しパフォーマンスを下げることにつながるものの、6秒間であればむしろパフォーマンス向上につながるということです。


【運動前には動的なストレッチと短時間の静的ストレッチを組み合わせよう】
この分野ではまだそれほど研究は多くないため、これからも考え方は変わっていくことがあるかもしれません。
ただ、選手からすれば、どうしても動的なストレッチで刺激をかけにくい筋肉や神経系は存在します。

「運動前の静的ストレッチ=パフォーマンスを低下させるから禁止」
と安易に結論付けるのではなく、

・パフォーマンスを狙いたいとき=短い静的なストレッチと動的なストレッチを組み合わせる

・ケガを防ぎたい=30秒以上の静的なストレッチで筋出力を落としてでも可動域を確実に拡大する(その場合は練習での努力度をコントロールしましょう)

このように、目的に応じて静的ストレッチを使い分けていきましょう!

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • トレーニング前のウォームアップにおススメ!5分間ウォームアップ!

    トレーニング前のウォームアップにおススメ!5分間ウォームアップ!

    普段の練習や試合時などのウォーミングアップ時に使えるドリ...

    2016年06月13日

  • お腹&背中&お尻の脂肪を落とす!

    お腹&背中&お尻の脂肪を落とす!

    今回は誰でも簡単に出来るお腹と背中の脂肪を一緒に燃焼でき...

    2015年06月19日

  • 雨の日でも追い込める!タオルを使ったユニークなエクササイズ50!

    雨の日でも追い込める!タオルを使ったユニークなエクササイズ50!

    今回はタオルを使ったユニークなトレーニングを紹介していき...

    2017年05月13日

  • オーバン大学アメフト部の練習

    オーバン大学アメフト部の練習

    前回は、アメリカの大学の陸上競技部の練習風景をご覧いただ...

    2015年09月19日

  • 【速く走りたい向け】 ミニバンドトレーニング!

    【速く走りたい向け】 ミニバンドトレーニング!

    速く走りたい!陸上競技の選手だけでなく、「走るのが速い」...

    2016年06月13日

  • お腹痩せヨガダイエット

    お腹痩せヨガダイエット

    お腹、特に下腹部を痩せさせるためのヨガダイエットです! ...

    2015年06月01日

  • 多種類の腕立て伏せ

    多種類の腕立て伏せ

    多種類の腕立て伏せの紹介です。 腕立て伏せは通常は肩幅...

    2015年09月03日

  • ゆるぎない体幹を作れ!スーツケースデットリフト

    ゆるぎない体幹を作れ!スーツケースデットリフト

  • 【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操②【菊野克紀】

    【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操②【菊野克紀】

  • 【涼しくなると増えてくる】実はあなたもオーバートレーニングかも!?

    【涼しくなると増えてくる】実はあなたもオーバートレーニングかも!?

  • 全身の瞬発力を鍛え上げよう!【バネ&体幹&連動性】

    全身の瞬発力を鍛え上げよう!【バネ&体幹&連動性】

  • 大腰筋のトレーニング

    大腰筋のトレーニング

  • バーティカルペックデッキとは!?ジムにあるマシンを使って筋トレをしよう!

    バーティカルペックデッキとは!?ジムにあるマシンを使って筋トレをしよう!

  • ベストボディジャパンのようなキレイで格好いい身体に!アームカール

    ベストボディジャパンのようなキレイで格好いい身体に!アームカール

  • お待ちかね!今日の体幹トレーニングはこれ!

    お待ちかね!今日の体幹トレーニングはこれ!

  • ジャックナイフ腹筋

    ジャックナイフ腹筋

  • 【動的ストレッチにも◎】股関節と肩甲骨の連動性を高める【ワニウォーク】

    【動的ストレッチにも◎】股関節と肩甲骨の連動性を高める【ワニウォーク】

  • バリエショーション豊富!20種類以上の腹筋メニュー

    バリエショーション豊富!20種類以上の腹筋メニュー

  • アメリカンフットボール選手が行うアジリティ向上のトレーニング【基本編】

    アメリカンフットボール選手が行うアジリティ向上のトレーニング【基本編】

  • プランクにヒネリを加えて 「Plank twist プランクツイスト」

    プランクにヒネリを加えて 「Plank twist プランクツイスト」

  • NFL選手でも!地道なコアトレーニングを続けています

    NFL選手でも!地道なコアトレーニングを続けています

  • 【忙しいあなたへ】効率的に体を追い込む、タバタプロトコルとは?【基礎代謝UP】

    【忙しいあなたへ】効率的に体を追い込む、タバタプロトコルとは?【基礎代謝UP】

  • 四股踏みトレーニング

    四股踏みトレーニング

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    腰をもっと回して!腰のひねりを使って! ゴル...詳細
  • 【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    今回は股関節の可動域を向上させるハムストリング...詳細
  • 【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    爆発的な力を生み出すトレーニングに、クーリン・...詳細
  • 【臀部を中心とした背面筋群の強化】その場で行えるブリッジエクササイズ16種目!
    【臀部を中心とした背面筋群の強化】その場で行えるブリッジエクササイズ16種目!
    背面の筋群には背中や腰部、臀部、ハムストリング...詳細
陸上競技
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
  • 【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    ハードルまたぎを行う事で、上半身と下半身の連動...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved