• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

陸上競技をやっている方であれば、「バウンディング」について一度は聞いたことがあると思います。
この頃はラグビーなど多種目でも行われている風景を見ることが多くなりました。
ただ、この「バウンディング」については、あまりネットなどでも目的や方法がまとまっておらず、いろいろな論があります。
もちろんどれが正解ということはなく、それぞれの速くなるための目的にフィットさせられれば意義があると思います。
今回は、私が選手としてもしくは指導者として使っているバウンディングの目的とポイントについてまとめてみます。


走りの中では、唯一スピードの変化が起こるのは、足が地面に着いている接地中のみです。
両足が空中にあるときに、どれだけ頑張ってもスピードが速くなることはありません。
そのため、「接地をいかにうまく行い、スピードを高めるか」が最も大事な要素ともいえます。

ただし走りながら接地を意識したり改善することは簡単ではありません。
そんな中で、バウンディングは“走りに近い状態で接地を強調できる有効なトレーニング”なのです。

【イメージ】
動画では2本走った後でバウンディングを行っています。
このように助走をつけてから、ポンポンポンと一歩一歩を強調した動きになります。

【ポイント】
私は次のポイントに意識を置いています。
①スピードを落とさないこと
接地でブレーキをかけるような足の着き方をしてしまうと、どんどんスピードが落ちてしまいます。スピードを維持、もしくはさらに加速していくイメージを持ちましょう。
そのためには次のことをチェックしてみましょう。

‐フラットに接地する
 ⇒つま先から接地するとブレーキがかかりやすいです。
‐腕の振り込むタイミングを合わせる
 ⇒脚だけの動きになるとブレーキがかかります。接地に合わせて腕を振り込みましょう。
‐接地でのぶれをなくす
 ⇒接地の瞬間に足首やお腹の力が抜けていると、大きな力を制御できず無意識にブレーキをかけてしまいます。できれば接地の瞬間に力を入れる(体幹や各関節を固める)と高いスピードでも対応できます。

②股関節から大きな動きを引き出す
動画で分かるように腰の上下動はあまり起こっていません。股関節からしっかり動かすことで、このように上ではなく前への力に変えることができます。
そのためには次のことをチェックしてみましょう。

‐空中でももや膝の力を抜く
 ⇒力を空中で抜く瞬間を作らないと、股関節の動きが小さくなってしまいます。
‐股関節から脚を動かす
 ⇒膝から脚を上げたり下げたりすると腰が遅れやすくブレーキやそこからくる上下動につながってしまいます。
‐肩の力を入れすぎない
 ⇒よく肩に過度に力が入って、肩が上がったまま行う人がいますが、これも上下動の原因になります。手もうまくリズムを刻みながら振るように心がけましょう。


このようなポイントで普段の走りよりも強調して接地を練習することで、実際の走りでもより大きな推進力を得られるようになります。
もちろんこれ以外にもさまざまなバウンディングの方法があると思うので、今一度その目的やポイントを考えてみてください。
よければこの方法でも一度やってみてくださいね!

この動画は「AirpLaneRussell」様の作品です。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

    記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

    走り幅跳びはその名の通り、走と跳の融合であり、記録向上に...

    2016年09月01日

  • トータッチウォーク

    トータッチウォーク

    今回はクレーマージャパンがおすすめする、ウォーミングアッ...

    2015年10月26日

  • 福島千里 スタートダッシュ練習

    福島千里 スタートダッシュ練習

    【筆者】 窪田 望都 100m 10秒46 2...

    2015年04月06日

  • 最新トレーニング!アサファ・パウエル、2016年のはじまり

    最新トレーニング!アサファ・パウエル、2016年のはじまり

    先日の室内大会において圧倒的な勝利を収めたアサファ・パウ...

    2016年03月01日

  • 地味なトレーニングこそ王道!

    地味なトレーニングこそ王道!

    男子100mで10”01の記録を持つ桐生選手。 桐生選...

    2016年06月02日

  • 短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

    短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

    アリソンフェリックスが2011年に行っていたサーキットト...

    2016年03月01日

  • 【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~

    【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~

    これからシーズンへ向けてスピード種目の練習を行っているア...

    2017年04月02日

  • 心拍数を管理しよう!

    心拍数を管理しよう!

  • 普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

    普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

  • メディシンでもも上げトレ

    メディシンでもも上げトレ

  • ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

    ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

  • リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

    リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

  • ステファンホルムのジャンプ力

    ステファンホルムのジャンプ力

  • 陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

    陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

  • フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

    フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

  • Qちゃんが教える走り方【後編】

    Qちゃんが教える走り方【後編】

  • 強豪校のコアトレーニング

    強豪校のコアトレーニング

  • スプリント ピッチトレーニング

    スプリント ピッチトレーニング

  • 【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

    【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

  • スタート練習〜片手スタート〜

    スタート練習〜片手スタート〜

  • 大きなストライドを獲得しよう!スティック走

    大きなストライドを獲得しよう!スティック走

  • 世界室内選手権から見るスタートの極意

    世界室内選手権から見るスタートの極意

  • 走高跳選手のシャフトスキップ

    走高跳選手のシャフトスキップ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    【胸椎の可動域を高める】回旋動作向上・腰痛予防にも
    腰をもっと回して!腰のひねりを使って! ゴル...詳細
  • 【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    【股関節の可動域UP】ハムストリングスのストレッチに!「アクティブストレートレッグレイズ」
    今回は股関節の可動域を向上させるハムストリング...詳細
  • 【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    【股関節を意識した瞬発力を高めるトレーニング】ハイプル
    爆発的な力を生み出すトレーニングに、クーリン・...詳細
  • 【臀部を中心とした背面筋群の強化】その場で行えるブリッジエクササイズ16種目!
    【臀部を中心とした背面筋群の強化】その場で行えるブリッジエクササイズ16種目!
    背面の筋群には背中や腰部、臀部、ハムストリング...詳細
陸上競技
  • 【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    【一流選手から学ぶ】110mHでの記録を伸ばす秘訣
    陸上競技の110mHは、高さ106.7cmのハ...詳細
  • 【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    【マーカー走でピッチを高めてスピードUP】
    速く走るには、脚の回転数(ピッチ)×1歩の大き...詳細
  • 【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    【股関節周辺&体幹部の強化】上半身~下半身を連動させて行う「骨盤歩き」
    今回は「骨盤歩き」について紹介いたします。 ...詳細
  • 【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    【重心移動を身につける】ハードルまたぎ
    ハードルまたぎを行う事で、上半身と下半身の連動...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    【夜寝る前におすすめ!】呼吸を整えて睡眠の質を上げる「夜ヨガ」
    アスリートにとって、睡眠の質と練習の質は繋がっ...詳細
  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」
    5月に入り気温が高い日も多くなってきましたね。...詳細
  • 【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    【ながらでもOK!】股関節&内転筋をしっかり伸ばすストレッチ
    今回は手軽にできる股関節と内転筋のストレッチを...詳細
  • 【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    【練習前に股関節可動域を拡げよう!】アップにおすすめしたい動的エクササイズ
    今回は股関節の可動域を拡げ、動きの質を上げるこ...詳細
サッカー
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
  • 【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    【消化・吸収を促すために!】食事中の「咀嚼」を意識的に行うことの重要性
    パフォーマンス向上や疲労回復を促すためには、ト...詳細
  • 【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    【アスリート視点】牛肉・豚肉・鶏肉を摂取するメリット!
    お肉といっても種類はたくさんあります。 タン...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細
  • パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    パフォーマンスにつながる知識【肩甲骨の6つの動きを理解する】
    今回は肩甲骨の動きの解説を動画を参照に紹介します。 こういった体の動きを理解することで、練習やトレーニングの質が向上します。 自分の動きに理由を持たせましょう! それでは肩甲骨の解説です。 ...詳細
  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える
    新生活には慣れましたか?4月は、新しい環境や季節の変わり目で、気温の変化が大きい季節。体にも負担がかかり、自律神経が乱れたりして、体調を崩しやすくなります。 自分の気づかない間にストレスを溜め込んでし...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved