• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ

6月に入り、気温もどんどん高まってきました。
暑いなー、ジメジメするなーと日々感じますが夏の暑さはこれからが本番。
炎天下の練習をやった後のアイシングは最高に気持ちいいですよね。

練習後にケアとして行うアイシングでは、「運動時に損傷した筋肉や組織を冷やし、血流を制限する」ことで筋肉の回復を早める役割があります。
運動では非常に軽微ながらも筋肉や組織が損傷が入ります。
筋肉痛などもそれによって引き起こされます。
日々の練習で起こるその炎症を抑えることで、回復を早めることができます。

また、他にも「神経の興奮の鎮静化やむくみの軽減」など様々な効果があるために練習後のアイシングが良いとされています。


アイシングの簡単な方法としては、以下のような方法があります。
・ホースや蛇口から水をかける
・氷のうや保冷剤を当てる
・大きいバケツやプールなどに入る

○冷やす時間は?
3~15分程度が目安です。
長時間冷やすことはあまりお勧め出来ません。
血流を阻害してしまったり、凍傷などの可能性もありますので注意しましょう。

○冷やす場所は?
筋肉を直接冷やすのもいいのですが、血管を冷やすことでより効果的にアイシングを行うことが出来ます。
関節、特に血管に近い部分を冷やしましょう。

具体的には以下のような場所があります。
・手首
・足首
・鼠蹊部(股関節)
・ひざ裏
・腋窩(脇の下)
・後頭部
・足裏


自身のパフォーマンスを高めるために、日々のケアは非常に大切です。
是非練習後に取り入れてみてください!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • アメリカの水泳サイト”Faster Swimming”オススメのコアトレーニング

    アメリカの水泳サイト”Faster Swimming”オススメのコアトレーニング

    これは、アメリカのFster Swimmingという水泳...

    2016年09月10日

  • 肩甲骨の柔軟性アップ体操

    肩甲骨の柔軟性アップ体操

    前回は武井さんの映像で肩甲骨の柔らかさの重要性を解説しま...

    2015年05月04日

  • バンザイ体操

    バンザイ体操

    ランニングや激しい運動は苦手だけど、ダイエットや健康の為...

    2015年08月24日

  • 【上級編】股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その3

    【上級編】股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その3

    こんにちは、PRPの佐々木です。 今回は大腿(もも)の...

    2016年04月07日

  • 世界一キツイ腹筋?

    世界一キツイ腹筋?

    スポーツ選手だけでなく一般の方も割れた腹筋は手に入れたい...

    2015年03月17日

  • 【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング

    【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング

    昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープン(ウイン...

    2017年07月17日

  • 99%以上の人が出来ない動き

    99%以上の人が出来ない動き

    動画の解説によれば、古武術的な動きだそうで99%以上の人...

    2015年04月07日

  • 【ダイエット】ヒップアップ

    【ダイエット】ヒップアップ

  • あなたは○○胚葉型?筋トレする前に自分の体型を知ろう!

    あなたは○○胚葉型?筋トレする前に自分の体型を知ろう!

  • 最大酸素摂取量の計測

    最大酸素摂取量の計測

  • 日用品で背中の筋肉トレーニング

    日用品で背中の筋肉トレーニング

  • 【外力に負けない体を作る】反回転トレーニング その②

    【外力に負けない体を作る】反回転トレーニング その②

  • ワイドスクワットの効果

    ワイドスクワットの効果

  • 【アメリカ大学フットボール】 昨年優勝したClemsonのトレーニング

    【アメリカ大学フットボール】 昨年優勝したClemsonのトレーニング

  • 【ウエイトトレーニングの前に必ず!】股関節から動かすヒップヒンジを習得しよう!

    【ウエイトトレーニングの前に必ず!】股関節から動かすヒップヒンジを習得しよう!

  • 長引く疲労やケガはこれが原因かも?骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

    長引く疲労やケガはこれが原因かも?骨盤の傾きを治すセルフ・ケア

  • 女子バレー日本代表のアップ

    女子バレー日本代表のアップ

  • 最強の腹筋!?

    最強の腹筋!?

  • 跳び箱世界記録24段

    跳び箱世界記録24段

  • 挑戦!全て出来たら究極の肉体!

    挑戦!全て出来たら究極の肉体!

  • レッドコードで腸腰筋強化!

    レッドコードで腸腰筋強化!

  • パワーロープトレーニング

    パワーロープトレーニング

  • 空手トレーニングでスピードUP

    空手トレーニングでスピードUP

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【腰背部強化】マシン器具を使わずに背中を鍛える自重トレーニング!
    【腰背部強化】マシン器具を使わずに背中を鍛える自重トレーニング!
    今回は背中を鍛える3つの自重トレーニングを紹介...詳細
  • 【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げよう!【グルトブリッジ】
    【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げよう!【グルトブリッジ】
    スポーツにおいて臀部のパワーは、ダッシュや跳躍...詳細
  • NFL選手が行うスピード&パワーアップエクササイズ【6種目】
    NFL選手が行うスピード&パワーアップエクササイズ【6種目】
    今回はNFL選手が実際に行っているエクササイズ...詳細
  • 【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】
    【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】
    今回は全身を使ったジャンプトレーニングを紹介し...詳細
陸上競技
  • 【至近距離から見る】トップスプリンターたちの100m!
    【至近距離から見る】トップスプリンターたちの100m!
    陸上短距離の世界トップ選手のレース映像集です。...詳細
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
ケガ・ストレッチ
  • ストレッチに苦手意識を持っている方にもオススメ!【骨盤ストレッチ】
    ストレッチに苦手意識を持っている方にもオススメ!【骨盤ストレッチ】
    ストレッチに苦手意識を持っている方、いらっしゃ...詳細
  • 【上位交差性症候群】猫背姿勢が走動作に悪影響を及ぼす3つのデメリットとは?
    【上位交差性症候群】猫背姿勢が走動作に悪影響を及ぼす3つのデメリットとは?
    デスクワークやスマートフォンなど、気が付いたら...詳細
  • 【動きにくいと感じる方へ】ハムストリングスのPNFストレッチ【柔軟性・可動域アップ】
    【動きにくいと感じる方へ】ハムストリングスのPNFストレッチ【柔軟性・可動域アップ】
    今回はトップアスリートたちの多くがストレッチで...詳細
  • 【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】
    【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】
    今回は骨盤周辺を上手に使えるようにするためのア...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • 【アスリートにおすすめ野菜シリーズ】第一弾はブロッコリー!【疲労回復&筋肥大】
    【アスリートにおすすめ野菜シリーズ】第一弾はブロッコリー!【疲労回復&筋肥大】
    調理も簡単で、外食でもサラダバーでよく見かける...詳細
  • 【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品④「サラダチキン」
    【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品④「サラダチキン」
    コンビニで栄養補給シリーズ第四弾は「サラダチキ...詳細
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]
    世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]
    陸上の世界選手権9日目、男子4×100メートル決勝が行われ、日本チームが38秒04のタイムで走り、銅メダルを獲得した。 走順は 1走 多田修平選手 2走 飯塚翔太選手 3走 桐生祥秀選手 4...詳細
  • 【ボルト越えの史上最年少記録!】18歳サニブラウンが200mで決勝進出!![動画・解説]
    【ボルト越えの史上最年少記録!】18歳サニブラウンが200mで決勝進出!![動画・解説]
    陸上の世界選手権6日目、男子200メートル準決勝が行われ、サニブラウン・ハキーム選手が見事決勝進出を果たした。 0.3mの向かい風の中、20秒43で2組2着となり着順で準決勝を通過した。 決勝進出...詳細
  • 【伝説ボルト最後の100m】ガトリンが接戦制し金、ボルト銅[動画・解説]
    【伝説ボルト最後の100m】ガトリンが接戦制し金、ボルト銅[動画・解説]
    ロンドンで行われている世界陸上2日目は、100mの男子決勝が行われた。 残念ながら、日本人3選手(ケンブリッジ選手・多田選手・サニブラウン選手)は準決勝で敗れてしまったものの、ボルト選手がこの大会を...詳細
  • 【世界陸上】史上初!日本勢3選手全員が準決勝進出【男子100m】
    【世界陸上】史上初!日本勢3選手全員が準決勝進出【男子100m】
    世界陸上ロンドン大会が4日に開幕。 男子100メートル予選には、日本から多田修平選手、ケンブリッジ飛鳥選手、サニブラウン・ハキーム選手の3人が出場した。 各組3着と3着以降タイム上位6名が準決勝に...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved