• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【スポーツで気をつけたい】足がつる3つの原因

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【スポーツで気をつけたい】足がつる3つの原因
あのアミノバイタルがプロテインに!?

【スポーツで気をつけたい】足がつる3つの原因

運動をしている最中に足がつってしまった経験はありませんか?
一番多い箇所は「ふくらはぎ」です。ふくらはぎが頻繁につる現象を「こむら返り」と呼びます。
足がつるということは、身体からの危険サインであり、肉離れなどのケガにもつながります。また、試合中につってしまうとパフォーマンスは一気に低下してしまいます。
つってしまうのには以下の原因が考えられます。

【1.筋肉疲労】
筋肉を酷使し続けると、身体と同じで筋肉も疲労します。筋肉が極度の疲労状態になると、神経が反乱を起こします。極度の疲労の中でも、パフォーマンスを発揮しようとすると神経が乱れ反射としてつることがあります。。

【2.ミネラル不足】
これからの季節では、特に注意しなければなりません。夏場に足をつっている選手の姿を良くみかけます。これは、発汗によってミネラルが身体から抜けてしまうと、身体の機能が異常を起こし、つります。脱水症状の可能性も高いので気を付けましょう。

【3.血行不良】
身体が冷えていたり血行が悪かったりすると筋肉は収縮します。その状態でいきなり運動をすると筋肉が対応できずに足がつります。寝ている時に足がつってしまうのは血行不良が一番の原因です。

これら3つの要因は、それぞれが関連しています。
例えば、試合中に足がつってしまう際に多いのはこんなケースです。
気温も湿度も高く発汗量が多い日に水分摂取が足りていない状態。暑いからウォーミングアップは軽めに行ったとします。その状態で、試合に出場し、高いパフォーマンスを発揮しようとした時に筋肉が反応できずにつることがあります。
また、連戦やタイトな練習を続けて筋肉疲労が溜まっている状態で試合に出場しても同じことが想定されます。3つの要因が関連していることが分かります。

これから冬になりますが、知らず知らずのうちにミネラルが身体から抜けたり、身体が十分に温まっていない状態で運動することで筋肉が対応できない可能性が高まるので、特に注意していきましょう!

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • おしりのストレッチ

    おしりのストレッチ

    おしりのストレッチです。映像では左おしりのストレッチをし...

    2015年02月11日

  • 筋膜ってなんなの?〜体のケアで知っておきたいこと

    筋膜ってなんなの?〜体のケアで知っておきたいこと

    人体にはまだわからないことも多く、これだ!と思われていた...

    2016年09月15日

  • ランニングパフォーマンスUP!

    ランニングパフォーマンスUP!

    テーピングは一般的にケガの防止や違和感があるときのサポー...

    2015年05月06日

  • 【腰痛改善ストレッチ】原因は腰とは限らない!

    【腰痛改善ストレッチ】原因は腰とは限らない!

    スポーツ選手で、腰に痛みを抱えている人はとても多いです。...

    2017年01月12日

  • 【試合の疲労を早く回復させるために】試合後に行いたい5つの方法

    【試合の疲労を早く回復させるために】試合後に行いたい5つの方法

    皆さん、試合後の疲労回復をどのような方法で行っていますか...

    2017年05月14日

  • 【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ

    【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ

    試合前などに自身のパフォーマンスをしっかりと発揮するため...

    2017年06月09日

  • 腰部の回旋を意識したストレッチ【リバーストランクツイスト】

    腰部の回旋を意識したストレッチ【リバーストランクツイスト】

    腰部をほぐすストレッチをご紹介します! 多くのスポーツ...

    2017年02月18日

  • 疲れが溜まりやすい臀部をピンポイントにストレッチ【腰痛にも◎】

    疲れが溜まりやすい臀部をピンポイントにストレッチ【腰痛にも◎】

  • ボールを使ったセルフマッサージ

    ボールを使ったセルフマッサージ

  • W-upにおススメ!体幹(腰回り)を柔らかくするエクササイズ

    W-upにおススメ!体幹(腰回り)を柔らかくするエクササイズ

  • ハムストリングの肉離れ予防に!お尻をチェック!

    ハムストリングの肉離れ予防に!お尻をチェック!

  • 【怪我予防&パフォーマンス向上!】大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

    【怪我予防&パフォーマンス向上!】大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

  • 肩甲骨の柔軟性を高める!「ローテーターカフストレッチ」

    肩甲骨の柔軟性を高める!「ローテーターカフストレッチ」

  • セルフケアは大切!自分で足の甲をストレッチしよう!

    セルフケアは大切!自分で足の甲をストレッチしよう!

  • 前脛骨筋(スネの前側)をほぐす

    前脛骨筋(スネの前側)をほぐす

  • 首と肩のストレッチ

    首と肩のストレッチ

  • 【ストレッチ】ハムストリングス&カーフに効かせる!

    【ストレッチ】ハムストリングス&カーフに効かせる!

  • この時期起きやすい!ハムストリングス肉離れの予防トレーニング

    この時期起きやすい!ハムストリングス肉離れの予防トレーニング

  • ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

    ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

  • 足がつる…筋肉疲労と水分・栄養不足の疑いアリ!

    足がつる…筋肉疲労と水分・栄養不足の疑いアリ!

  • 【簡単】短時間でハムストリングをほぐそう!【柔軟性アップストレッチ】

    【簡単】短時間でハムストリングをほぐそう!【柔軟性アップストレッチ】

  • 不眠症を解消しよう!解消ストレッチ

    不眠症を解消しよう!解消ストレッチ

  • 【コンディション調整術】起床時の脈拍数で体調をコントロール!

    【コンディション調整術】起床時の脈拍数で体調をコントロール!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【スプリント能力の向上】足が流れてしまう方は必見!「シザースドリル」
    【スプリント能力の向上】足が流れてしまう方は必見!「シザースドリル」
    足が流れるといった表現を聞いたことはありますか...詳細
  • 【アスリート向けサイドランジ】脚力・体幹強化&股関節可動域UP
    【アスリート向けサイドランジ】脚力・体幹強化&股関節可動域UP
    今回は、アスリート向けサイドランジを紹介します...詳細
  • 【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    【骨盤をあやつる】感覚を研ぎ澄まし、身体の声を聞く!
    今回、骨盤を操作するトレーングを紹介します。ス...詳細
  • 【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    【腸腰筋を鍛えて足を速くする】初心者からアスリートまで!
    今回は、腸腰筋を鍛えるトレーニングを紹介します...詳細
陸上競技
  • 【スプリント能力の向上】足が流れてしまう方は必見!「シザースドリル」
    【スプリント能力の向上】足が流れてしまう方は必見!「シザースドリル」
    足が流れるといった表現を聞いたことはありますか...詳細
  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる
    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さ...詳細
  • 【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    【走る前に、これだけはやってほしい】動き作り4種類
    忙しくて時間がない、雨が降っていて地面が濡れて...詳細
  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング
    今回は、全身を使って行う片脚ジャンプを紹介しま...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    肩甲骨可動域を広げるエクササイズ【ケア&パフォーマンスアップに!】
    今回は肩甲骨の可動域を広げるエクササイズを紹介...詳細
  • 【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック
    みなさんはお風呂屋さんなどで、足つぼマッサージ...詳細
  • 皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。今年...詳細
  • 1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    1分で巻けるシンスプリントのテーピング
    強度の高い練習をした後や、硬い地面を走った後な...詳細
サッカー
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
栄養・食事
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
  • 【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    【疲労回復&筋量アップ】ローストビーフの栄養効果と作り方について
    今回はローストビーフの栄養と作り方について紹介...詳細
  • 【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    【疲労回復やストレスを軽減する栄養素】タウリンについて
    体が疲れたとき、元気を出したいとき、体調がすぐ...詳細
  • 【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    【運動効果を高めるおすすめの食事】目的別に分けて紹介!
    食事は運動で疲れた体を回復させたり、体の材料や...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【100mアジアタイ記録!】中国の蘇炳添選手が9.91の好記録
    【100mアジアタイ記録!】中国の蘇炳添選手が9.91の好記録
    スペイン・マドリードで行われた「Meeting de Madrid」で、中国の蘇炳添選手が9.91(+0.2m)のアジアタイ記録・中国新記録となるタイムで優勝しました。 中国は先日謝震業選手が9.9...詳細
  • ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    ピークパフォーマンスを発揮するために必要なこと【研究で示された8つの心理的条件】
    選手の皆さん、試合でハイパフォーマンスを発揮するために、試合前は何を意識して過ごしていますか? 試合前1~2週間は特に体に気を使い、コンディションを抜群にして試合に臨んでいることと思います。 ...詳細
  • ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    ボストンマラソンで川内優輝選手が優勝!
    16日 アメリカ マサチューセッツ州ボストンで行われた、第122回ボストンマラソンにて川内優輝選手(埼玉県庁)が日本勢31年ぶりとなる優勝を果たした。 ゴールタイムは2時間15分58秒。 気温...詳細
  • 【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】
    【足指ケアで走りが変わる?!】 今回は足の指を使えるようになるケアを紹介していきます。皆さんは、走る前にストレッチ、体幹トレーニングしますよね。足の指は、どうですか? 私は、走る前に準備運動として...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved