• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

インターハイ2016年・2015年 総合優勝。
先日のリオオリンピックでリレー銀メダルを獲得した桐生選手をはじめとする多数のトップアスリートを輩出している名門洛南高校が行っている練習をご紹介します。

今回は、バウンディングです。
最大スピードを高めるために有効とされているのが、このバウンディングです。
ただ、洛南高校が行うこのバウンディングは一般的に行われているものとは少し異なるのでその点を考察してみたいと思います。

「かかとから入り、上への意識」
よくバウンディングでは、前にできるだけ大きく跳ぶことや、スピードが意識されますが、ここでは一歩の距離を決めて、鉛直方向(上)への意識で行っています。
私が思うこのバウンディングのメリットと意識したいことは3つです。

①足がつぶれない
動画では選手の足が全くつぶれていません。あれくらい上に跳ぶと普通は衝撃に耐えきれず足がつぶれ(膝が抜けつようなイメージ))、連続でジャンプできません。
この練習から、最も衝撃をうまく耐えながら次への動作につなげる体の使い方を身に着けることができると思います。
これによってトップスピードのときでもしっかりと力をコントロールして、高いスピードにつなげることができます。

②筋肉で跳ばない
動画では選手は筋肉で跳んでいません。よくボールが跳ね返るように、というジャンプのイメージが言われますが、まさにそんな感じです。
これは地面に加えた力が外に抜けることなくしっかりと返ってきている証拠です。
速く走るためには、このように筋肉で走るのではなく、筋肉を使わなくても力が効率的に伝達するような体の各関節や骨のポジション、適切な筋肉の脱力が重要だと思うので意識して取り組みたいですね。

③接地でのアクセント
動画では選手は接地の瞬間で腕とリード足を勢いよく振り込んでいます。
この瞬間的なアクセントが大きな力と連続運動を生み出します。
体が空中にあるときはどんなにじたばたしても加速はしません。
加速するのは地面に足がついて力を加えているときだけです。
なので、この接地に合わせたアクセントは、接地時間を短くしたり大きな力を推進力に変えるために非常に重要です。


どんな練習も何をやるか以上に「何を意識してそれを行うか」がとても重要です。
もちろん他にもたくさんの要素がありますが、よかったら3つを意識して動画を見たり練習に取り入れたりしてみてください。

この動画は「tandhnet」様のDVDサンプルです。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

    スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

    今回は、トップスピードに上げていく走動作の中の(ストライ...

    2016年09月25日

  • 強豪校のコアトレーニング

    強豪校のコアトレーニング

    今回は高校陸上界の強豪校、埼玉栄高校で行われているコアト...

    2015年10月04日

  • アリソンのトレーニング②

    アリソンのトレーニング②

    アリソン・フェリックス選手のトレーニング第2弾! ...

    2015年10月26日

  • フォームを直すコツは“動画”

    フォームを直すコツは“動画”

    「うちの子はフォームが悪いんです・・・」 「もっとフォ...

    2015年03月03日

  • ラダーを上手く使おう!スラロームジャンプ

    ラダーを上手く使おう!スラロームジャンプ

    陸上やサッカーのトレーニングによく使われるラダートレーニ...

    2015年11月24日

  • スロートレーニングで低回数で高効果のトレーニング!中殿筋を鍛える!

    スロートレーニングで低回数で高効果のトレーニング!中殿筋を鍛える!

    今回はランナーの方は必見ですが、身体を鍛えたい方や健康維...

    2016年04月28日

  • 【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

    【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

    オリンピック直前の、山梨県で行われた国内最終合宿。 ...

    2016年08月06日

  • スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

    スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

  • 長距離にオススメ下半身トレ

    長距離にオススメ下半身トレ

  • 足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

    足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

  • みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

    みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

  • アジリティディスクスクワット

    アジリティディスクスクワット

  • 腕振りの修正方法

    腕振りの修正方法

  • 【驚異のピッチ】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング

    【驚異のピッチ】オリンピアン土井杏南選手が行う高速ステップトレーニング

  • どこまで伸ばせる!?距離が長めのハードルジャンプに挑戦!

    どこまで伸ばせる!?距離が長めのハードルジャンプに挑戦!

  • 【爆発力を身につける】臀部の強化トレーニング「グルトブリッジ」

    【爆発力を身につける】臀部の強化トレーニング「グルトブリッジ」

  • 【走幅跳・三段跳】着地練習

    【走幅跳・三段跳】着地練習

  • ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

    ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

  • ヨハン・ブレイク   150m

    ヨハン・ブレイク 150m

  • エクスプローシブスタートとは?

    エクスプローシブスタートとは?

  • 日本最速!?桐生祥秀のスピードバウンディング!

    日本最速!?桐生祥秀のスピードバウンディング!

  • オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

  • ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

    ガトリン選手に学ぶ、爆発的加速を生み出す膝の使い方!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • 【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    今回は体幹部を強化する「ハードロール」について...詳細
  • 【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープ...詳細
  • 胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    今回は、胸椎回旋エクササイズの紹介です。 ...詳細
陸上競技
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【肩甲骨周りの柔軟性を高める】ローテーターカフストレッチ
    【肩甲骨周りの柔軟性を高める】ローテーターカフストレッチ
    肩甲骨の柔軟性を高めるストレッチ「ローテーター...詳細
  • 【試合に最高の状態で臨むために】試合前1週間で意識したいこと「練習・栄養・私生活」
    【試合に最高の状態で臨むために】試合前1週間で意識したいこと「練習・栄養・私生活」
    試合直前の数日は期待や緊張で、なんともいえない...詳細
  • 【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    ランニング中に膝に違和感がある… 膝が抜けて...詳細
  • 【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    臀筋のストレッチやケア方法は数多くの種類があり...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    いよいよ梅雨も明け夏本番の陽気ですね。 様々なスポーツも活気づいて来る時期ですが、今の時期に気をつけたいのは【熱中症】です。 強い日差し、高い気温に湿度と熱中症にかかりやすい条件が揃い危険...詳細
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved