• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

インターハイ2016年・2015年 総合優勝。
先日のリオオリンピックでリレー銀メダルを獲得した桐生選手をはじめとする多数のトップアスリートを輩出している名門洛南高校が行っている練習をご紹介します。

今回は、バウンディングです。
最大スピードを高めるために有効とされているのが、このバウンディングです。
ただ、洛南高校が行うこのバウンディングは一般的に行われているものとは少し異なるのでその点を考察してみたいと思います。

「かかとから入り、上への意識」
よくバウンディングでは、前にできるだけ大きく跳ぶことや、スピードが意識されますが、ここでは一歩の距離を決めて、鉛直方向(上)への意識で行っています。
私が思うこのバウンディングのメリットと意識したいことは3つです。

①足がつぶれない
動画では選手の足が全くつぶれていません。あれくらい上に跳ぶと普通は衝撃に耐えきれず足がつぶれ(膝が抜けつようなイメージ))、連続でジャンプできません。
この練習から、最も衝撃をうまく耐えながら次への動作につなげる体の使い方を身に着けることができると思います。
これによってトップスピードのときでもしっかりと力をコントロールして、高いスピードにつなげることができます。

②筋肉で跳ばない
動画では選手は筋肉で跳んでいません。よくボールが跳ね返るように、というジャンプのイメージが言われますが、まさにそんな感じです。
これは地面に加えた力が外に抜けることなくしっかりと返ってきている証拠です。
速く走るためには、このように筋肉で走るのではなく、筋肉を使わなくても力が効率的に伝達するような体の各関節や骨のポジション、適切な筋肉の脱力が重要だと思うので意識して取り組みたいですね。

③接地でのアクセント
動画では選手は接地の瞬間で腕とリード足を勢いよく振り込んでいます。
この瞬間的なアクセントが大きな力と連続運動を生み出します。
体が空中にあるときはどんなにじたばたしても加速はしません。
加速するのは地面に足がついて力を加えているときだけです。
なので、この接地に合わせたアクセントは、接地時間を短くしたり大きな力を推進力に変えるために非常に重要です。


どんな練習も何をやるか以上に「何を意識してそれを行うか」がとても重要です。
もちろん他にもたくさんの要素がありますが、よかったら3つを意識して動画を見たり練習に取り入れたりしてみてください。

この動画は「tandhnet」様のDVDサンプルです。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    福井県陸上競技場リニューアルメモリアルセレモニーにおいて...

    2016年06月06日

  • その場ボックスジャンプで重心移動もマスターしよう!

    その場ボックスジャンプで重心移動もマスターしよう!

    ボックスの昇り降り連続ジャンプです。 やり方と注意点、...

    2016年02月11日

  • 朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

    朝原宣治選手VS吉田光一郎選手

    吉田光一郎さんの現役の頃のレース動画を紹介いたします。 ...

    2015年04月07日

  • 強豪校のハードルトレーニング

    強豪校のハードルトレーニング

    高校陸上界の強豪校、埼玉栄高校が行っているハードルを用い...

    2015年10月27日

  • 片足ホッピング

    片足ホッピング

    プライオメトリックトレーニングを行う事で、下半身の最大筋...

    2015年09月26日

  • まだまだ見せます!パウエルのウエイトトレーニング!

    まだまだ見せます!パウエルのウエイトトレーニング!

    アサファ・パウエルは100m9秒72・200mは19秒9...

    2016年03月10日

  • 階段ダッシュの効果とは?

    階段ダッシュの効果とは?

    階段ダッシュは、たくさんの方がトレーニングで行った経験が...

    2015年06月21日

  • ミニハードルで接地時間を短く!ハードルジャンプ

    ミニハードルで接地時間を短く!ハードルジャンプ

  • 片足ホッピング

    片足ホッピング

  • ルイジアナ州立大学陸上部!

    ルイジアナ州立大学陸上部!

  • 山縣選手 コーナーSD解説

    山縣選手 コーナーSD解説

  • ボルトの補強を覗く

    ボルトの補強を覗く

  • ボルトの人生を変えたレース!世界ジュニア200m決勝

    ボルトの人生を変えたレース!世界ジュニア200m決勝

  • フライングしないフォームの習得

    フライングしないフォームの習得

  • 高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

  • 素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

    素早いランジをしてみよう!ランジトレーニング

  • ケニア人選手の練習風景

    ケニア人選手の練習風景

  • ホッピングの脚さばきが身につくトレーニング!

    ホッピングの脚さばきが身につくトレーニング!

  • Qちゃんが教える走り方【前編】

    Qちゃんが教える走り方【前編】

  • スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

    スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

  • 強豪校のハードルトレーニング

    強豪校のハードルトレーニング

  • カーリン・アイルズから学ぶ!速く走る動かし方!

    カーリン・アイルズから学ぶ!速く走る動かし方!

  • 【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

    【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング
    【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング
    100mで9秒72の記録を持ち、ウサインボルト...詳細
  • 全身の爆発力を高めよう!プライオメトリクストレーニング【30種目&コツ】
    全身の爆発力を高めよう!プライオメトリクストレーニング【30種目&コツ】
    今回は動きの中で爆発的な強さを出すための30種...詳細
  • 3種類のステップアップ[=スプリントにつなげるための大殿筋トレーニング]
    3種類のステップアップ[=スプリントにつなげるための大殿筋トレーニング]
    こんにちは。 アスレティックトレーナーの佐々...詳細
  • 【毎日の補強に!】NFL選手が行うコア強化サーキット
    【毎日の補強に!】NFL選手が行うコア強化サーキット
    NFL選手によるコアトレーニングサーキットの紹...詳細
陸上競技
  • 【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング
    【アサファパウエル選手に学ぶ】爆発的なスタートにつながるウエイトトレーニング
    100mで9秒72の記録を持ち、ウサインボルト...詳細
  • 【短距離選手向け】速く走るためのスプリントドリル『スキップ』
    【短距離選手向け】速く走るためのスプリントドリル『スキップ』
    速く走るためには、地面を蹴ることで地面からの反...詳細
  • 【世界最強の軌跡】引退を発表したキングオブアスリートの練習[アシュトン・イートン]
    【世界最強の軌跡】引退を発表したキングオブアスリートの練習[アシュトン・イートン]
    十種競技&七種競技世界記録保持者  世界室内...詳細
  • 【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ
    【箱根ランナーに学ぶ】速く楽に走るための3つのコツ
    先日行われた2017年箱根駅伝では、青山学院大...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【怪我の予防にも◎】ランナーにオススメのストレッチ5種目
    【怪我の予防にも◎】ランナーにオススメのストレッチ5種目
    今回はシンスプリントやランナーズニーと呼ばれる...詳細
  • お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチ①
    お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチ①
    お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチの方法です。...詳細
  • 【ストレッチポールストレッチ②】ハムストリングスのケア
    【ストレッチポールストレッチ②】ハムストリングスのケア
    ストレッチポールでのケアの方法を紹介するこのシ...詳細
  • 【腰痛改善ストレッチ】原因は腰とは限らない!
    【腰痛改善ストレッチ】原因は腰とは限らない!
    スポーツ選手で、腰に痛みを抱えている人はとても...詳細
サッカー
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
  • 筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋力トレーニングやウエイトトレーニングをするこ...詳細
  • 【バルセロナユース】世界最高峰のチームが行うフットワークトレーニング
    【バルセロナユース】世界最高峰のチームが行うフットワークトレーニング
    今回は、バルセロナのユースチームが行う「フット...詳細
  • 【C・ロナウド】サッカー選手のスピードの秘密【陸上選手との比較】
    【C・ロナウド】サッカー選手のスピードの秘密【陸上選手との比較】
    サッカーのクリスティアーノ.ロナウド選手と ...詳細
栄養・食事
  • 【年末年始でウエイトオーバー】シーズンに向けて体を絞りたい人へ!【体組成管理】
    【年末年始でウエイトオーバー】シーズンに向けて体を絞りたい人へ!【体組成管理】
    年末年始のお休みや、寒さも相まって体重や体脂肪...詳細
  • 【たった一枚でこんなにも栄養が?!】おにぎりを食べるなら海苔付きにしよう!
    【たった一枚でこんなにも栄養が?!】おにぎりを食べるなら海苔付きにしよう!
    普段の食事や小腹が空いたときはもちろん、運動前...詳細
  • 【寝不足解消・スッキリとした目覚めを手に入れたい方へ】睡眠サイクルの上手な使い方
    【寝不足解消・スッキリとした目覚めを手に入れたい方へ】睡眠サイクルの上手な使い方
    『レム睡眠』・『ノンレム睡眠』という言葉、皆さ...詳細
  • 【冬の定番『こたつの上のみかん』】どれぐらいの栄養素があるの?!
    【冬の定番『こたつの上のみかん』】どれぐらいの栄養素があるの?!
    12月もあと少し!厳しい練習を終えて正月休みに...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【短距離必見】最大筋力の発揮を決定づける3つの要因とは?!
    【短距離必見】最大筋力の発揮を決定づける3つの要因とは?!
    瞬発力、スピードが必要な競技を行っている選手は、最大筋力が高いほどハイパフォーマンスが望めると思います。 そこで、この冬に最大筋力を高めていきたいと考えている選手は多いのではないでしょうか。 今回...詳細
  • 【FIFA要職へ】中田英寿氏がFIFA諮問機関のアジア代表委員に任命
    【FIFA要職へ】中田英寿氏がFIFA諮問機関のアジア代表委員に任命
    元サッカー日本代表MFとして日本をけん引した中田英寿氏(39)。 その中田氏が、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関である国際サッカー評議会(IFAB)のアジア代表委員として任命され活動しているこ...詳細
  • 『一発勝負』動体視力テスト 【スポーツレベル診断】
    『一発勝負』動体視力テスト 【スポーツレベル診断】
    動体視力テストをしてみましょう! 左から右へ同時に5つの数字がとんできます。 チャンスは一度だけです。 全神経を尖らせて、いくつの数字が見えるか挑戦してみましょう! 【動体視力とは...詳細
  • 目標の使い分けで、動機づけを高める!課題目標と成績目標
    目標の使い分けで、動機づけを高める!課題目標と成績目標
    スポーツをやる上で、皆さんは何がモチベーションになっていますか? 自分自身をマネジメントしようと思っている選手やコーチにとって、選手のモチベーションを管理することは最も重要なことの1つだと思いま...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved