• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【筋力UP&疲労回復】陸上・ランナー用プロテインが50%OFFの大バーゲン!

【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)を知っていますか。
2010年に白人で初めて、100m10秒の壁を突破したことで一躍有名となり、2011年のテグ世界陸上では200mで3位、4×100mリレーで2位となり二つのメダルを獲得しています。
(100m9秒92(+2.0) 元フランス記録、200m19秒80(+0.8) フランス記録)

日本人にとっては黒人の走りに比べ、真似しやすいモデルだと思っています。
私が初めてルメートル選手を見たのは、2008年の世界ジュニアでした。
そのときに彼は200mで金メダルを獲得したわけですが、「なんて馬力のある選手なんだ・・・」と感動したのを覚えています。

彼の走りは、肩が横に大きく振れ、体をしならせながら加速していき、暴走特急のような印象を受けます。
(参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=e8DpYLbvW48)

今回の動画はルメートル選手のマーク走です。
ただスローで下半身をよく見てみると、上半身とは対照的にあまり横揺れが起こらず非常に整っていることが分かります。

【内転筋がうまく使えれば力のロスを防げる】
真似したいのは内転筋周辺の動きです。
(内転筋周辺の筋肉を今回だけまとめて内転筋とさせてください)
接地はまっすぐ入りますが、骨格上人間誰しも離地にかけてつま先が外に向こうとします。
ルメートル選手も例外ではありません。
ただ彼は、離地時につま先が前を向いたままです。

これは内転筋を利かせていることで可能となっていると考えます。
(私は内転筋のしぼりと呼んでいました。)

内転筋から股関節周辺の筋肉をうまく使うことで、つま先が外を向いてしまうことによる力のロスを防いでいるのです。

【つま先に意識を持っては逆効果!】
O脚などで日常的につま先が外を向いている、もしくは接地はいいものの離地時につま先が外を向いてしまう人は多いと思いますし、注意されることもあるかと思います。
その際、多くの人はつま先に意識を置いて前に向けようとすると思います。
残念ながら、これではスピードにはつながらず、場合によっては膝の側面を痛めてしまうこともあります。

大事なのは内転筋に力を入れることで〝勝手につま先が前を向く″ということです。
歩くときに内転筋に力をちょっと入れてみてください。
つま先が勝手に前を向いたのではないでしょうか。
まずは内転筋を意識しながらウォーキングしてみましょう。
慣れてきたら、走りでうまく〝内転筋のしぼり″が使えるように練習してみましょう。
(※走りで生かそうとした場合、内転筋だけでは不十分だといえます。スピードが上がれば上がるほど股関節との関係性の中でとらえる必要が出てきます。)


最後に、より速くなるためには前に進もうとする人が多いと思いますが、案外ロスを減らすだけで体は前に進むかもしれませんよ。
ぜひ意識してみてください!


この動画は「3CACONCEPT」様の作品です。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ロシアンツイスト

    ロシアンツイスト

    国際武道大学に所属していた円盤投げの選手がモデルとなって...

    2015年09月29日

  • 【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    今回はプライオメトリクストレーニングの中でも高強度の「片...

    2017年09月02日

  • 跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

    跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

    競技歴の長い陸上選手であれば、バーベルでのトレーニング「...

    2016年09月07日

  • 強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

    強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

    今回も高校陸上界の強豪、埼玉栄高校の練習の一部を見ていき...

    2015年12月01日

  • ガトリン スタート練習

    ガトリン スタート練習

    [筆者] 窪田 望都 100m選手 自己ベスト 10...

    2015年03月24日

  • 走り幅跳びに活きる!ダリヤ・クリシナのトレーニング

    走り幅跳びに活きる!ダリヤ・クリシナのトレーニング

    走り幅跳びに活きる!ダリヤ・クリシナのトレーニング 皆...

    2016年03月24日

  • ボルトの人生を変えたレース!世界ジュニア200m決勝

    ボルトの人生を変えたレース!世界ジュニア200m決勝

    人類最速の男、ウサイン・ボルト選手が自身で感じている人生...

    2015年11月08日

  • 【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

    【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

  • ハードルでフォローステップ

    ハードルでフォローステップ

  • 跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

    跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

  • 200mで世界新宣言!ボルト “パフォーマンス歴代ベスト10”を見てみよう!

    200mで世界新宣言!ボルト “パフォーマンス歴代ベスト10”を見てみよう!

  • 短距離選手におけるジャンプトレーニングの意義

    短距離選手におけるジャンプトレーニングの意義

  • ボルトのスタート!10mを上手く走る!

    ボルトのスタート!10mを上手く走る!

  • 強豪校が実践!ソフトハードルドリル

    強豪校が実践!ソフトハードルドリル

  • 腕振りの修正方法

    腕振りの修正方法

  • 【土江コーチ流】スタートで重要な重心移動を身に着けよう!

    【土江コーチ流】スタートで重要な重心移動を身に着けよう!

  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、

    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

  • この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

    この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

  • 女子100m世界歴代10傑

    女子100m世界歴代10傑

  • 高跳び金メダリストから学ぶ、超一流の効率的な体の使い方!

    高跳び金メダリストから学ぶ、超一流の効率的な体の使い方!

  • 【インターハイ常連校】東京高校短距離陣のウォーミングアップ方法

    【インターハイ常連校】東京高校短距離陣のウォーミングアップ方法

  • フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

    フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

  • 一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

    一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    スタートダッシュ時の爆発力は陸上競技の短距離種...詳細
  • 【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    『人類最速の男』ウサインボルト選手。 そのウ...詳細
  • 【体幹トレーニング+内転筋】がに股・足が開いてしまう方へおすすめ
    【体幹トレーニング+内転筋】がに股・足が開いてしまう方へおすすめ
    普段のトレーニングで内転筋を意識してトレーニン...詳細
  • 【股関節のポテンシャルを高める】サイドランジ3種類
    【股関節のポテンシャルを高める】サイドランジ3種類
    今回は、股関節のポテンシャルを引き出す「サイド...詳細
陸上競技
  • 【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    スタートダッシュ時の爆発力は陸上競技の短距離種...詳細
  • 【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    『人類最速の男』ウサインボルト選手。 そのウ...詳細
  • 【上半身と下半身を連動させる】脚はもっと速くなる
    【上半身と下半身を連動させる】脚はもっと速くなる
    スポーツにおいて上半身と下半身の連動はとても大...詳細
  • 【前さばきを覚えるドリルVer.2】
    【前さばきを覚えるドリルVer.2】
    前回、脚を身体の前で動かす・回転させる「前さば...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    日頃、練習やトレーニングをしていて足が上がりに...詳細
  • 足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    今回は足裏のアーチを復活させるテーピングを紹介...詳細
  • 【15分で体全体をほぐす】毎日のケアにオススメする17種目のストレッチ
    【15分で体全体をほぐす】毎日のケアにオススメする17種目のストレッチ
    日々の疲労回復のためにオススメする17種目のス...詳細
  • ケアに取り入れたい簡単ヨガシリーズ【弓のポーズ】
    ケアに取り入れたい簡単ヨガシリーズ【弓のポーズ】
    皆さんは日頃のケアどうされていますか? どん...詳細
サッカー
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • 【暑い時期ぴったり!】アスリートにおすすめしたい「蕎麦」の栄養素について
    【暑い時期ぴったり!】アスリートにおすすめしたい「蕎麦」の栄養素について
    もう7月に突入しますね。 暑い日が続くと食欲...詳細
  • 【疲労回復×筋肥大】アスリートはブロッコリーを食べるべし!
    【疲労回復×筋肥大】アスリートはブロッコリーを食べるべし!
    今回はアスリートにオススメ野菜「ブロッコリー」...詳細
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細
  • 【日本選手権】山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05で優勝!
    【日本選手権】山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05で優勝!
    6月23日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子100m決勝。 世界選手権やオリンピックのメダリストら豪華なメンバーが揃う中、山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05(+0.6...詳細
  • 【100mアジアタイ記録!】中国の蘇炳添選手が9.91の好記録
    【100mアジアタイ記録!】中国の蘇炳添選手が9.91の好記録
    スペイン・マドリードで行われた「Meeting de Madrid」で、中国の蘇炳添選手が9.91(+0.2m)のアジアタイ記録・中国新記録となるタイムで優勝しました。 中国は先日謝震業選手が9.9...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved