• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!

クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)を知っていますか。
2010年に白人で初めて、100m10秒の壁を突破したことで一躍有名となり、2011年のテグ世界陸上では200mで3位、4×100mリレーで2位となり二つのメダルを獲得しています。
(100m9秒92(+2.0) 元フランス記録、200m19秒80(+0.8) フランス記録)

日本人にとっては黒人の走りに比べ、真似しやすいモデルだと思っています。
私が初めてルメートル選手を見たのは、2008年の世界ジュニアでした。
そのときに彼は200mで金メダルを獲得したわけですが、「なんて馬力のある選手なんだ・・・」と感動したのを覚えています。

彼の走りは、肩が横に大きく振れ、体をしならせながら加速していき、暴走特急のような印象を受けます。
(参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=e8DpYLbvW48)

今回の動画はルメートル選手のマーク走です。
ただスローで下半身をよく見てみると、上半身とは対照的にあまり横揺れが起こらず非常に整っていることが分かります。

【内転筋がうまく使えれば力のロスを防げる】
真似したいのは内転筋周辺の動きです。
(内転筋周辺の筋肉を今回だけまとめて内転筋とさせてください)
接地はまっすぐ入りますが、骨格上人間誰しも離地にかけてつま先が外に向こうとします。
ルメートル選手も例外ではありません。
ただ彼は、離地時につま先が前を向いたままです。

これは内転筋を利かせていることで可能となっていると考えます。
(私は内転筋のしぼりと呼んでいました。)

内転筋から股関節周辺の筋肉をうまく使うことで、つま先が外を向いてしまうことによる力のロスを防いでいるのです。

【つま先に意識を持っては逆効果!】
O脚などで日常的につま先が外を向いている、もしくは接地はいいものの離地時につま先が外を向いてしまう人は多いと思いますし、注意されることもあるかと思います。
その際、多くの人はつま先に意識を置いて前に向けようとすると思います。
残念ながら、これではスピードにはつながらず、場合によっては膝の側面を痛めてしまうこともあります。

大事なのは内転筋に力を入れることで〝勝手につま先が前を向く″ということです。
歩くときに内転筋に力をちょっと入れてみてください。
つま先が勝手に前を向いたのではないでしょうか。
まずは内転筋を意識しながらウォーキングしてみましょう。
慣れてきたら、走りでうまく〝内転筋のしぼり″が使えるように練習してみましょう。
(※走りで生かそうとした場合、内転筋だけでは不十分だといえます。スピードが上がれば上がるほど股関節との関係性の中でとらえる必要が出てきます。)


最後に、より速くなるためには前に進もうとする人が多いと思いますが、案外ロスを減らすだけで体は前に進むかもしれませんよ。
ぜひ意識してみてください!


この動画は「3CACONCEPT」様の作品です。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ボルト300mレース

    ボルト300mレース

    【筆者】 窪田 望都 100m 10秒46 日本選...

    2015年04月08日

  • ラダーを上手く使おう!スラロームジャンプ

    ラダーを上手く使おう!スラロームジャンプ

    陸上やサッカーのトレーニングによく使われるラダートレーニ...

    2015年11月24日

  • 【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

    【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

    「On your mark…」 その掛け声を受け、...

    2016年07月27日

  • 山縣選手 コーナーSD解説

    山縣選手 コーナーSD解説

    2013年関東インカレ200m決勝前の、山縣選手のコーナ...

    2015年04月19日

  • いつもの変形ダッシュに刺激を!変形ダッシュの様々な形を紹介!

    いつもの変形ダッシュに刺激を!変形ダッシュの様々な形を紹介!

    変形ダッシュの様々な「形」を紹介します。良く行われるトレ...

    2016年04月30日

  • ガトリンのベンチプレス

    ガトリンのベンチプレス

    現在、北京で行われている世界陸上、男子100m予選をご覧...

    2015年08月24日

  • 男子走り幅跳び 非公認の大ジャンプ

    男子走り幅跳び 非公認の大ジャンプ

    走り幅跳びは、物凄いジャンプをしてもファールだともちろん...

    2015年09月19日

  • 200m世界10傑

    200m世界10傑

  • パウエル スタート1歩目スロー映像

    パウエル スタート1歩目スロー映像

  • 初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

    初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

  • 階段ダッシュの効果とは?

    階段ダッシュの効果とは?

  • パウエル 300mT.T分析

    パウエル 300mT.T分析

  • 長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

  • 名門校のトレーニングを参考にしてみよう!【京都洛南高校】

    名門校のトレーニングを参考にしてみよう!【京都洛南高校】

  • 中学・高校生におすすめ!ハイジャンプドリル!

    中学・高校生におすすめ!ハイジャンプドリル!

  • 短距離選手におけるジャンプトレーニングの意義

    短距離選手におけるジャンプトレーニングの意義

  • 100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

    100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

  • M・ファラーのトレーニング①

    M・ファラーのトレーニング①

  • 飯塚翔太が静岡国際で好記録!その秘密を探ろう!

    飯塚翔太が静岡国際で好記録!その秘密を探ろう!

  • 肩甲骨・腕周り強化補強

    肩甲骨・腕周り強化補強

  • 高瀬慧がヤる!レッグランジ

    高瀬慧がヤる!レッグランジ

  • M・ファラーのトレーニング②

    M・ファラーのトレーニング②

  • ボルトの補強を覗く

    ボルトの補強を覗く

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング
    【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング
    梅雨入りし、雨で思ったようにトレーニングができ...詳細
  • 【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    【下半身強化】腸腰筋を鍛えるジャンプトレーニング!
    今回は、下半身を強化する「ニーリングジャンプ」...詳細
  • 【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    【動物本来のしなやかさを求めて】股関節を柔らかく使えるライオントレーニング
    クリーチャートレーニングとは、動物(クリーチャ...詳細
  • 【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    【体幹トレーニング】体幹の機能性・安定性を高めながら引き締めるトレーニング[バードドッグ]
    体幹トレーニングとして、腕立てふせの状態からの...詳細
陸上競技
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング
    動物の動きを模倣することで、体そのものの動きを...詳細
  • 【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    【つま先を前に向ける意識は逆効果かも…】トップ選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走り方!
    クリストフ・ルメートル選手(フランス、25歳)...詳細
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    【実はケア不足になりがちな部位】大腿前面をしっかりと伸ばせるストレッチ
    今回は壁を利用した大腿直筋を中心とした大腿前面...詳細
  • 【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    【肩が重い、可動域が出ない方に】2人組で肩甲骨はがしを行ってみよう
    「肩が重いな」「腕の可動域がおかしいな」 そ...詳細
  • 【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    【臀部の奥までしっかりと使うために】試合や練習前に行いたい動的ストレッチ
    試合前などに自身のパフォーマンスをしっかりと発...詳細
  • 5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    股関節が固くもう諦めている… そんな人も多く...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 朝に体を動かすの5つのメリット【体も気持ちもスッキリ】
    朝に体を動かすの5つのメリット【体も気持ちもスッキリ】
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細
  • 【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    【関学大の多田が100mで追参9秒94!】追い風ながらも9秒台での走りが意味することとは?[動画]
    100mで期待の20歳が素晴らしい記録を残した。 昨日行われた日本学生個人選手権の100m。 先日のゴールデングランプリにおいて、リオ五輪100m銀メダリストのガトリン選手、リレーで銀メダルを獲得...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved