• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

指導者の皆さん、
短距離でも長距離でも、走りのコーチングをするときにどこに注目してみていますか?

人それぞれ、自分のやり方があると思います。

しかし、選手ひとりひとりによって体型や動きのクセは異なりますし、その人のどこを改善したら一番伸びるのか、、、最適な答えが導けずに悩まれている方も多いのではないかと思います。

今回は、ひとりひとりに合った走りの改善をしていくうえで、重要な着眼点を紹介したいと思います。
そのやり方は、最初は難しく感じるかもしれませんが慣れればとてもシンプルで、どのような選手にでも応用が可能なのでとてもおすすめです。

【走コーチングの着眼点】

①「力の経路」に注目する

硬い棒を地面に垂直に落とすと、真上に跳ね返ってきますよね。
地面に加わった力が、その力の分だけ無駄なく「逆方向」に跳ね返ってきています。

走りでは、前へ進みたいので、ななめ前上とは逆方向(斜め後ろ下向きの矢印)に力を加える必要があります。そして、加えた力の分だけ前へ進むことができるのが理想です。

そこで、コーチングでは、「力がどのような経路で地面に伝わり、どのような経路で跳ね返ってきているか」=【力の経路】を見ていきます。

理想は、足から頭まで【力の経路】が通っていることです。
※指導者は、力を加えた向きと力が地面から跳ね返ってくる向きをはっきりと認識する。
※指導者は、加えた力と跳ね返ってくる力が=になっているかをみる

②力の経路が途絶えている部位を探す
【力の経路】を観察したら、次は力の経路が途絶えている部位を探します。
(力の経路が途絶えている=力の経路の延長線上に各部位がポジショニングできていない。)
そのような人は
具体的に、下記の関節が力の経路の延長線上から外れてしまっています。

〈力の途絶える部位パターン〉

1.足関節
2.膝関節
3.股関節
4.背中
5.首

大きく分けて上記が上げられるかと思います。

③さらに部位から原因の動きやフォームを探す
もし、股関節で力の経路が途絶えてしまっていたら、
股関節に地面からの力が届かない原因を考える。

1.接地足と股関節の「位置関係」が悪い
…跳ね返ってくる【力の経路上】に股関節はあるべきだが、それがその経路から外れている。
経路上にないと力をうまくキャッチできない。

2.接地のタイミングで股関節をブロックできていない
…クッションが力を吸収してしまうように、身体も接地時にふにゃふにゃだと力を受け止めることができない。
加えた力を受け止める「体の締め」をしっかりとつくる。

以上が【力の経路】ありきでフォームを考えていく走コーチング法です。
これらを実践することで、多様な選手に対応していくことが可能です。
また、普段自分が使っている手法と組み合わせることでより良い改善策がみつかるかもしれませんね!

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 水中トレッドミル!?

    水中トレッドミル!?

     大迫傑選手がチームに加入したこで話題になった「ナイキ ...

    2015年06月08日

  • 下り坂の走り方・効果

    下り坂の走り方・効果

    登り坂に比べると心肺への負担は大きく軽減される下り坂での...

    2015年09月03日

  • 【世界最速の男】ボルト選手が指導する【5つの練習法】

    【世界最速の男】ボルト選手が指導する【5つの練習法】

    今回はウサインボルト選手自らが指導している映像を見ながら...

    2016年10月14日

  • ハードルを用いたスタート練習

    ハードルを用いたスタート練習

    スタートダッシュの映像です。スターティングブロックの横に...

    2015年02月11日

  • 感動の銀メダルを獲得!“ケンブリッジ飛鳥”選手の走り!

    感動の銀メダルを獲得!“ケンブリッジ飛鳥”選手の走り!

    感動の銀メダルが記憶に新しい男子400mRのアンカーを務...

    2016年08月25日

  • サンヤリチャーズ・ロスの練習

    サンヤリチャーズ・ロスの練習

    前回のアリソン・フェリックスの練習風景は参考になったでし...

    2015年09月19日

  • 世界歴代2位!ヨハン・ブレイクのトレーニング

    世界歴代2位!ヨハン・ブレイクのトレーニング

    陸上男子100m・200mにおいて世界歴代2位(9秒69...

    2016年03月07日

  • ラップのダイナミックストレッチ

    ラップのダイナミックストレッチ

  • 【リオでさらなる伝説を】 ウサイン・ボルトのトレーニング

    【リオでさらなる伝説を】 ウサイン・ボルトのトレーニング

  • 【強豪校・岡崎城西高のトレーニング】チューブ歩行で臀筋強化!

    【強豪校・岡崎城西高のトレーニング】チューブ歩行で臀筋強化!

  • スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

    スタートの爆発力を高める、坂での牽引走

  • 【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

    【洛南高校のスピードトレーニング】鉛直方向へのバウンディングと意識したいこと

  • 高野進さんによる走り方講座②

    高野進さんによる走り方講座②

  • 上半身の安定性を高める!肩甲骨周りを強化する動的トレーニング

    上半身の安定性を高める!肩甲骨周りを強化する動的トレーニング

  • この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

    この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

  • リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

    リオ五輪直前!ボルトの筋肉・骨の動き

  • 人類最速の動き作り!ボルトのミニハードルドリル

    人類最速の動き作り!ボルトのミニハードルドリル

  • 感動の銀メダルを獲得!“ケンブリッジ飛鳥”選手の走り!

    感動の銀メダルを獲得!“ケンブリッジ飛鳥”選手の走り!

  • 【爆発力を身につける】臀部の強化トレーニング「グルトブリッジ」

    【爆発力を身につける】臀部の強化トレーニング「グルトブリッジ」

  • 桐生選手が運動会で走ったら

    桐生選手が運動会で走ったら

  • サンヤリチャーズ・ロスの練習

    サンヤリチャーズ・ロスの練習

  • ランニング初心者の方へ

    ランニング初心者の方へ

  • 軸を意識してみよう!ポールを使ったハードルドリル

    軸を意識してみよう!ポールを使ったハードルドリル

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • 【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    今回は体幹部を強化する「ハードロール」について...詳細
  • 【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープ...詳細
  • 胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    今回は、胸椎回旋エクササイズの紹介です。 ...詳細
陸上競技
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    ランニング中に膝に違和感がある… 膝が抜けて...詳細
  • 【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    臀筋のストレッチやケア方法は数多くの種類があり...詳細
  • 【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    7月に入り気温もどんどん上昇してきました。 ...詳細
  • 【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    運動をしている最中に足がつってしまった経験はあ...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    いよいよ梅雨も明け夏本番の陽気ですね。 様々なスポーツも活気づいて来る時期ですが、今の時期に気をつけたいのは【熱中症】です。 強い日差し、高い気温に湿度と熱中症にかかりやすい条件が揃い危険...詳細
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved