• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?

【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?

「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように!」
指導者や先生から過去にこう言われた方は少なくないのではないでしょうか?

今回は腕を横に振ってしまう場合と脇が開いてしまう場合を、共に肘が開くと表現していきます。
写真をよく見ると、左の選手は肘を閉じて振っていますが、中央と右の選手は肘が開いているようにも見えます。
また、小学生などを見ていると、肘を閉めようと極端に意識してぎくしゃくした動きになっている子もいます。
ではまっすぐ振ることは間違いなのでしょうか…?

今回は、個人的な見解にはなりますが、私が指導して気付いたことを中心にまとめてみます。

【あなたはどっち?肘が開く2つのパターン】
結論から言えば、その原因によって肘を閉じて腕をまっすぐ振ったときに「速くなる人」と「速くならない人」に分かれます。
原因とは、"そもそもなぜ走るときに肘が開いてしまうのか"という部分です。

①:背中の筋肉が固くなってしまっているケース
広背筋や肩甲骨周りなど背中周りの筋肉がこわばっている方は、走るときに肘が開くことが多いです。
それどころか、歩いているときにも肘が開いてしまう方もいます。
この場合、肘を閉めようと意識するとさらに筋肉が硬直し、動きが小さくなってしまいます。
このケースの方は、肘を閉める意識によって「速くならない」可能性があります。
また、時には胸筋周りの表面の筋肉が原因となることもあります。
まずは背中周り(表面)のストレッチを行ったり、整体院などでほぐしてもらいましょう。

②:肩に力が入っているケース
力が入って肩が上がっている方は、走るときに肘が開くことが多いです、
過度に緊張しやすい方や「絶対勝ってやる」と思いの強い方に特に多い気がします。
肘を閉めるためには、肩周りがリラックスしている必要があります。
言い換えれば、肘を閉めることで肩が上がらずリラックスして走ることができます。
このケースの方は、肘を閉める意識によって「速くなる」可能性があります。
スタート前には深呼吸を行い、できるだけ自分の動きに集中しましょう。

【自分がどちらのケースか見分ける方法】
まっすぐに立った状態から肩を耳たぶにできるだけ近づけましょう。
5秒そのままで静止したら、肩の力を抜いて下にストンと落とします。
これによって肩の力が抜けた状態を作ることができます。
この時に肘を閉じて脇にくっつけてみてください。
この時、
・楽にくっつく=肩以外の筋肉が適切なので②です。
・つきづらい=背中周りがこわばっているかもしれないので①です。


もちろん細分化すればこれ以外のケースもありますが、私の指導の際に多く見られるケースとして参考にしていただければ幸いです。

最後に、トップスプリンターを目指すのであればこの辺を過度に意識する必要はないと思っています。
腕振りは、足の軌道やタイミング、骨格によっても変わってくるため、絶対的なフォームはありません。
このレベルで競技されている方は、”最も体が前に進む自分のベスト腕振り”を見つけてみてくださいね!


※8月12日のセミナーではこのテーマについても詳しくお話しするので、興味があれば是非お越しください(サイトトップのイベント情報より)。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ジャンプで身体を鍛えよう!メディシンボールプライオメトリックス

    ジャンプで身体を鍛えよう!メディシンボールプライオメトリックス

    ジャンボメディシンボールやメディシンボールを使ってプライ...

    2015年12月17日

  • ガトリン スタート練習

    ガトリン スタート練習

    [筆者] 窪田 望都 100m選手 自己ベスト 10...

    2015年03月24日

  • 強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

    強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

    今回も高校陸上界の強豪、埼玉栄高校の練習の一部を見ていき...

    2015年12月01日

  • 全身を上手く使って前へ進もう!【バウンディング】

    全身を上手く使って前へ進もう!【バウンディング】

    皆さんはバウンディングをした経験がありますか? バ...

    2016年08月11日

  • 坂道トレーニングのバリエーションに!【坂道スピードバウンディング】

    坂道トレーニングのバリエーションに!【坂道スピードバウンディング】

    坂道を利用すると傾斜の負荷により、より高強度の練習やトレ...

    2016年09月18日

  • 長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    リオ五輪において男子10000mで5位、男子マラソンでは...

    2016年08月26日

  • バトン区間のタイムを計ろう!日本代表を参考に!

    バトン区間のタイムを計ろう!日本代表を参考に!

    リオ五輪4×100mリレーにおいて銀メダルを獲得した日本...

    2016年08月26日

  • 200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

  • 足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

    足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

  • スプリントドリル〜スキップ〜

    スプリントドリル〜スキップ〜

  • 100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

    100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

  • 高野進さんによる走り方講座②

    高野進さんによる走り方講座②

  • インナーマッスルを鍛える!ハンドニーをしてみよう!

    インナーマッスルを鍛える!ハンドニーをしてみよう!

  • 【下半身の最大筋力UP!】片足ホッピング

    【下半身の最大筋力UP!】片足ホッピング

  • 砂浜ダッシュ 

    砂浜ダッシュ 

  • 【ピッチの向上に】足の前さばきをマスターしよう!「シザース動作」

    【ピッチの向上に】足の前さばきをマスターしよう!「シザース動作」

  • 【心理学】トレーニング「直後」の日誌があなたの潜在意識を変える!

    【心理学】トレーニング「直後」の日誌があなたの潜在意識を変える!

  • ラダーでランニングフォーム作り

    ラダーでランニングフォーム作り

  • フライングをしないフォームを習得しよう【クラウチングスタート】

    フライングをしないフォームを習得しよう【クラウチングスタート】

  • アリソン・フェリックスに迫る

    アリソン・フェリックスに迫る

  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

  • ボルトのダッシュ練習と解説

    ボルトのダッシュ練習と解説

  • 強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

    強豪校を見て学ぶ!ハードル歩行

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • 【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    【体幹強化&身体評価】エクササイズにもテストにも使えるハードロール!
    今回は体幹部を強化する「ハードロール」について...詳細
  • 【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング
    昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープ...詳細
  • 胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    胸椎を大きく動かしてパフォーマンスアップ!【簡単に行えるエクササイズ】
    今回は、胸椎回旋エクササイズの紹介です。 ...詳細
陸上競技
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント
    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディン...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    【膝に痛みや違和感があるときに】この筋肉をほぐしてみよう【第一弾 大腿直筋】
    ランニング中に膝に違和感がある… 膝が抜けて...詳細
  • 【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    【腰痛対策にも◎】臀部(お尻周り)の疲労や張りに効くセルフストレッチ
    臀筋のストレッチやケア方法は数多くの種類があり...詳細
  • 【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    【練習後に一気に疲労回復!】運動後の疲れに、シャワーできる簡単「交代浴」!
    7月に入り気温もどんどん上昇してきました。 ...詳細
  • 【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
    運動をしている最中に足がつってしまった経験はあ...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    【疲労が全然抜けない…】激しい運動後に起こる内臓疲労の影響と対処法
    長時間の練習後やマラソンなどの試合後は筋肉にダ...詳細
  • 減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    減量時の味方![ブランパン]の栄養素について!
    今回はコンビニで販売している「ブランパン」の栄...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    【熱中症になってしまったら…】この部位を冷やしてみよう!【予防にも◎】
    いよいよ梅雨も明け夏本番の陽気ですね。 様々なスポーツも活気づいて来る時期ですが、今の時期に気をつけたいのは【熱中症】です。 強い日差し、高い気温に湿度と熱中症にかかりやすい条件が揃い危険...詳細
  • 【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    【史上最高レベルの戦い】国内最速争いはサニブラウンが10秒05で優勝!
    昨日行われた陸上の日本選手権男子100m決勝。 サニブラウン・ハキーム選手が初優勝を飾った。 今季は世界選手権への参加標準記録10秒12を、桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太、多田修平、ケンブリッジ飛鳥...詳細
  • 【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    【朝練や仕事前の運動に】朝に体を動かす5つのメリット
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いのではないでしょうか。 疲れているから運動ができない。 時間がないから運動ができない。 もっと練習時間を確保したい。 そんな方にオススメなのが朝練...詳細
  • 【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    【追参ながらも好記録!】カナダの22歳、ダグラスが100mで9秒69!
    6月18日に行われたダイヤモンドリーグ ストックホルム大会に、アンドレ・ダグラス(Andre de Grasse、カナダ)選手が出場。 100mで9秒69(+4.8m)をマークという素晴らしい記録を...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved