• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因
大事な物を身に着けてランニングへGO【SPIBELT スパイベルト】

【運動時に気をつけたい】足がつる3つの原因

運動をしている最中に足がつってしまった経験はありませんか?
一番多い箇所は「ふくらはぎ」です。ふくらはぎが頻繁につる現象を「こむら返り」と呼びます。
足がつるということは、身体からの危険サインであり、肉離れなどのケガにもつながります。また、試合中につってしまうとパフォーマンスは一気に低下してしまいます。
つってしまうのには以下の原因が考えられます。

【1.筋肉疲労】
筋肉を酷使し続けると、身体と同じで筋肉も疲労します。筋肉が極度の疲労状態になると、神経が反乱を起こします。極度の疲労の中でも、パフォーマンスを発揮しようとすると神経が乱れ反射としてつることがあります。。

【2.ミネラル不足】
これからの季節では、特に注意しなければなりません。夏場に足をつっている選手の姿を良くみかけます。これは、発汗によってミネラルが身体から抜けてしまうと、身体の機能が異常を起こし、つります。脱水症状の可能性も高いので気を付けましょう。

【3.血行不良】
身体が冷えていたり血行が悪かったりすると筋肉は収縮します。その状態でいきなり運動をすると筋肉が対応できずに足がつります。寝ている時に足がつってしまうのは血行不良が一番の原因です。

これら3つの要因は、それぞれが関連しています。
例えば、試合中に足がつってしまう際に多いのはこんなケースです。
気温も湿度も高く発汗量が多い日に水分摂取が足りていない状態。暑いからウォーミングアップは軽めに行ったとします。その状態で、試合に出場し、高いパフォーマンスを発揮しようとした時に筋肉が反応できずにつることがあります。
また、連戦やタイトな練習を続けて筋肉疲労が溜まっている状態で試合に出場しても同じことが想定されます。3つの要因が関連していることが分かります。

これから夏本番が始まります。
知らず知らずのうちにミネラルが身体から抜けたり、身体が十分に温まっていない状態で運動することで筋肉が対応できない可能性が高まります。
注意していきましょう!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 10分でできる簡単セルフケア『疲労回復にぴったりなコントラストバス』

    10分でできる簡単セルフケア『疲労回復にぴったりなコントラストバス』

    最近は気候も安定せず、まだまだ寒い日が続くのかなと思いき...

    2016年03月26日

  • 肩の柔軟性を高めよう!簡単にできる3種類のエクササイズ

    肩の柔軟性を高めよう!簡単にできる3種類のエクササイズ

    こちらの動画では世界トップ選手が行っている柔軟性を高める...

    2016年09月16日

  • 足のむくみ解消ストレッチ

    足のむくみ解消ストレッチ

    今日は金曜日。お仕事お疲れ様でした。 立ち仕事だった人...

    2015年04月24日

  • 辛い痛みにさよなら!長時間の運動前にひと工夫して股擦れ防止

    辛い痛みにさよなら!長時間の運動前にひと工夫して股擦れ防止

    今の時期、中長距離が専門種目の方々は動きやすいようにラン...

    2016年07月20日

  • 試合に向けたコンディション作り

    試合に向けたコンディション作り

    アスリートの方々は、試合に向けたコンディション作りで苦労...

    2015年06月05日

  • 【ぶれない体幹を作ろう②】体幹の連動と強化を行うスーツケース・デッドリフト

    【ぶれない体幹を作ろう②】体幹の連動と強化を行うスーツケース・デッドリフト

    こんにちは。 アスレティックトレーナーの佐々木優一です...

    2017年01月28日

  • 指はスポーツで必須アイテム!指を鍛えるタオルギャザー

    指はスポーツで必須アイテム!指を鍛えるタオルギャザー

    足首などのリハビリで多くの方がしたことがあるであろう、タ...

    2015年12月03日

  • 寝つきをよくする方法

    寝つきをよくする方法

  • 【運動前後におすすめ】意外と知られていない腹筋のストレッチ

    【運動前後におすすめ】意外と知られていない腹筋のストレッチ

  • サングラスで紫外線対策を

    サングラスで紫外線対策を

  • 足底筋膜炎などの予防に!足裏アーチのテーピング

    足底筋膜炎などの予防に!足裏アーチのテーピング

  • 腓腹筋(ふくらはぎ)のストレッチ

    腓腹筋(ふくらはぎ)のストレッチ

  • 壁を利用して出来る!大腿直筋(前もも)のストレッチ方法

    壁を利用して出来る!大腿直筋(前もも)のストレッチ方法

  • 全日本女子バレー ストレッチ

    全日本女子バレー ストレッチ

  • 【柔軟性アップ】股関節周囲と内転筋のストレッチ【疲労回復にも◎】

    【柔軟性アップ】股関節周囲と内転筋のストレッチ【疲労回復にも◎】

  • 背中のストレッチ

    背中のストレッチ

  • かかとのテーピング

    かかとのテーピング

  • 長距離移動後のストレッチ

    長距離移動後のストレッチ

  • 怪我をした時の練習方法

    怪我をした時の練習方法

  • 前屈(差) 改善エクササイズ【ケガ予防フィジカルチェック用】

    前屈(差) 改善エクササイズ【ケガ予防フィジカルチェック用】

  • 肩こり解消ストレッチ③

    肩こり解消ストレッチ③

  • クアッドストレッチ

    クアッドストレッチ

  • ケガした時の応急処置 RICE

    ケガした時の応急処置 RICE

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    スタートダッシュ時の爆発力は陸上競技の短距離種...詳細
  • 【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    『人類最速の男』ウサインボルト選手。 そのウ...詳細
  • 【体幹トレーニング+内転筋】がに股・足が開いてしまう方へおすすめ
    【体幹トレーニング+内転筋】がに股・足が開いてしまう方へおすすめ
    普段のトレーニングで内転筋を意識してトレーニン...詳細
  • 【股関節のポテンシャルを高める】サイドランジ3種類
    【股関節のポテンシャルを高める】サイドランジ3種類
    今回は、股関節のポテンシャルを引き出す「サイド...詳細
陸上競技
  • 【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    【スタート時の爆発力を養う】メディシンボールを使った「スタートイメージトレーニング」
    スタートダッシュ時の爆発力は陸上競技の短距離種...詳細
  • 【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    【トップから学ぶ】ボルト選手が直接指導する5つの練習ポイント
    『人類最速の男』ウサインボルト選手。 そのウ...詳細
  • 【上半身と下半身を連動させる】脚はもっと速くなる
    【上半身と下半身を連動させる】脚はもっと速くなる
    スポーツにおいて上半身と下半身の連動はとても大...詳細
  • 【前さばきを覚えるドリルVer.2】
    【前さばきを覚えるドリルVer.2】
    前回、脚を身体の前で動かす・回転させる「前さば...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    日頃、練習やトレーニングをしていて足が上がりに...詳細
  • 足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    今回は足裏のアーチを復活させるテーピングを紹介...詳細
  • 【15分で体全体をほぐす】毎日のケアにオススメする17種目のストレッチ
    【15分で体全体をほぐす】毎日のケアにオススメする17種目のストレッチ
    日々の疲労回復のためにオススメする17種目のス...詳細
  • ケアに取り入れたい簡単ヨガシリーズ【弓のポーズ】
    ケアに取り入れたい簡単ヨガシリーズ【弓のポーズ】
    皆さんは日頃のケアどうされていますか? どん...詳細
サッカー
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
  • 【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ウォーミングアップにもおすすめ】フットワークコーディネーション【1本のラインでOK】
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
栄養・食事
  • 【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • 【暑い時期ぴったり!】アスリートにおすすめしたい「蕎麦」の栄養素について
    【暑い時期ぴったり!】アスリートにおすすめしたい「蕎麦」の栄養素について
    もう7月に突入しますね。 暑い日が続くと食欲...詳細
  • 【疲労回復×筋肥大】アスリートはブロッコリーを食べるべし!
    【疲労回復×筋肥大】アスリートはブロッコリーを食べるべし!
    今回はアスリートにオススメ野菜「ブロッコリー」...詳細
  • アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    アボカドはスポーツ選手にオススメ!【抗酸化作用や免疫力アップ】
    皆さんはアボカドを食べたことはありますか? ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細
  • 【日本選手権】山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05で優勝!
    【日本選手権】山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05で優勝!
    6月23日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子100m決勝。 世界選手権やオリンピックのメダリストら豪華なメンバーが揃う中、山県亮太選手が大会タイ記録となる10秒05(+0.6...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved