• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳”水切りジャンプ”の極意②

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳”水切りジャンプ”の極意②

ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水切りジャンプ”の極意②

前回は腰の位置の重要性についてお伝えしていきましたが、今回は、②脚さばきと踏み切り角度の面から技術的ポイントをお伝えしていきます。また、砂場を使わずにできる練習方法も紹介していきますので最後までお読みいただければと思います!


脚さばきと踏み切り角度といっても、三段跳びは助走+三回の踏み切りということで、すべてを解説していくとものすごい長文になってしまうので、今回は最も難しいとされる局面を解説していきます。

三段跳を局面ごとに区切ると、以下のような5つの区分になります。

1. 助走+踏切準備動作
2. ホップ踏切
3. ステップ踏切(ホップ着地)
4. ジャンプ踏切(ステップ着地)
5. 着地

今回は、最もつぶれやすいとされる2.ホップ踏切~3.ステップの踏切(ホップの着地)について、ポイントをお伝えできればと思います。
そして、この局面での理想はステップでフローティング(身体が浮いたような感覚)を得られるような動きをしていくことですが、実際にはここでつぶれてしまう方が多いのではないでしょうか!?

【つぶれる原因】
・ホップで高く跳びすぎている(踏み切り角度が大きすぎる)。
・脚さばきが悪く、捉えるべきタイミングで地面を捉えられていない。
・腰の沈みこみが大きく、それに耐えることができてない。

などが挙げられます。これらを改善していくためには、ホップでの適切な①踏み切り角度と②脚さばきが重要となります。
今回はその2つについてポイントをお伝えしていきます。

【①適切な踏み切り角度とは】
1.具体的な踏み切り角度
一般的にホップの踏み切り角度は14°~18°といわれています。(走り幅跳び=20°~25°)
走幅跳のように上へ跳び上がるのではなく、三回目のジャンプまでスピードを保つために均等に跳ぶことをイメージし、低く遠くへ跳ぶことが重要でしょう。

2.その際の注意点
かといって低すぎると、ホップの脚をさばく時間が短くなるので、最低限その時間のある踏み切り角度を見つけることが重要です。
また、低く跳ぼうとしすぎると上半身が前のめりになりすぎ、フローティングを得られないというような余裕の無い跳躍に繋がりうるので、踏み切り時の上半身は地面と垂直にあるということを心がけましょう。(※骨格により個人差はあります)

【②脚さばきのポイント】
脚さばき=脚の動き+接地のタイミング

1.自分より前で脚をさばく
つぶれてしまう多くのひとは、自分の体より前で脚をさばくことができていません。
ホップで踏み切った後、ステップの接地時に自分より前に脚を持ってくる、そして自分から地面を捉えにいくことが重要です。
ではここで、ジョナサン・エドワーズの動画を見ていきましょう。三回の接地どれをとっても脚を前でさばいており、地面を上から積極的に捉えていることが分かります。
ポイントは接地時に脚・足が上から振り下ろされることです。

2.接地はタイミングが命
つぶれてしまう多くの人は、空中で我慢できずにすぐに接地しようとして重心にうまく乗れず空回りしてしまうという傾向にあります。ホップはなるべく大きな動きをしていくとことを心がけ、空中にいるときに余裕を持つことが重要です。
接地の際には、”地面を上から捉える”といった足の末端までのコントロールと、地面反力をもらうための姿勢(体を一本の棒にする)を意識していきましょう。足先までのコントロールが難しい!できない!というように接地がどうしても雑になってしまう人は、足首をフレックス(つま先をあげ、足首の角度を狭くする)して、足首周辺に意識を持っていくことで繊細な接地へと近づくでしょう。

※また、脚さばきと同様に前回紹介した腰の高さもフローティングを得るためには非常に重要なので、合わせてマスターしていきましょう。

【練習方法】目的→ステップでフローティングを得られるようになること
・3〜5歩の短い助走からホップステップ
ステップを空中で止まるような意識でやってみましょう。
※砂場必要なし!!


次回は、③腕の使い方について書いていきたいと思います!

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • メディシンボール投げは、なぜ短距離ストライドを向上させる?

    メディシンボール投げは、なぜ短距離ストライドを向上させる?

    今回は、最近の研究でも報告されている「メディシンボール投...

    2016年07月31日

  • 名門校のトレーニングを参考にしてみよう!【京都洛南高校】

    名門校のトレーニングを参考にしてみよう!【京都洛南高校】

    今勢いに乗っている桐生選手の母校でもある洛南高校は、 ...

    2017年03月30日

  • ハードルを使った加速ドリル

    ハードルを使った加速ドリル

    今回は私が大学で教えている練習に中から、加速区間の練習を...

    2015年04月26日

  • 200m世界10傑

    200m世界10傑

    200mの世界歴代10位までの映像です!! わかりにく...

    2015年04月06日

  • 坂ダッシュをしてみよう!たくさんのコツがつかめる練習!

    坂ダッシュをしてみよう!たくさんのコツがつかめる練習!

    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたいと思います...

    2016年05月05日

  • オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    陸上男子棒高跳び、世界歴代2位・室内世界歴代1位(屋外世...

    2016年04月28日

  • 2011年、福島千里SD

    2011年、福島千里SD

    こんばんは、今日は女子200mの予選と男子200mの準決...

    2016年01月28日

  • 【陸上100m】 桐生選手のハードルドリル

    【陸上100m】 桐生選手のハードルドリル

  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

  • このドリルで重心移動を覚えよう!マークドリル「ストップ」

    このドリルで重心移動を覚えよう!マークドリル「ストップ」

  • アリソンのサーキット

    アリソンのサーキット

  • 【体幹・肩甲骨周りの機能的強化に】冬季におすすめのサイドハンドウォーク

    【体幹・肩甲骨周りの機能的強化に】冬季におすすめのサイドハンドウォーク

  • メディシンボールで体幹トレ

    メディシンボールで体幹トレ

  • 60m世界歴代1〜10位 映像

    60m世界歴代1〜10位 映像

  • 普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

    普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

  • インナーマッスルを鍛える!ハンドニーをしてみよう!

    インナーマッスルを鍛える!ハンドニーをしてみよう!

  • エクスプローシブスタートとは?

    エクスプローシブスタートとは?

  • 【長期目標の達成】練習への考え方

    【長期目標の達成】練習への考え方

  • これが日本記録保持者の実力!福島千里の高速ピッチ

    これが日本記録保持者の実力!福島千里の高速ピッチ

  • スポーツ強豪校「埼玉栄」のハードルトレーニング!

    スポーツ強豪校「埼玉栄」のハードルトレーニング!

  • 劉翔のウォーミングアップ

    劉翔のウォーミングアップ

  • フォームを直すコツは“動画”

    フォームを直すコツは“動画”

  • 【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

    【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【腰背部強化】マシン器具を使わずに背中を鍛える自重トレーニング!
    【腰背部強化】マシン器具を使わずに背中を鍛える自重トレーニング!
    今回は背中を鍛える3つの自重トレーニングを紹介...詳細
  • 【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げよう!【グルトブリッジ】
    【爆発力強化】強靭な臀部を作り上げよう!【グルトブリッジ】
    スポーツにおいて臀部のパワーは、ダッシュや跳躍...詳細
  • NFL選手が行うスピード&パワーアップエクササイズ【6種目】
    NFL選手が行うスピード&パワーアップエクササイズ【6種目】
    今回はNFL選手が実際に行っているエクササイズ...詳細
  • 【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】
    【跳躍力をアップさせよう!】全身を上手に使えるようになるジャンプトレーニング【2種目】
    今回は全身を使ったジャンプトレーニングを紹介し...詳細
陸上競技
  • 【至近距離から見る】トップスプリンターたちの100m!
    【至近距離から見る】トップスプリンターたちの100m!
    陸上短距離の世界トップ選手のレース映像集です。...詳細
  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント
    走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要で...詳細
  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】
    2017年で引退を発表している『人類最速の男』...詳細
  • 【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    【まっすぐ振るのは逆効果かも…】腕をまっすぐ振って「速くなる人」と「速くならない人」の違いとは?
    「腕は肘を閉じて、できるだけまっすぐ振るように...詳細
ケガ・ストレッチ
  • ストレッチに苦手意識を持っている方にもオススメ!【骨盤ストレッチ】
    ストレッチに苦手意識を持っている方にもオススメ!【骨盤ストレッチ】
    ストレッチに苦手意識を持っている方、いらっしゃ...詳細
  • 【上位交差性症候群】猫背姿勢が走動作に悪影響を及ぼす3つのデメリットとは?
    【上位交差性症候群】猫背姿勢が走動作に悪影響を及ぼす3つのデメリットとは?
    デスクワークやスマートフォンなど、気が付いたら...詳細
  • 【動きにくいと感じる方へ】ハムストリングスのPNFストレッチ【柔軟性・可動域アップ】
    【動きにくいと感じる方へ】ハムストリングスのPNFストレッチ【柔軟性・可動域アップ】
    今回はトップアスリートたちの多くがストレッチで...詳細
  • 【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】
    【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】
    今回は骨盤周辺を上手に使えるようにするためのア...詳細
サッカー
  • [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    [ラインで手軽にできる]フットワークコーディネーション
    【ライントレーニングで、様々なフットワークのパ...詳細
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
栄養・食事
  • 【アスリートにおすすめ野菜シリーズ】第一弾はブロッコリー!【疲労回復&筋肥大】
    【アスリートにおすすめ野菜シリーズ】第一弾はブロッコリー!【疲労回復&筋肥大】
    調理も簡単で、外食でもサラダバーでよく見かける...詳細
  • 【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品④「サラダチキン」
    【練習後の栄養補給に!】コンビニで買えるおススメ食品④「サラダチキン」
    コンビニで栄養補給シリーズ第四弾は「サラダチキ...詳細
  • シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    シックスパックを作る為のアプローチ!【食事編】
    今回はバキバキに割れたかっこいいシックスパック...詳細
  • 【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    【さらなる瞬発的エネルギーを!】クレアチン摂取のポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]
    世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]
    陸上の世界選手権9日目、男子4×100メートル決勝が行われ、日本チームが38秒04のタイムで走り、銅メダルを獲得した。 走順は 1走 多田修平選手 2走 飯塚翔太選手 3走 桐生祥秀選手 4...詳細
  • 【ボルト越えの史上最年少記録!】18歳サニブラウンが200mで決勝進出!![動画・解説]
    【ボルト越えの史上最年少記録!】18歳サニブラウンが200mで決勝進出!![動画・解説]
    陸上の世界選手権6日目、男子200メートル準決勝が行われ、サニブラウン・ハキーム選手が見事決勝進出を果たした。 0.3mの向かい風の中、20秒43で2組2着となり着順で準決勝を通過した。 決勝進出...詳細
  • 【伝説ボルト最後の100m】ガトリンが接戦制し金、ボルト銅[動画・解説]
    【伝説ボルト最後の100m】ガトリンが接戦制し金、ボルト銅[動画・解説]
    ロンドンで行われている世界陸上2日目は、100mの男子決勝が行われた。 残念ながら、日本人3選手(ケンブリッジ選手・多田選手・サニブラウン選手)は準決勝で敗れてしまったものの、ボルト選手がこの大会を...詳細
  • 【世界陸上】史上初!日本勢3選手全員が準決勝進出【男子100m】
    【世界陸上】史上初!日本勢3選手全員が準決勝進出【男子100m】
    世界陸上ロンドン大会が4日に開幕。 男子100メートル予選には、日本から多田修平選手、ケンブリッジ飛鳥選手、サニブラウン・ハキーム選手の3人が出場した。 各組3着と3着以降タイム上位6名が準決勝に...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved