• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

冬季練習の季節がやってきましたね。
この冬を機に、走フォームの改善に取り組む選手は多いのではないでしょうか。
ストライドの向上、ピッチの向上・・・課題はそれぞれだと思いますが、
今回は、そのような選手への参考として、ストライドを落とさずにピッチを向上させたオリンピアンの事例を紹介していきたいと思います。

この研究では、100m選手の走法改善を目指し、100m記録は10秒5前後から10秒21まで記録の改善が見られました。
その内容は下記の通りです。

【ストライドを落とさずにピッチを向上させた事例】
1.計画の狙い
・鉛直方向(重力の向き)への力を大きくする

2.実際に得られた結果
・ストライドを落とさずピッチを向上させた
・タイムを10秒5→10秒21まで縮めた

3.タイム向上の要因
接地中の鉛直方向の床反力の力積を大きくするために、それまでは重心を高く保って腿を高く上げて走っていたのを、逆に重心を適度に低く保ち、地面に押し付けるような走イメージに変更した。
→結果的に、タイムが10 秒 21に向上 &ストライドは従来と比較して変化はなく、ピッチ上昇が見られた。

4.その理由
一般にはピッチの上昇はストライドの減少を伴うものであるが、重心を低めに保つことにより、ピッチ増加によって短縮した接地時間内に以前と同レベルの力積を発揮できた

5.改善に用いたイメージ
①接地中にできるだけ鉛直(下)方向に力を加えられるようにするため、適度に低い重心高を保つ(浮かび上がり過ぎない)
②接地中は接地脚に体重を乗せこむようにする
③接地脚は体重を乗せこんだことによってつぶされないように(上下動が起こり過ぎないように)しっかりと支える
④足関節もつぶされないように、できるだけフラットに接地(足底全体で地面を捉える)する
⑤ピッチを低下させないために、離地前後には接地脚の腰を前にリードして、接地脚の前方への回復を促す

以上がこの研究で得られた知見です。
この選手は実際に、走法の改善でアテネオリンピックに出場しました。
ワンランク上の走技術を身に着けたい選手は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 反発を利用してより高く!リバウンドジャンプBOX

    反発を利用してより高く!リバウンドジャンプBOX

    今回はBOXを利用したジャンプトレーニング。リバウンドジ...

    2016年03月13日

  • 100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

    100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

    冬季練習の季節がやってきましたね。 この冬を機に、走フ...

    2016年11月17日

  • 【速いスタート習得のために】スタートで前傾(体を前に倒す)はなぜ大事なのか?

    【速いスタート習得のために】スタートで前傾(体を前に倒す)はなぜ大事なのか?

    学校ではしばしば、スタートは下を見て走るのが大事と習いま...

    2017年02月08日

  • ハードル振り下ろしドリル

    ハードル振り下ろしドリル

    ハードルを使ったハードルのクリアランスの練習です。 リ...

    2015年05月06日

  • 【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    こんにちは! 先日閉会したリオオリンピック。 陸上の...

    2016年08月26日

  • 片足ホッピング

    片足ホッピング

    プライオメトリックトレーニングを行う事で、下半身の最大筋...

    2015年09月26日

  • 伝説の跳人、ボブビーモンに学ぶ

    伝説の跳人、ボブビーモンに学ぶ

    ボブ・ビーモン(1946年8月29日)は、アメリカの男子...

    2015年05月26日

  • コーナーマーク走

    コーナーマーク走

  • 陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

    陸上選手必見!大腰筋に効かせるトレーニングとその効果

  • ルメートルの速さの秘密

    ルメートルの速さの秘密

  • ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

    ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

  • ハードルをくぐって股関節を使おう!ハードルくぐり

    ハードルをくぐって股関節を使おう!ハードルくぐり

  • 【名門コニカミノルタ式その②】下半身トレーニング

    【名門コニカミノルタ式その②】下半身トレーニング

  • 壁倒立でさらに出来るように!倒立をマスターしよう!

    壁倒立でさらに出来るように!倒立をマスターしよう!

  • 【男性顔負け】ジーターの筋トレ

    【男性顔負け】ジーターの筋トレ

  • 跳躍選手必見!”ピストルスクワット”で臀部の爆発力をつける!

    跳躍選手必見!”ピストルスクワット”で臀部の爆発力をつける!

  • トータッチウォーク

    トータッチウォーク

  • 女子100m世界歴代10傑

    女子100m世界歴代10傑

  • 【おすすめアップ】両腕回しステップ

    【おすすめアップ】両腕回しステップ

  • ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

    ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

  • 【土江コーチ流】スタートで重要な重心移動を身に着けよう!

    【土江コーチ流】スタートで重要な重心移動を身に着けよう!

  • 60m世界歴代1〜10位 映像

    60m世界歴代1〜10位 映像

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    スポーツに必要な「動的バランス」をチェックしよう!
    バランス能力には「静的」と「動的」に分ける事が...詳細
  • 【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    【リアクショントレーニング】反応能力を身に着け「出だし」で差を着けよう!
    「速さ」には「スピード」「アジリティ」「クイッ...詳細
  • 股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    股関節を上手に使えるようにしよう!うつ伏せで行うダイナミックストレッチ!
    今回は大腿部前面~腹部にかけてのダイナミックス...詳細
  • 【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】
    今回はニーベントウォークの紹介です。 (kne...詳細
陸上競技
  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!
    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん...詳細
  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点
    指導者の皆さん、 短距離でも長距離でも、走り...詳細
  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!
    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたい...詳細
  • 【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~
    これからシーズンへ向けてスピード種目の練習を行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    お風呂でコンディションを整えよう!【4種類のケア紹介】
    シーズンに入り、毎週末に試合がありなかなか疲労...詳細
  • 【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    【肩甲骨ストレッチ】肩の可動域を広げて動きにキレを出そう!
    今回は身近なものでできる肩甲骨ストレッチの紹介...詳細
  • ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    ウォーミングアップにおすすめ!【股関節の動的ストレッチ兼トレーニング】
    股関節の柔軟性に悩みのある方はもちろん 股関...詳細
  • 【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    【しっかりと履けていますか?】正しいシューズの履き方【見直してみよう!】
    春のこの時期に、心機一転シューズの買い替えをす...詳細
サッカー
  • 【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    【ミラードリル!】 相手の動きに素早くついて行こう!
    球技では様々な方向へと移動する能力が必要となり...詳細
  • 【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    【メッシ&スアレスが行う】TRXを応用したフィジカルトレーニング
    サッカーの超名門チームである「バルセロナ」を牽...詳細
  • 【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    【世界一の選手を作るのは世界一の意識】C・ロナウドがトレーニングで行っている工夫とは?
    欧州王者に輝くこと11回。 世界的ビッククラ...詳細
  • 筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋トレ後に最適なフィジカルステップトレーニング
    筋力トレーニングやウエイトトレーニングをするこ...詳細
栄養・食事
  • 【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    【練習後におススメの組み合わせ!】コンビニですぐ買える、疲労回復にはこのセット!
    練習後やトレーニング後に捕食を入れる方は多いと...詳細
  • 【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    【コーヒーを飲む方は必見】スポーツ前にコーヒーを飲むメリット・デメリット
    日頃、スポーツを行っている方で、コーヒーを飲ま...詳細
  • 【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    【試合当日】栄養補給の内容とタイミングで差をつけよう!
    4月中旬のこの時期、シーズンが始まったスポーツ...詳細
  • 【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    【試合中のエネルギーの枯渇を防ぐ】カーボ・ローディング【食事&運動法】
    カーボ・ローディングという言葉をご存知ですか?...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    【激しい練習をする人は知っておこう】「スポーツ心臓」のメリットとデメリット
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • 【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    【昼寝】アスリートにはパワーナップがオススメ!
    パワーナップという言葉をご存知ですか? Power=力 Nap=仮眠、昼寝 を合わせた造語で、15〜30分くらいの睡眠のことを言います。 短い時間で最大限効率よく睡眠を取れるのがこのパワ...詳細
  • 語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!
    新横綱稀勢の里が、千秋楽で1差で追いかけていた照ノ富士を本割と優勝決定戦で連破し、大逆転での2場所連続優勝を果たした。 新横綱での優勝は貴乃花以来、約22年ぶり。 稀勢の里は13日目の取組で左...詳細
  • 主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    主要な筋肉を理解してパフォーマンスアップにつなげよう!【腸腰筋】
    トレーニングや実際のプレー中にどこの筋肉をどう使っているのか意識をしたことはありますか? 「なんとなく」から「確信を持って」体の部位を使っていくと、 トレーニング効果だけでなく動きのパフォーマンス...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved