• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】

ケガは予測できる時代へ!【フィジカルチェック】特設ページ<改善エクササイズ>

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

【㊗利用選手10000人突破!!】

☆改善エクササイズはページ下部より

ケガ予防フィジカルチェックとは?

10万人を検査して分かった『ケガをする人に共通する特徴』。
整形外科医や理学療法士らとそれらを整理し、ケガを予測できる日本で初めての診断ができました。
それが「フィジカルチェック」です。

スポーツ現場ではケガが原因で練習から離れてしまう場面や試合で思ったような結果を出せずに悩みを抱え苦しむ選手をこれまで多く見てきました。
フィジカルチェックによって、各選手が持つ部位別のケガ危険度が数字で明らかになるとともに、ケガを防ぐためにすべきことが分かります。
やるべきことが分かれば、日々のストレッチやちょっとした心がけで、ケガの数を一気に減らすことが可能です!
さまざまな研究学会でも評価されているとともに、昨年は53人から6人になるなど平均80%(チームあたり)のケガ人を減らすことに成功しました。
それだけでなくフィジカルチェックを活用することで『記録や成績の向上』も見られ、強くなるための測定としても多くのスポーツの強豪校が実施してくれるようになりました!
実際に2017年に受けた多くの選手が記録を伸ばしインターハイで活躍しています。
すべてのスポーツでその効果が実感できるので、年齢・スポーツ問わずご利用になれます。
ケガに悩むチームや選手の方、ケガせず強くなるための日本初の測定を是非スポーツ現場で体験してみてください!
パンフレットはこちらから→physicalcheck_pamphlet


ケガ予防フィジカルチェック詳細

この測定の良いところは、チーム選手のケガのリスクや練習の指針が明らかになるのはもちろんのこと、個々の選手が自分の身体を意識するきっかけになることです。
その結果、チームのケガの人数が53人→6人になるなど大きな成果が出ているとともに、成績の向上にもつながっています。

<内容>
次のサービスが含まれます。
・出張によりすべて専門家の手作業による測定
・結果のフィードバック(以下のシートをお渡しします)
 ‐各選手へのフィードバックシート
 ‐各選手のデータ(PDF)  ‐顧問・コーチ向けのチームデータシート
 ‐チーム内ランキング表
・エクササイズ講座

<流れ>
①学校やチームまでトレーナースタッフがお伺いし一人一人を詳細に測定(約1~2時間)
※チームの出張測定は10人以上
②一人一人のデータを分析し、ケガの危険度やその原因を調査(約1~2週間)
③個人ごとのシートにまとめ、チームに返却
④スポーツクラウドサイトにて改善トレーニングを公開
(個人の場合は、スポーツクラウドの整体院にて測定できます、その旨をご連絡ください。)

<対象>
小学校・中学校・高校・大学・一般のすべてのスポーツ競技で可能

<地域>
日本全国で行っております。
まずはご相談ください。

<料金>
年2回以上実施で、
一般チーム・個人:1人2000円/回(1回のみ3000円)
小~大学のチーム:1人1000円/回(1回のみ1500円)
プラス交通費
(上記料金は印刷料やスタッフ派遣料などに充てており、最低限の経費だけお力添えください)
※チームの出張測定は10人以上
※改善して初めて障害を予防できるので、2回以上の測定を推奨しております

<実施校>
すでに強豪チームをはじめとする学校部活動やチームでお使いいただいております。一部ご紹介させていただきます。
特に陸上・サッカー・ラグビー・剣道・アメフト・ラクロスが人気です。
ブルサイズ(アメフトチーム)、スポールブール ナショナルチーム、千葉ロードバイクチーム、同志社大学(陸上部・サッカー部)、大阪市立大学、草加東高校、明星学園中高、片山学園中高、野津田高校、その他多数

<監修メンバー>
・石井壮郎:医師 (筑波大学 Sports Research &Development core,松戸整形外科病院 MD)
・亀山顕太郎:理学療法士 (松戸整形外科クリニック クリニック管理部長)
・佐藤哲史:アスレティックトレーナー (大阪リゾート&スポーツ専門学校,大阪医専講師)
・宮田志帆:栄養士・健康運動指導士 (Laughaul(ラファール)代表)
・荒川優:スプリントコーチ (スポーツクラウド社長,小学校走指導プロジェクト日本代表コーチ)

<研究実績>
これらのベース研究は、さまざまな学会で評価されています。
・高校サッカー選手における腰痛発症予測システムの作成 ~腰痛発症と身体機能因子の検討~ <日本腰痛学会(2014)>
・女子新体操ジュニア選手のための障害予測システム <日本臨床整形外科学会(2016)>
・高校野球選手の競技能力向上と障害予防を両立させるフィジカルチェック <日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(2016)>

<お申込み・お問い合わせ>
「info@sports-crowd.net」にメールいただくか、 (お申込みフォーム)まで。


改善エクササイズ集

ケガを予防するには、診断結果に基づいて改善を行うことが重要です!
このページでは結果に対応する形で、項目別の改善エクササイズを公開しています。
解説してくださるのは、松戸整形外科のクリニック管理部長である亀山先生です。
必要な項目をクリックしご覧ください。

つま先立ち(体幹/安定性)

①チェック方法
②原因が大腿前面にある場合のエクササイズ
③原因が大腿後面にある場合のエクササイズ

肘付き腕上げ(背中/柔軟性)

改善エクササイズ①
改善エクササイズ②

腹部ドロー差(腹圧/機能性)

改善エクササイズ①
改善エクササイズ②

横向き回旋(体幹/柔軟性)

改善エクササイズ

台立ち上がり(股関節/機能性)

改善エクササイズ

座位足上げ(腸腰筋/機能性)

改善エクササイズ

屈み保持(股関節/安定性)

改善エクササイズ

上向膝上げ(股関節/柔軟性)

改善エクササイズ

前屈[通常](脚部/柔軟性)

改善エクササイズ

前屈[差](アキレス/柔軟性)

改善エクササイズ

下向膝曲げ(大腿前/柔軟性)

改善エクササイズ

上向足上げ(大腿後/柔軟性)

改善エクササイズ


<お申込み・お問い合わせ>
「info@sports-crowd.net」にメールいただくか、 (お申込みフォーム)まで。

  • 投稿者:編集部 スポーツクラウド

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【股関節の機能性・可動性を高める】ヒップヒンジの段階的エクササイズ
    【股関節の機能性・可動性を高める】ヒップヒンジの段階的エクササイズ
    今回はウォーミングアップやコレクティブエクササ...詳細
  • 【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    【コックヒップリフト】股間節がスムーズに動くようになるエクササイズ
    今回は股関節屈筋群の連動性を高め、臀部周辺の筋...詳細
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    【股関節の可動域向上】太ももを高く引き上げるダイナミックストレッチ「レッグクレイドル」
    今回は股関節の動きを引き出し、太ももを高く上げ...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    【トップ選手から学ぶ】~走りの基礎を見直そう~飯塚翔太選手
    飯塚翔太選手は、リオデジャネイロオリンピック4...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    【強豪校はここが違う!】中京大中京高校が行うハードルを使ったトレーニング
    今年の全国高校総体(陸上競技)で、女子総合優勝...詳細
  • 【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    【オリンピック選手はここが違った】速く走るために行う体幹の軸作り
    野澤啓佑選手は、ミズノトラッククラブに所属し4...詳細
  • 【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    【洛南高校が行うボックスジャンプ】U20世界陸上100m8位の身体の使い方
    今回、陸上競技の強豪校として有名な洛南高校が行...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ
    ランナーの方やそうでない方も膝の痛みを抱える方...詳細
  • カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    カチカチになっていませんか?【ふくらはぎのセルフマッサージ】
    ふくらはぎのセルフマッサージを紹介します! ...詳細
  • 【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    【体幹部周辺の柔軟性向上】背中&腹部をストレッチする!「サイドリーチアップ」
    今回は広背筋・腹斜筋をストレッチするエクササイ...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    【可動域&柔軟性の向上】胸周りと股関節周辺のダイナミックストレッチ
    股関節周辺と胸周りの柔軟性・可動域はパフォーマ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細
  • 【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    足を痛めてしまう要因としては、 ・シューズが合わない(シューズを買えたばかり) ・サーフェイス(地面)が不安定 ・練習量の増加  ・身体柔軟性の低下 ・マルアライメント 以上の要因など...詳細
  • 【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    本日(2018/9/23)、第66回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会行われている中、江里口匡史選手の引退セレモニーが行われました。 江里口選手は、日本選手権男子100mを4連覇し、2009年ベル...詳細
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細

Category/カテゴリー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved