• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集

  • 投稿者:ガジュマルくんフィジカルコーチ

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集

オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手。

彼は長距離選手らしい細身な体型ですが、長距離ランナーにも意外と必要なトレーニングを行っているからこそ、マラソンなどの長い距離や10000mの移り変わるスピードやラストの驚異的なスパートに対応できる身体作りが出来ていると考えられます。

では、どのようなトレーニングを行っているのか。気になりますよね。
少しだけではありますが、覗いてみましょう!

まず基本となる体幹トレーニングです。あえてアンバランスなところで鍛えることで全身をくまなく鍛えることが出来ます。アンバランスなところで鍛えても意味がないという声もありますが、アンバランスなところで鍛えることにより、不自然で意図しないような動作にも対応できる身体作りを行うことが出来ます。
自分の許容範囲内で鍛えることも必要ではありますが、身体をくまなく鍛えられているかというと、そうではありません。平面で鍛えることよりも立体的に身体を鍛えることが重要になってきます。

次にアジリティトレーニングです。
ラダーなどを用いた細かい動き、大きな動きのなかで素早さを意識的に生みだします。海外選手はラスト400mを60秒を切るスピードでスパートをかけます。このスピードを出せる長距離選手はなかなかいないでしょう。10000mにしても、9400m走ったあとに60秒を切ってくるのですから相当なスピードの持ち主でないと出せないタイムです。
これらのスピードを養うためにも速い動きは長距離選手にも必要になります。

そしてウエイトトレーニングです。
クリーンやスクワットなど相当な重量で行っていることが見てわかると思います。長距離選手はロングジョグや長い距離を高いスピードで走っていても肺は鍛えられるかもしれませんが、筋力への効果は薄いでしょう。
また、距離を踏むトレーニングは怪我が伴います。なぜ怪我をするのか考えたときに、筋力量の不足があげられます。自分の身体を長い時間支える筋力がなければ骨に異常が出ます。骨を包む筋肉を鍛えないかぎり、長距離を走る体力は養えないでしょう。


長距離を専門にしている選手で長い距離を走ってばかりの方はトレーニング方法を改めて考えてみる機会になるのではないでしょうか。


この映像は「The Oregonian」様の作品です

  • 投稿者:ガジュマルくんフィジカルコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 効率の良い走りを目指せ!骨盤の前傾

    効率の良い走りを目指せ!骨盤の前傾

    今回は骨盤の「前傾」について説明します。 陸上競技...

    2015年11月19日

  • 高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    福井県陸上競技場リニューアルメモリアルセレモニーにおいて...

    2016年06月06日

  • 強豪校のハードルトレーニング

    強豪校のハードルトレーニング

    高校陸上界の強豪校、埼玉栄高校が行っているハードルを用い...

    2015年10月27日

  • 加速をスムーズに!加速時の動き作り

    加速をスムーズに!加速時の動き作り

    短距離走でのスタート〜加速時の簡単な練習法について紹介し...

    2016年01月28日

  • 【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!

    【トップ選手の坂ダッシュ】坂のメリットを理解して練習してみよう!

    今回は坂ダッシュの有用性について考えていきたいと思います...

    2017年04月07日

  • 陸連合宿を見てみよう!トップアスリートのインターバルトレーニング!

    陸連合宿を見てみよう!トップアスリートのインターバルトレーニング!

    2013年の1月に行われた日本陸連により選ばれた陸上短距...

    2016年01月14日

  • ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

    ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

    1936年ベルリンオリンピックの男子走高跳びの映像です。...

    2015年03月19日

  • 若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

    若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

  • アリソンのサーキット

    アリソンのサーキット

  • パウエル ハイクリーン

    パウエル ハイクリーン

  • 恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

    恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

  • 【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

    【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

  • 走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

    走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

    ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

  • 福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

    福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

  • 【名門コニカミノルタ式その②】下半身トレーニング

    【名門コニカミノルタ式その②】下半身トレーニング

  • 一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

    一石二鳥!加速局面の動きづくりと腸腰筋トレーニング

  • トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】

    トップアスリートから学ぶ【十種競技世界記録保持者アシュトンイートン】

  • 【強豪校・岡崎城西高のトレーニング】チューブ歩行で臀筋強化!

    【強豪校・岡崎城西高のトレーニング】チューブ歩行で臀筋強化!

  • スプリントドリル〜シザース〜

    スプリントドリル〜シザース〜

  • 強豪高校を見る!松山高校直伝のツイスト歩行

    強豪高校を見る!松山高校直伝のツイスト歩行

  • つま先立ち走りを実践!視線の高さ、姿勢を作ろう!

    つま先立ち走りを実践!視線の高さ、姿勢を作ろう!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved