• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

走りの中でトップ(最大)スピードは非常に重要です。
研究からトップスピードが、タイムに最も影響を与えることが指摘されています。
トップスピードとは、その人の最も速い瞬間の速度で、100mでは50m前後に出現するとされています。
速い選手ほどその出現位置は後半になり、例えばウサインボルト選手は60m前後でトップスピードとなり、その時には時速45キロ近くも出ていると推測されています。

今回はそのトップスピードを高めるための練習として「加速走」を紹介します。
もちろん同じ加速走でもチームによっては異なる目的で行うこともあると思ので、私が行う加速走のケースとして参考にしていただければと思います。

【方法】
30m+30m(30mを「加速区間」とし、30m~60mの「最大速度区間」で最も速度が高まるように走る)

この時30m地点に人を配置し、30mを通過する瞬間に合図してもらいます。タイム測定者は、そこから30mの最大速度区間タイムを測定します。

30mをこのタイムで割ることで、1秒当たりの速度が導き出されます。
(例:3秒00の場合、10.00m/秒)

【ポイント】
トップスピードを妨げる要因として、
①加速がうまくできていない(力みすぎ、急ぎすぎ)
②トップスピード時にロスが起こる(接地や体の使い方、タイミングが崩れる)
の2つが考えられます。

①に関しては、最初の30mをフルに使って最大速度区間でトップスピードが出るよう焦らずに加速しましょう。
スムーズな加速につなげるために、動画のようにスキップやステップから入ることも可能です。
よく10m+30mの加速走を見かけますが、10mでスピードを上げようと力むことで、スピードが上がり切っていない選手を見かけるので、30m加速区間を設けることをおすすめします。

②に関しては、トップスピードになったら「それ以上スピードを上げようと思わない」ことが重要です。
トップスピードになると、それ以上どうあがいてもスピードは上がらないばかりか、その力みが減速につながってしまいます。
「スピードを維持する」意識を持ちましょう。

【タイムの参考に】
100m選手であれば、30m+30mと100mのタイムの関係は経験上以下の通りです。
3.5=12秒5
3.0=11秒3
2.8=10秒5
もちろんスタートのうまさや、タイプによっても変わりますが、目標にしてみてください。


先日の日本選手権ではサニブラウン選手が優勝しました。
彼の最大速度は、11.5m/秒を越えていたとのことで他選手を圧倒していました。
日々の練習ではどうしてもスタートなどの要素練習をやりがちですが、今一度「自分の最も速い瞬間」に目を向けてみると、レベルアップのきっかけがつかめるかもしれませんよ!

この動画は「中大陸上部(短・跳・投ブロック)」をシェアさせていただいております。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

    みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

    みなさんはワニ歩きというものをしたことがありますか?室内...

    2015年12月10日

  • 地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

    地面反力と重心移動がカギ!ホッピングを改めて見直そう

    ホッピングは、陸上の基礎的動作やフィジカルの強化として練...

    2016年03月23日

  • 目指せ桐生選手!コントロールテスト〜メディシンバック投げ〜

    目指せ桐生選手!コントロールテスト〜メディシンバック投げ〜

    コントロールテスト メディシンボールバック投げ編の紹介で...

    2015年11月09日

  • ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

    ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

    陸上の国際最高峰のリーグ戦、ダイヤモンドリーグが開幕!さ...

    2016年05月16日

  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意

    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意

    クリスチャン・コールマン(Christian Colem...

    2020年04月03日

  • トップ選手のトレーニングを参考にしてみよう!【ウサイン・ボルト選手】

    トップ選手のトレーニングを参考にしてみよう!【ウサイン・ボルト選手】

    陸上男子100m、200m、4×100mRの世界記録を保...

    2016年10月10日

  • 【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!

    【早く走るための要素が詰まっている】速歩きでスプリントを磨こう!

    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん含まれてい...

    2017年04月14日

  • 【怪我予防&パフォーマンスアップ】ダイナミックストレッチ9種&コツ【ゲーレンラップ選手】

    【怪我予防&パフォーマンスアップ】ダイナミックストレッチ9種&コツ【ゲーレンラップ選手】

  • ガトリンのスプリントトレーニング

    ガトリンのスプリントトレーニング

  • 東京高校 短距離陣の練習法

    東京高校 短距離陣の練習法

  • 記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

    記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

  • アリソンのトレーニング②

    アリソンのトレーニング②

  • 恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

    恐るべきパワー!パウエル選手のハイクリーン&フロントスクワット

  • 白人最速選手から学ぶ、

    白人最速選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走法!

  • 高野進氏の走り方講座②(9つのドリル)

    高野進氏の走り方講座②(9つのドリル)

  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング

    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング

  • 【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

    【中・長距離の選手へ…】スタンディングスタートの構え方

  • スプリント分析(スタート)

    スプリント分析(スタート)

  • より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手のフライングスプリット】

    より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手のフライングスプリット】

  • 【走る前にやってほしい】骨盤から大きく動かす「ヒップハイク」

    【走る前にやってほしい】骨盤から大きく動かす「ヒップハイク」

  • 男子走り幅跳び 非公認の大ジャンプ

    男子走り幅跳び 非公認の大ジャンプ

  • ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

    ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • 200m世界10傑

    200m世界10傑

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved