• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?
【12・23開催】第5回スプリントクリニック特別版 残りわずか!

≪身長が伸びない?≫ なぜ小中学生での筋トレがいけないのか?

スポーツシーンでは、筋トレを積極的に行う人もいれば、控える人もいます。
ただ、小中学生など若い時期には筋トレは行うべきではないと、聞いたことのある方は多いはずです。
今回は、これについて書いてみたいと思います。


この前提にあるのは、「低年齢期の低強度トレーニングは骨を長く太くする良刺激となる一方で、高強度トレーニングは骨の成長を抑制する(松田,1986)」という研究結果にあります。
骨の成長は、男女差こそあるものの一般的に18歳まで起こります。
また骨がどこまで成長するか、つまりどの程度まで身長が伸びるかは、大きな割合で生まれつき決まっています。
研究によって、本来もっと伸びるはずだった骨の成長が、高強度トレーニングによって止まってしまうことが分かったのです。
ここから、若い時期は筋トレを控えたほうがいい・・・と広まったと考えます。


では高強度トレーニングとは何か、という話になります。
筋トレでも、自重による腹筋背筋やジャンプでしたら問題はありません。
一方で、マシンで高付加に設定したり、バーベルを担いだスクワットなどは高強度に含まれると考えていいでしょう。
あまり筋トレとして認識されてはいませんが、強い着地を伴うジャンプトレーニングや激しい接触を伴う動作も高強度トレーニングに含まれるので注意してください。

これらのことから運動負荷は、マシンなど道具を使うかどうかや筋力トレーニングと分類されているものかどうかではなく、要は選手にかかった機能的負荷で判断すべきだということです。


よく若くして筋肉ムキムキの選手や、激しい着地の衝撃を受け続ける体操選手で身長が低い方が多いのはこのせいだともいわれています。
適度な刺激であれば、若い時期からしっかりと体を作りスポーツへの適応を高めることができるので、若い選手やお父さんお母さん、指導者の方は是非参考にしてみてください。


***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5) 指導申込: http://ランコネ.jp/
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担う。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】

    【骨盤周辺を上手に使うことができない人は「下位交差性症候群」かも?】

    今回は骨盤周辺を上手に使えるようにするためのアプローチを...

    2017年08月08日

  • ストレッチポールで脛ケア

    ストレッチポールで脛ケア

    長い距離を走ったり、地面のかたい場所で走行距離が重なると...

    2016年01月28日

  • 毎日のトレーニングやケアにも使える!可動性と柔軟性を高めるエクササイズ10種目

    毎日のトレーニングやケアにも使える!可動性と柔軟性を高めるエクササイズ10種目

    今回ご紹介するのは【可動性・柔軟性】を向上させるエクササ...

    2017年05月18日

  • 胸椎を伸展させるストレッチ!猫背改善、正しい姿勢をキープしよう!

    胸椎を伸展させるストレッチ!猫背改善、正しい姿勢をキープしよう!

    胸椎を伸展させるいくつかのストレッチを紹介します! ...

    2016年09月08日

  • 開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】

    開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】

    今回は「開脚」にポイントをおいたストレッチを紹介します。...

    2018年08月08日

  • 柔軟性を高めて怪我知らずの身体になろう!股関節のストレッチ!

    柔軟性を高めて怪我知らずの身体になろう!股関節のストレッチ!

    股関節は下半身の根元であり、足を動かすにあたり必ず可動す...

    2016年03月13日

  • 鍛えるだけではダメ!腸腰筋のストレッチ方法

    鍛えるだけではダメ!腸腰筋のストレッチ方法

    腸腰筋のストレッチです。腸腰筋のトレーニングと継続してス...

    2016年02月23日

  • 仙腸関節を調整してパフォーマンスアップ

    仙腸関節を調整してパフォーマンスアップ

  • 【セルフストレッチ】バンドを使って効率的に「ふくらはぎ」をゆるめてみよう!

    【セルフストレッチ】バンドを使って効率的に「ふくらはぎ」をゆるめてみよう!

  • サングラスで紫外線対策を

    サングラスで紫外線対策を

  • 【試合に最高の状態で臨むために】試合前1週間で意識したいこと「練習・栄養・私生活」

    【試合に最高の状態で臨むために】試合前1週間で意識したいこと「練習・栄養・私生活」

  • 不眠症を解消しよう!解消ストレッチ

    不眠症を解消しよう!解消ストレッチ

  • ウォーターローディング

    ウォーターローディング

  • 【テーピング】お尻(大臀筋)をサポート!

    【テーピング】お尻(大臀筋)をサポート!

  • つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

    つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

  • おなかのストレッチ

    おなかのストレッチ

  • バランスボールでストレッチ

    バランスボールでストレッチ

  • 内側広筋をほぐす

    内側広筋をほぐす

  • 【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ

    【その痛みこれが原因かも?】膝の痛みを減らすお皿エクササイズ

  • 【股関節の動きが悪い…】股関節のつまりを解消し可動域を回復する3つのエクササイズ

    【股関節の動きが悪い…】股関節のつまりを解消し可動域を回復する3つのエクササイズ

  • 【腕への刺激で肩をゆるめる】 ボールを使ったアームリリース

    【腕への刺激で肩をゆるめる】 ボールを使ったアームリリース

  • 足がつる原因とは?

    足がつる原因とは?

  • ストレッチポールでおしりのケア

    ストレッチポールでおしりのケア

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    走る時に、前傾姿勢はしているけど腰が引けて「く...詳細
  • 【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    冬期練習に入り、身体作りを行っている方も多いと...詳細
  • 【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    今回はポステリアチェイン(背中~太もも裏側など...詳細
  • 【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    本格的に寒くなってきましたね! 練習前に...詳細
陸上競技
  • 【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    今回は全国大会で数多くの成績を残している岡崎城...詳細
  • 【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    来シーズンの記録やパフォーマンスを高めるために...詳細
  • トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    今回はジャマイカのアサファ・パウエル選手のハー...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    今回は背中の柔軟性が低下するリスクと背中の柔軟...詳細
  • 【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    今回は腰回り~臀部にかけて筋肉を伸ばすF4スト...詳細
  • 【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    今回は椅子に座ったまま出来る、お尻を伸ばすスト...詳細
  • 【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    今回は膝窩部(膝の裏側)をケアする方法を紹介い...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
  • 【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    マラソンシーズン到来! いよいよ寒くなってき...詳細
  • 疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    ストレッチやセルフマッサージ、睡眠などに気をつ...詳細
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved