• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 情報
  3. コラム

ファンクショナルトレーニングとは?本場の理論と解説

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

ファンクショナルトレーニングとは?本場の理論と解説
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

ファンクショナルトレーニングとは?本場の理論と解説

こんにちは、PRPの佐々木です。
今回は、日本の皆さんに”本物”のファンクショナルトレーニングとはどういったものなのか紹介していきます。

日本でもファンクショナルトレーニングが流行ってきていますが、大体の人は間違ったやり方で理解してしまっています。
ファンクショナルトレーニングとは別に不安定な場所に立ってボール投げたり、スクアットをしたりするものではありません!
それはサーカスです!


ファンクショナルトレーニングとは
”怪我をするリスクを最低限にして、しなくてもいい無駄な怪我を未然に防ぎ、パフォーマンスアップのみを考えたトレーニング”
です。
そして、その最初の過程としてコレクティブ・エクササイズやアスレティックトレーナーや理学療法士からジョイント・モビライゼーションやARTなどの手技を受けて”動きの質”を上げていくことを目的としています。
なので動きの質の上がり具合によってどんどんパフォーマンスアップを目的としたストレングストレーニングをしていけばいいんです。

例えば、画像のようなデッドリフトは最高のファンクショナルトレーニングの一つです!


このファンクショナルトレーニングを支える考えの一つが”Risk&Reward”です。

Risk=日本語でもおなじみリスクです。
つまり、エクササイズによるマイナスな効果ということです。
明らかな関節の可動性・安定性・モーターコントロールの問題を無視して怪我の要因をさらに助長してしまったり、実際に怪我をしてしまったりと大事な選手の大切な時間を無駄にしてしまう結果になります。

Reward=トレーニングのポジティブ・プラスの効果ということです。
しっかりと選手の体の問題を理解して、正しい種目を選んだ時にはパフォーマンスアップだけが起こります。

つまり、ファンクショナルトレーニングにおいては
”ハイリスク・ハイリターン”
ではなく、
”ローリスク・ハイリターン”
を目的とします。
当たり前のように見えますが、非常に多くのトレーナーやストレングスコーチが選手の可動性・安定性・モーターコントロールの問題を理解せずこれらを行っています。
そのため学校での教育を受け怪我を未然に防ぐ立場でありながら、逆に怪我を助長、もしくは大切な選手に実際に怪我をさせています。
怪我が起こるということは選手の問題を理解していないと言っているようなもんです。

では、実際にこのR&Rの考え方をどう使っていけばいいのでしょうか?

例えば、腕が完全に上がらない、もしくは代償運動ありでしか上がらない場合は、腕を上げた状態になる種目(スナッチ、ミリタリー・プレス・ジャーク)などは肩の可動性・安定性が上がるまで控えておきます。

その可動性・安定性を上げている間に腕が肩の高さまでにしか来ないような種目をしておけばいいわけです。
例としてはデッドリフト、フロント・スクアット、ブルガリアンスクアット、腕立て伏せ、クリーン、ケトルベル・スウィングなど腕を頭の上に上げなくてもパフォーマンスアップに使える種目はたくさんあります。
デッドリフトは肩の安定性を上げるのに非常に種目です。

そして、腕がしっかりと上がるようになってからミリタリープレスなど腕をあげる状態になる種目をさせればいいわけです。

ここまで読んだ人はもうわかると思いますが、このプロセスは時間との戦いです。
シーズンは待ってくれません。
でも怪我をするわけにはいかない、シーズン間近になればなおさらです。
でもパフォーマンスアップのためにどうしてもミリタリープレス、そしてスナッチやジャークを入れたい。
ならば、その場での思いつきでトレーニングを決めるのではなく、しっかりと科学に基づいたシステマティックなトレーニングプログラムを事前に考えていく必要があります。
もちろん日々の修正は必要になってきますが、事前にある程度決めておくのと、行き当たりばったりでは差は歴然です。

多分、ここまで読んだ人はファンクショナルトレーニングと今までのストレングストレーニングの違いや共通点が見えたと思います。大切な選手の体です、怪我を最低限に抑えてシーズンを迎えましょう!

***********************************************************************
筆者:
佐々木優一
☆MS.,ATC.,LAT., NASM-PES。BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)。
アメリカで活動を行っており、テネシー州Lee Universityの野球チームをメインに
幅広く学生アスリートの怪我の予防プログロムの作成やリハビリなどを担当。
➣詳しいプロフィールはこちら;
https://performancerestoration.wordpress.com/profile/
***********************************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【陸上400mR】 驚愕の日本新&アジア新!日本が全体2位で決勝へ!!

    【陸上400mR】 驚愕の日本新&アジア新!日本が全体2位で決勝へ!!

    メダルが期待されていた男子400mR予選第2組に日本が登...

    2016年08月19日

  • 注目の一戦はドロー

    注目の一戦はドロー

    ▽プレミアリーグ 第3節 アーセナル0-0リバプール ...

    2015年08月25日

  • 東洋大が初V!

    東洋大が初V!

    ▽第47回全日本学生駅伝が1日、愛知・熱田神宮から三重・...

    2015年11月02日

  • <東洋大>服部22日初マラソン

    <東洋大>服部22日初マラソン

    今年の箱根駅伝の「花の2区」で区間賞を獲得した東洋大の服...

    2015年02月10日

  • 全米学生選手権で快記録!

    全米学生選手権で快記録!

    全米学生選手権の男子100m準決勝で、T.ブロメル選手が...

    2015年06月13日

  • 20秒11の日本歴代2位!飯塚が激戦を制す!

    20秒11の日本歴代2位!飯塚が激戦を制す!

    決勝に並んだ選手のうち2人が派遣設定突破者。2人が参加標...

    2016年06月26日

  • 四大陸フィギュアは若手に注目

    四大陸フィギュアは若手に注目

    今日、2月12日から韓国のソウルで、四大陸選手権が開催さ...

    2015年02月12日

  • 侍J、藤浪が欧州戦へ

    侍J、藤浪が欧州戦へ

  • ソフトバンク圧倒的強さ!

    ソフトバンク圧倒的強さ!

  • 毎日更新‼︎スポーツ雑学④

    毎日更新‼︎スポーツ雑学④

  • 織田記念男子100mを制したのは山縣亮太!

    織田記念男子100mを制したのは山縣亮太!

  • 【DL Lausanne】パウエル!9秒96で優勝!

    【DL Lausanne】パウエル!9秒96で優勝!

  • 東京六大学 男子100m決勝

    東京六大学 男子100m決勝

  • NBA.ナッシュ、現役引退

    NBA.ナッシュ、現役引退

  • 織田記念100m予選

    織田記念100m予選

  • 世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]

    世界陸上4×100mリレー初のメダル獲得!![リザルト・動画]

  • 「まだ王者じゃ、ない。」青山学院大学駅伝ビデオが熱い

    「まだ王者じゃ、ない。」青山学院大学駅伝ビデオが熱い

  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性

    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性

  • 大阪桐蔭4連覇ならず

    大阪桐蔭4連覇ならず

  • 【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える

    【新しい環境でお悩みの方】自律神経を整える

  • 関東・関西インカレ男子800m

    関東・関西インカレ男子800m

  • 新国立競技場の屋根の開閉問題

    新国立競技場の屋根の開閉問題

  • 香川3アシストを記録

    香川3アシストを記録

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved