• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 情報
  3. コラム

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由

日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。
*疲れているから運動ができない。
*時間がないから運動ができない。
*もっと練習時間を確保したい。
*最近の猛暑により昼間に運動ができない。
そんな方にオススメなのが朝練です。

特に最近の猛暑は運動をする人にとって命の危険すらあるレベルです。
東京でも日中の気温が35℃を超えることもあり、運動をするにはあまりにも酷な環境です。
その点早朝ですと気温は比較的収まっており、30℃以下の環境で運動をすることができます。

コンディションを維持するためにも、比較的気温の低い早朝にトレーニングをオススメします。

早朝に練習を行うのは他にも様々な体に良い効果があります。
今回はそんなメリットと注意点をお話ししたいと思います。

①起床後にはテストステロンという筋肉増強に欠かせないホルモンの分泌量が多いという研究があります。
ストレスを感じるとテストステロンは減少してしまうため、朝一に運動をすることで最大限活かすことができます。

②朝は血中のインスリン濃度が低いため、脂肪燃焼効果が高くなります。
ダイエットに向いているとも言われますが、減量をしたいという方や絞り込みをしたい方へお勧めです。

③早寝早起きの生活リズムを作ることができます。
生活リズムの安定は体にとって非常に大切なことです。
睡眠の質の向上にもつながり、疲労やトレーニングで損傷した筋肉の回復にもバッチリです。

④集中力が高まる。
運動後に行う活動では集中力が高まるといった研究もあります。
気分的にも汗を流すことでスッキリとした目覚めになり、フレッシュな気分で仕事や学校に行けるようになります。

⑤新陳代謝が高い状態で1日を過ごせる。
朝に筋肉を動かし、血流を促進させることで、1日代謝の良い状態を作ることができます。
単一の部位ではなく、全身を動かすとより効果的です。



注意点としては
・体が起きていない為ケガをしやすい。
・自主的に行う場合、継続して行いにくい(三日坊主になりがち)
・内臓に負担がかかり易い。
・やりすぎると疲れて逆に集中ができない。
・睡眠不足になりやすい



一番考えなければいけないのは睡眠不足になってしまうということです。
朝から運動を行うとなると、どうしても睡眠時間が短くなってしまう傾向にあります。
その分早く寝る習慣をつくりましょう。

また朝ごはんを食べずに練習に参加することもあまり好ましい状況ではありません。エネルギー源が切れている状況で運動することは、思考力不足、集中力不足も招いてしまいます。


そうなると朝練はやめるべき?となるのですが、より効果的な早朝練習の方法としては

●まず前日はしっかり睡眠がとれる状況であること。

●朝練前に軽く何か食べてから参加すること。

●起床からすぐに運動をはじめるのではなく、準備運動をして体を目覚めさせること。

このようなことに注意をすると、よい充実した早朝練習になるのではないかと思います。

多くのメリットがある早朝練習。
時間を有効に使うためにも是非オススメです!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】

    ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】

    選手の皆さん、試合で最高のパフォーマンスを発揮するには、...

    2018年09月16日

  • 【MLB】青木、日本人タイ記録

    【MLB】青木、日本人タイ記録

    ● ジャイアンツ 1 - 4 ロッキーズ ○  ジャイ...

    2015年04月15日

  • 国際陸連第6代会長にコー氏が就任

    国際陸連第6代会長にコー氏が就任

    国際陸連は19日、北京で開いた総会で役員改選を行い、副会...

    2015年08月19日

  • [日本インカレ] Day 3

    [日本インカレ] Day 3

    第84回日本学生陸上競技対校選手権大会も3日目(最終日)...

    2015年09月13日

  • イエゴ世界歴代3位のビックスロー

    イエゴ世界歴代3位のビックスロー

    世界陸上男子やり投げでケニアのイエゴ選手が世界歴代3位の...

    2015年08月26日

  • イブラヒモビッチがマンUデビュー!

    イブラヒモビッチがマンUデビュー!

    サッカー、スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチが...

    2016年08月11日

  • 上原 日米通算100セーブ

    上原 日米通算100セーブ

    米大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手が、10日のトロ...

    2015年05月11日

  • アシックス、世界3位も射程内

    アシックス、世界3位も射程内

  • 長友インテル残留

    長友インテル残留

  • ジョコビッチ、フェデラーを下し決勝へ【全豪オープン】

    ジョコビッチ、フェデラーを下し決勝へ【全豪オープン】

  • 【U20世界陸上】男子110mH日本の古谷がアジア新で3位!

    【U20世界陸上】男子110mH日本の古谷がアジア新で3位!

  • コンディション戻り次第移籍か

    コンディション戻り次第移籍か

  • 【女子バレー】リオ代表メンバー12名が決定!!

    【女子バレー】リオ代表メンバー12名が決定!!

  • 楽天安楽 2軍落ち

    楽天安楽 2軍落ち

  • 太田宏介、オランダリーグ挑戦へ完全合意

    太田宏介、オランダリーグ挑戦へ完全合意

  • 日本選手権男子200予選

    日本選手権男子200予選

  • ボルト、2017年に現役引退

    ボルト、2017年に現役引退

  • まもなく世界リレー開催!

    まもなく世界リレー開催!

  • コートジボワールが王者に! 

    コートジボワールが王者に! 

  • 【朝練はなぜいいのか?】朝練の5つの効果

    【朝練はなぜいいのか?】朝練の5つの効果

  • ボルト 国際大会200mV

    ボルト 国際大会200mV

  • 内村航平 世界選手権6連覇

    内村航平 世界選手権6連覇

  • 世界陸上 マラソン代表発表

    世界陸上 マラソン代表発表

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved