• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 情報
  3. コラム

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
【12・23開催】第5回スプリントクリニック特別版 残りわずか!

【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由

日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。
*疲れているから運動ができない。
*時間がないから運動ができない。
*もっと練習時間を確保したい。
*最近の猛暑により昼間に運動ができない。
そんな方にオススメなのが朝練です。

特に最近の猛暑は運動をする人にとって命の危険すらあるレベルです。
東京でも日中の気温が35℃を超えることもあり、運動をするにはあまりにも酷な環境です。
その点早朝ですと気温は比較的収まっており、30℃以下の環境で運動をすることができます。

コンディションを維持するためにも、比較的気温の低い早朝にトレーニングをオススメします。

早朝に練習を行うのは他にも様々な体に良い効果があります。
今回はそんなメリットと注意点をお話ししたいと思います。

①起床後にはテストステロンという筋肉増強に欠かせないホルモンの分泌量が多いという研究があります。
ストレスを感じるとテストステロンは減少してしまうため、朝一に運動をすることで最大限活かすことができます。

②朝は血中のインスリン濃度が低いため、脂肪燃焼効果が高くなります。
ダイエットに向いているとも言われますが、減量をしたいという方や絞り込みをしたい方へお勧めです。

③早寝早起きの生活リズムを作ることができます。
生活リズムの安定は体にとって非常に大切なことです。
睡眠の質の向上にもつながり、疲労やトレーニングで損傷した筋肉の回復にもバッチリです。

④集中力が高まる。
運動後に行う活動では集中力が高まるといった研究もあります。
気分的にも汗を流すことでスッキリとした目覚めになり、フレッシュな気分で仕事や学校に行けるようになります。

⑤新陳代謝が高い状態で1日を過ごせる。
朝に筋肉を動かし、血流を促進させることで、1日代謝の良い状態を作ることができます。
単一の部位ではなく、全身を動かすとより効果的です。



注意点としては
・体が起きていない為ケガをしやすい。
・自主的に行う場合、継続して行いにくい(三日坊主になりがち)
・内臓に負担がかかり易い。
・やりすぎると疲れて逆に集中ができない。
・睡眠不足になりやすい



一番考えなければいけないのは睡眠不足になってしまうということです。
朝から運動を行うとなると、どうしても睡眠時間が短くなってしまう傾向にあります。
その分早く寝る習慣をつくりましょう。

また朝ごはんを食べずに練習に参加することもあまり好ましい状況ではありません。エネルギー源が切れている状況で運動することは、思考力不足、集中力不足も招いてしまいます。


そうなると朝練はやめるべき?となるのですが、より効果的な早朝練習の方法としては

●まず前日はしっかり睡眠がとれる状況であること。

●朝練前に軽く何か食べてから参加すること。

●起床からすぐに運動をはじめるのではなく、準備運動をして体を目覚めさせること。

このようなことに注意をすると、よい充実した早朝練習になるのではないかと思います。

多くのメリットがある早朝練習。
時間を有効に使うためにも是非オススメです!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • イチローのストレッチに乱入!

    イチローのストレッチに乱入!

     5月31日にメジャー昇格を果たすも再び3A降格が決まっ...

    2015年06月10日

  • 全日本学生女子駅伝間もなく!

    全日本学生女子駅伝間もなく!

    第33回全日本学生女子駅伝がもう間もなく、杜の都仙台市、...

    2015年10月25日

  • 今夜8時!日本代表試合会場で最終調整

    今夜8時!日本代表試合会場で最終調整

    サッカー日本代表は、シンガポール戦が行われる試合会場で最...

    2015年11月12日

  • トップ選手愛用の冬季トレーニングシューズ「ビルトトレーナー2」が発売!

    トップ選手愛用の冬季トレーニングシューズ「ビルトトレーナー2」が発売!

    多くのトップアスリートが冬季トレーニングで愛用しているの...

    2015年12月10日

  • 関東新人100mに桐生祥秀登場!!

    関東新人100mに桐生祥秀登場!!

    関東学生新人の男子100mに桐生祥秀選手が出場し、全日本...

    2015年09月22日

  • ラミレスDeNA新監督決定!

    ラミレスDeNA新監督決定!

     DeNAの新監督にアレックス・ラミレス氏の就任が決定し...

    2015年10月20日

  • カタールW杯、11〜12月に

    カタールW杯、11〜12月に

    国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2022年ワールド...

    2015年02月26日

  • 400m世界記録保持者が300mの世界記録に挑戦!

    400m世界記録保持者が300mの世界記録に挑戦!

  • 前田彩里、名古屋ウィメンズ欠場へ。リオは断念。

    前田彩里、名古屋ウィメンズ欠場へ。リオは断念。

  • 話題の早慶ポスター

    話題の早慶ポスター

  • 岡崎 今季10得点目!

    岡崎 今季10得点目!

  • 桜は望み捨てず次へ

    桜は望み捨てず次へ

  • ラミレス 来季打撃コーチ昇格!?

    ラミレス 来季打撃コーチ昇格!?

  • 【DL】シパーズvsアリソン!

    【DL】シパーズvsアリソン!

  • バルサ リーガを制す!

    バルサ リーガを制す!

  • 女王トンプソン!圧巻の強さ!!トンプソン時代到来か!?

    女王トンプソン!圧巻の強さ!!トンプソン時代到来か!?

  • 武藤、マインツへ!

    武藤、マインツへ!

  • 【試合への不安と恐怖】臨床心理学から解決を試みる!

    【試合への不安と恐怖】臨床心理学から解決を試みる!

  • 語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!

    語り継がれる涙の大逆転!稀勢の里がケガを乗り越え22年ぶりの新横綱優勝!

  • 全日本大学駅伝 号砲!!

    全日本大学駅伝 号砲!!

  • 岡崎14億でレスター移籍へ

    岡崎14億でレスター移籍へ

  • イチロー マリナーズに復帰?

    イチロー マリナーズに復帰?

  • ユニバーシアード男子400m

    ユニバーシアード男子400m

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    【走る時の悪い姿勢を改善しよう】腰が引ける・猫背の方におすすめ
    走る時に、前傾姿勢はしているけど腰が引けて「く...詳細
  • 【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    【身体を温めながら体幹強化】手押し車・5種類
    冬期練習に入り、身体作りを行っている方も多いと...詳細
  • 【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    【ポステリア・チェインの強化】股関節の爆発力を鍛える「デッドリフト」
    今回はポステリアチェイン(背中~太もも裏側など...詳細
  • 【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    【冬季の練習前に!】股関節の可動域を向上させる動的ストレッチ&トレーニング
    本格的に寒くなってきましたね! 練習前に...詳細
陸上競技
  • 【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    【下半身強化】可動域を最大限に活用した「フルランジ」
    今回は全国大会で数多くの成績を残している岡崎城...詳細
  • 【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    【スプリント基本動作を見直そう】ミニハードルドリル
    来シーズンの記録やパフォーマンスを高めるために...詳細
  • トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    トップアスリートの動きを参考に!パウエル選手の「ハードルジャンプ」
    今回はジャマイカのアサファ・パウエル選手のハー...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    【シンスプリント・足関節捻挫の予防にも◎】背中の柔軟性を高めるストレッチ
    今回は背中の柔軟性が低下するリスクと背中の柔軟...詳細
  • 【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング
    今回は腰回り~臀部にかけて筋肉を伸ばすF4スト...詳細
  • 【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    【毎日続けるための簡単ケアシリーズ】座ったまま行う臀部のストレッチ
    今回は椅子に座ったまま出来る、お尻を伸ばすスト...詳細
  • 【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法
    今回は膝窩部(膝の裏側)をケアする方法を紹介い...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
  • 【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    【マラソンシーズン到来!】試合に向けた食事内容のおすすめ【前日の食事】
    マラソンシーズン到来! いよいよ寒くなってき...詳細
  • 疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    ストレッチやセルフマッサージ、睡眠などに気をつ...詳細
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved