• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

こんにちは!
先日閉会したリオオリンピック。
陸上の400mリレーで、日本チームがジャマイカに次ぐ銀メダルを獲得した光景が未だに目に焼き付いている方も多いのではないでしょうか!
9秒台が一人もいない中での偉業に、海外メディアも興味津々になっています。
そこで話題に上がるのが、「バトンパス」、ですが今回は走順の視点から少し書きたいと思います。

【レース展開にもズバリはまった最高の走順だった】
予選‐決勝と日本チームは、山縣‐飯塚‐桐生‐ケンブリッジの走順を組みました。
2・4走の直線区間でエースを置く、1・2走にエースを置くなどさまざまな考え方があると思いますが、日本代表を例に少し考察してみます。

1走は、唯一スタートブロックからのスタートを要求される区間なので、スタートからの加速に絶対の自信を持つ選手がふさわしいといわれています。
また研究から、カーブはピッチタイプの選手が有利とされています。
5ヘルツ(1秒間に5歩分の回転量)という「高いピッチが出せて、スタートにも絶対的な安定感のある」山縣選手が最も適任だったと思います。

2走は、約120mという最も長い区間を走ります。
さらに左手に持ったバトンを、3走の右手に渡すため、3走が2走の内側を走ることになり、通常よりバトンパスが遠くなりやすいです。
そのため「後半の失速が少なくなる、加速のうまさと後半の走りをまとめる技術を持ち合わせた選手」が向いていると思います。
飯塚選手は専門も200mで、スピード維持に長けていたこともあり、そこがフィットしたのだと思います。

3走は、見かけ上の順位が大きく変動する区間です。
これはメリットもデメリットもあり、内側のレーンの選手からすれば、外のレーンの選手をどんどん追えるので非常に気持ちよく走れます。
一方で外側のレーンの選手からすれば、たとえ同じ走力であっても内側の選手に抜かれてしまうので、体が硬縮したり焦りで体が浮いてしまうこともあります。
そのため、レーンにもよりますが、自分の走りができたときに爆発する「最もトップスピードが高い選手」を置くチームが増えています。
また1走と同じくカーブなので、ピッチタイプの選手が有効です。
桐生選手は、山縣選手と同じ5ヘルツのピッチを出せて、かつ追い風で9秒台も出しているように爆発力をもっています。
また今回は、内側のジャマイカと少し距離があり抜かれなかったことと、外側の中国などをうまく抜けたことで非常に気持ちよく自分の走りができたというレース展開の良さも幸いしました。

4走は、勝負が決まる区間なので、先行した選手以外は焦りで自分の走りができない区間といえます。
今回もケンブリッジ選手の横は、ジャマイカのボルト選手、カナダのダグラス選手、アメリカのブロメル選手という全員が世界陸上のメダリストでした。
一方でボルト選手には先行されたものの、ケンブリッジ選手がダグラス選手とブロメル選手に先行したことで二人とも自分の走りができませんでした。
その意味では、4走では「加速で先行でき、トップスピードの高い選手」が重要かもしれません。
ケンブリッジ選手は、日本選手権でもスタートこそ山縣選手に先行されるものの、そこから一気に差を詰めて逆転優勝しています。
このトップスピードが活きたと感じます。
もちろんカナダ、アメリカと僅差で4走にまわってきてから、バトンパス後には先行できていたという、バトンパス自体のうまさも忘れてはいけないことです。


もちろん走順に関しての考え方は多々あると思いますし、年齢や走力差によっても変わってきます(中学生では今回の組み方でうまくいかないこともあるかもしれません)。
また、レース展開にも左右されるので絶対的な正解は判断しにくいものです。
ただ今回の走順は、個人の特徴にもフィットしていたとともに、レース展開にもズバリはまったといえます。

日ごろから走順を固定するため、その日のレース展開に応じて瞬時に入れ替えるのはかなり難しいと思います。
それでも知っておくことでより戦略的な走順決めができることもあるので、参考になれば幸いです!


***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5) 指導申込: http://ランコネ.jp/
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担う。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

    【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

    陸上競技をやっている方であれば、「バウンディング」につい...

    2017年05月27日

  • 砂浜ダッシュ 

    砂浜ダッシュ 

     砂浜でのトレーニングです。一般的に砂浜は柔らかくとても...

    2015年02月18日

  • 【第95回箱根駅伝は東海大学が優勝!】長距離選手とウエイトトレーニングの関係性について

    【第95回箱根駅伝は東海大学が優勝!】長距離選手とウエイトトレーニングの関係性について

    先日行われた第95回箱根駅伝では、東海大学が優勝。 そ...

    2019年01月06日

  • コニカミノルタ流、試合当日術

    コニカミノルタ流、試合当日術

    今回はトレーニングとは少し異なりますが、試合当日のウォー...

    2015年07月23日

  • クロスカントリー走の効果

    クロスカントリー走の効果

    クロスカントリー走というトレーニング方法をご存じでしょう...

    2015年10月20日

  • 【爆発的な跳躍に】ピストルスクワットで臀部を鍛える!

    【爆発的な跳躍に】ピストルスクワットで臀部を鍛える!

    跳躍選手において、踏切時の一瞬で大きな力を発揮する【爆発...

    2017年02月13日

  • 元世界記録保持者!ベテラン、パウエルを支えるウエイトトレーニング

    元世界記録保持者!ベテラン、パウエルを支えるウエイトトレーニング

    今年34歳を迎える陸上男子短距離、ジャマイカ代表のアサフ...

    2016年02月27日

  • 【重心移動を身につける】ハードルまたぎ

    【重心移動を身につける】ハードルまたぎ

  • 【一つでのトレーニングで二つの効果!】加速局面の動きづくりと腸腰筋強化

    【一つでのトレーニングで二つの効果!】加速局面の動きづくりと腸腰筋強化

  • ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

    ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • 【下半身&バネの強化】上半身と下半身を連動させる!「ハードルジャンプ」

    【下半身&バネの強化】上半身と下半身を連動させる!「ハードルジャンプ」

  • 若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

    若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

  • ランニング初心者の方へ

    ランニング初心者の方へ

  • スプリント ピッチトレーニング

    スプリント ピッチトレーニング

  • パウエル 300mT.T分析

    パウエル 300mT.T分析

  • ハードル振り下ろしドリル

    ハードル振り下ろしドリル

  • 動画で振り返る”なんば走法”

    動画で振り返る”なんば走法”

  • 高跳び金メダリストから学ぶ、超一流の効率的な体の使い方!

    高跳び金メダリストから学ぶ、超一流の効率的な体の使い方!

  • 歩くの速い人は走るのも速い!? スプリントドリル〜速歩き〜

    歩くの速い人は走るのも速い!? スプリントドリル〜速歩き〜

  • 冬季練習期間にしておきたい!坂スキップ〜スプリント

    冬季練習期間にしておきたい!坂スキップ〜スプリント

  • 【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

    【陸上 100m】山縣選手のストレッチポールを利用した体幹トレ

  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集

    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集

  • 各スポーツでも定番!ミニハードル走でピッチをあげよう

    各スポーツでも定番!ミニハードル走でピッチをあげよう

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 全身のバネを鍛え上げる!【バネ&体幹&連動性】
    全身のバネを鍛え上げる!【バネ&体幹&連動性】
    今回は全身を使った瞬発系トレーニングをご紹介し...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
  • 【減量や夏に向けて!】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【10種目】
    【減量や夏に向けて!】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【10種目】
    今回は練習後の補強や減量時におすすめのトレーニ...詳細
陸上競技
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
  • 【ガトリン選手から学ぶ!】爆発的加速を生み出す膝の使い方!
    【ガトリン選手から学ぶ!】爆発的加速を生み出す膝の使い方!
    今回は加速力につながる膝の使い方を見ていきます...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved