• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

ハムストリングスの柔軟性・可動域アップに!【PNFストレッチ】

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【9・29開催】第3回スプリントクリニック募集開始!

ハムストリングスの柔軟性・可動域アップに!【PNFストレッチ】

今回はトップアスリートたちの多くがストレッチで取り入れるPNFストレッチについて共有したいと思います。
私自身大会の日はもちろんのこと毎日の練習で取り入れていましたし、やる前とやった後では全く体の軽さが違います。

PNFとは、英語のProprioceptive Neuromuscular Facilitationの略語で、日本語では「固有受容性神経筋促通(法)」と訳されています。
簡単に言えば、体の反応を利用して筋肉をほぐしたり、筋肉の反応速度を高めるアクティブストレッチです。

動画のようにチューブで行ったり、二人組で行ったりします。
ハムストリングスのPNFを例にすると、手順は、
①膝を伸ばして抵抗が出るところまで真上に上げる。
②10秒間足を下ろすように力を加える(そのときにチューブやペアの人が前から足を下ろさせないように逆向きに力を加える
③これを5回ほど繰り返す


人間の身体は、足を伸ばそうとするとき、伸び過ぎを防ぐために無意識にそれを制止する逆向きの力が働きます。
上げる時に抵抗がかかるのは上げさせないようにする力が働くからです。
②の後、足を下ろす意識をなくすと、この抵抗する力が一時的に弱まります。
その結果以前より足が高く上がるようになります。
また、鈍った筋肉内の神経回路を再活性化させる効果もあるので、柔軟性が一気に高まるだけでなく、筋肉の動きが向上します。
1分のPNFで足が軽くなった感覚が出てくるはずです。

筋肉の収縮と弛緩をしっかり切り替えることが重要で、下手に行うと筋肉を痛めてしまう可能性もあります。
ですが女性や小さいお子様でもできるストレッチなので、やる場合はしっかりこの動画で基礎を勉強して、無理なくやっていきましょう!

  • 投稿者:アルパカ筑波大OB

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【壁があればOK!】肩甲骨の動きを改善するウォールスライド

    【壁があればOK!】肩甲骨の動きを改善するウォールスライド

    今回は肩と肩甲骨の動きを改善するウォールスライドをご紹介...

    2018年01月09日

  • トレーニング前に取り入れよう!股関節のダイナミックストレッチ5種

    トレーニング前に取り入れよう!股関節のダイナミックストレッチ5種

    今回はトレーニングやランニングの前に使える股関節のダイナ...

    2016年12月14日

  • あなたの肩甲骨はどこまで入る!?肩甲骨のペアストレッチ

    あなたの肩甲骨はどこまで入る!?肩甲骨のペアストレッチ

    肩甲骨のペアストレッチの紹介です。 肩甲骨は、陸上...

    2016年02月03日

  • いい汗と悪い汗!スポーツ選手なのに悪い汗かいてませんか!?

    いい汗と悪い汗!スポーツ選手なのに悪い汗かいてませんか!?

    暑い季節がやってきました。スポーツをしていると、4月ごろ...

    2016年05月24日

  • 硬くなってしまったふくらはぎをゆるめてみよう!【シンスプリントの対策&ケア第三弾】

    硬くなってしまったふくらはぎをゆるめてみよう!【シンスプリントの対策&ケア第三弾】

    こんにちは、PRPの佐々木です。 今回はシンスプリント...

    2017年11月21日

  • 肘付き腕上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】

    肘付き腕上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】

    「フィジカルチェック項目:肘付き腕上げ」の点数が低かった...

    2017年02月03日

  • 【テーピング】 膝周辺の痛みに対処。 

    【テーピング】 膝周辺の痛みに対処。 

    膝周辺の痛みに対処するテーピングの方法です。 膝に...

    2016年06月30日

  • いい汗と悪い汗!スポーツ選手なのに悪い汗かいてませんか!?

    いい汗と悪い汗!スポーツ選手なのに悪い汗かいてませんか!?

  • 真夏の暑さがピーク!冷房のかけすぎに注意!!

    真夏の暑さがピーク!冷房のかけすぎに注意!!

  • 【股関節に効く!】バランスボールで開脚ストレッチ

    【股関節に効く!】バランスボールで開脚ストレッチ

  • ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

    ランナーにお勧め!パフォーマンス向上ストレッチ

  • 【つらいスネ内側の痛み】シンスプリントの原因と対策 [テーピング]

    【つらいスネ内側の痛み】シンスプリントの原因と対策 [テーピング]

  • 痩せ体質になる寝る前ストレッチ

    痩せ体質になる寝る前ストレッチ

  • 骨盤矯正を日々の日課に!骨盤の歪みを自力で簡単に治すストレッチ!

    骨盤矯正を日々の日課に!骨盤の歪みを自力で簡単に治すストレッチ!

  • 【パフォーマンスアップ】股関節の可動域アップストレッチ【怪我予防】

    【パフォーマンスアップ】股関節の可動域アップストレッチ【怪我予防】

  • 5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ

    5分で変わる!股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ

  • 仮眠の効果

    仮眠の効果

  • 腕の可動域を改善!一人でできる三頭筋・広背筋のバンドストレッチ

    腕の可動域を改善!一人でできる三頭筋・広背筋のバンドストレッチ

  • 【もしかして足底腱膜炎?!】地面の接地時、足裏に強烈な痛みを感じる方へ

    【もしかして足底腱膜炎?!】地面の接地時、足裏に強烈な痛みを感じる方へ

  • 【リハビリだけでなくトレーニングにも!】スポーツで必須の足指を鍛える『タオルギャザー』

    【リハビリだけでなくトレーニングにも!】スポーツで必須の足指を鍛える『タオルギャザー』

  • 皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】

    皆さんはどう過ごしていますか?【梅雨の季節の体調管理】

  • 【コンディション調整】試合前1週間で意識したいこと【練習・栄養・私生活】

    【コンディション調整】試合前1週間で意識したいこと【練習・栄養・私生活】

  • おしり、太もも裏の予備運動

    おしり、太もも裏の予備運動

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    ジャンプ力・スプリント力を高めるハング・パワー...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    今回は股関節と肩甲骨の柔軟性を高め、全身の連動...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
  • 【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    今回は、ミニハードルを使ったスピードトレーニン...詳細
  • 【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    今回、スピードを高めるためのバック・ステップ・...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    今回は肩の可動域を向上し、パフォーマンスアップ...詳細
  • 【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低...詳細
  • 【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    昨日に引き続き足部のエクササイズの紹介です。 ...詳細
  • 【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    その場で行える21種目のダイナミックストレッチ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    選手の皆さん、試合で最高のパフォーマンスを発揮するには、「最高の準備」が欠かせませんよね。 皆さんは、試合前の準備で何を行っていますか? きっとそれぞれ、試合への臨み方を確立していることと思います...詳細
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved