• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

捻挫の回復が早まる!Voodoo バンドテクニック

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

捻挫の回復が早まる!Voodoo バンドテクニック

こんにちは、PRPの佐々木です。

今回は自分が足首を捻挫した選手に実際にやっているバンドを使ったテクニックを紹介します。
名前はVoodooバンドテクニックです。
実際はそれ専用のバンドがあるんですが、自分は持っていないのでセラバンドを代用にしています。
Supple Leopardの著者・Dr. Kelly Sterretが使っているテクニックで、実際にVoodoo Bandを使っているところは下のリンクから見れます。
(https://www.youtube.com/watch?v=drTxhTcvLgU)


○目的:
捻挫をした際の腫れを素早くひかす

○方法:
バンドを足・足首に巻く
2−5分ほど足首を動かす
一度バンドを取る
しばらくしてからまた巻き直して同じことを繰り返してみる。

○効果:
Compression& light touch(日本語では圧迫と皮膚を軽く触ること?)でリンパシステムが活性化するので、腫れがひきやすくなります。


○注意点:
・必ず選手が安全にできる所でする。
・痛みが出る場合は、一度止めて原因を究明する。
・きつく巻きすぎると血が止まる可能性があるので、足が痺れてきた、感覚がなくなってきた、変色してきたなどが起こればすぐに外し、それでも治らない場合は病院へ行きましょう。


炎症過程において特に最初の24−72時間は怪我の影響で組織が損傷してしまっているので、それを治すために怪我の直後から化学反応が起こります。
この化学反応の結果、代謝廃棄物が蓄積され腫れの原因となります。

この24−72時間の間に動かなければいいんですが、人間は怪我をしても”動く”生き物です。
この動いている時に怪我が悪化しないように保護し、後々のリハビリや動きの邪魔となる”腫れ”を引かしていきために圧迫をしていく必要があります。

今回のように、圧迫、そしてそれに伴う軽い皮膚へのタッチはリンパシステムを活性化してくれます。
このリンパは代謝廃棄物を取り除いてリサイクルしてくれるシステムです。

なので、特別な理由がない限り自分は足首の捻挫をした場合はアイシングは怪我の1日目だけで、それ以降は圧迫と自分の手技、そしてリハビリを中心にして行っています。

次回は足首の捻挫などに伴うscar tissue/瘢痕組織をどうやって壊していくかを紹介します。

では、また次回。


【主な参考資料】
Comparison of three treatment procedures for minimizing ankle sprain swelling, Cote DJ, Prentice WE, Hooker DN, Shields EW Phy Ther, 1988;68;1072-1076
Does cryotherapy improve outcomes with soft tissue injury? Hubbard TJ, Denegar CR. J Ath Trai, 2004;39(3);278-279
The use of ice in the treatment of acute soft-tissue injury a systematic review of randomized controlled trials. Beakley C, McDonough S, MacAuley D. Ame J Spor Med, 2004:32(1):251-261
などなど


この動画は「Performance Restoration Project」の作品です。

***********************************************************************
筆者:
佐々木優一
☆MS.,ATC.,LAT., NASM-PES。BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)。
アメリカで活動を行っており、テネシー州Lee Universityの野球チームをメインに
幅広く学生アスリートの怪我の予防プログロムの作成やリハビリなどを担当。
➣詳しいプロフィールはこちら;
https://performancerestoration.wordpress.com/profile/
***********************************************************************

  • 投稿者:佐々木優一BOC認定トレーナ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【股関節のつまり解消におすすめ】柔軟性・可動性を高める!「スパイダーマンストレッチ」

    【股関節のつまり解消におすすめ】柔軟性・可動性を高める!「スパイダーマンストレッチ」

    日頃からのトレーニングなどで股関節が動かしにくい、違和感...

    2019年03月30日

  • 【この時期特に気をつけたい】ハムストリングのケガ予防テーピング

    【この時期特に気をつけたい】ハムストリングのケガ予防テーピング

    4月に入りシーズンインした方も多いのではないでしょうか。...

    2017年04月02日

  • 筋膜のリリース(腓骨筋)

    筋膜のリリース(腓骨筋)

    腓骨筋のリリースなります。 動画のように横になってもら...

    2015年02月23日

  • ストレッチの使い分け方

    ストレッチの使い分け方

    皆さんは運動をする前と運動をした後のストレッチに気を遣っ...

    2015年09月18日

  • 【ストレッチ】ハムストリングス&カーフに効かせる!

    【ストレッチ】ハムストリングス&カーフに効かせる!

    今回は、ハムストリングスとカーフ(ふくらはぎ)に効くスト...

    2016年06月06日

  • 【簡単ですぐに使える!】日ごろ酷使している足に足指広げケア

    【簡単ですぐに使える!】日ごろ酷使している足に足指広げケア

    学校の通学や会社への通勤、休みの日は気分転換に遠くへお出...

    2016年07月25日

  • アスリートと偏平足

    アスリートと偏平足

    足には縦アーチ(親指側と小指側)と横アーチという3つのア...

    2015年06月07日

  • 梨状筋(お尻)のストレッチ

    梨状筋(お尻)のストレッチ

  • ハムストリングの柔軟性をアップ!動的ストレッチ【ワームウォーク】

    ハムストリングの柔軟性をアップ!動的ストレッチ【ワームウォーク】

  • 股関節に有効!バランスボール開脚ストレッチ

    股関節に有効!バランスボール開脚ストレッチ

  • 1分で出来る横隔膜ストレッチ!【股関節の動き改善にも◎】

    1分で出来る横隔膜ストレッチ!【股関節の動き改善にも◎】

  • 【シンスプリント対策第四弾!】膝関節の動きがギスギスするあなたに!

    【シンスプリント対策第四弾!】膝関節の動きがギスギスするあなたに!

  • 液体窒素アイシング

    液体窒素アイシング

  • 肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】

    肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】

  • レッグカール

    レッグカール

  • 【シンスプリント対策第三弾!】自宅でふくらはぎをゆるめてみよう!

    【シンスプリント対策第三弾!】自宅でふくらはぎをゆるめてみよう!

  • 腸腰筋のストレッチ

    腸腰筋のストレッチ

  • オレゴンプロジェクトの一員。ラップ選手のダイナミックストレッチ

    オレゴンプロジェクトの一員。ラップ選手のダイナミックストレッチ

  • 試合に向けたコンディション作り

    試合に向けたコンディション作り

  • 【筋力発揮にも影響!?】スポーツと「虫歯」の関係

    【筋力発揮にも影響!?】スポーツと「虫歯」の関係

  • 横隔膜のストレッチ

    横隔膜のストレッチ

  • 【ポール系器具ストレッチ①】アキレス腱・ふくらはぎなど下腿筋群のケア

    【ポール系器具ストレッチ①】アキレス腱・ふくらはぎなど下腿筋群のケア

  • 【怪我予防&パフォーマンス向上!】大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

    【怪我予防&パフォーマンス向上!】大腿筋膜張筋”TFL”のストレッチ

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved