• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

【筋疲労からの早期回復に!】知っておきたいアイシングのすすめ

6月に入り、気温もどんどん高まってきました。
暑いなー、ジメジメするなーと日々感じますが夏の暑さはこれからが本番。
炎天下の練習をやった後のアイシングは最高に気持ちいいですよね。

練習後にケアとして行うアイシングでは、「運動時に損傷した筋肉や組織を冷やし、血流を制限する」ことで筋肉の回復を早める役割があります。
運動では非常に軽微ながらも筋肉や組織が損傷が入ります。
筋肉痛などもそれによって引き起こされます。
日々の練習で起こるその炎症を抑えることで、回復を早めることができます。

また、他にも「神経の興奮の鎮静化やむくみの軽減」など様々な効果があるために練習後のアイシングが良いとされています。


アイシングの簡単な方法としては、以下のような方法があります。
・ホースや蛇口から水をかける
・氷のうや保冷剤を当てる
・大きいバケツやプールなどに入る

○冷やす時間は?
3~15分程度が目安です。
長時間冷やすことはあまりお勧め出来ません。
血流を阻害してしまったり、凍傷などの可能性もありますので注意しましょう。

○冷やす場所は?
筋肉を直接冷やすのもいいのですが、血管を冷やすことでより効果的にアイシングを行うことが出来ます。
関節、特に血管に近い部分を冷やしましょう。

具体的には以下のような場所があります。
・手首
・足首
・鼠蹊部(股関節)
・ひざ裏
・腋窩(脇の下)
・後頭部
・足裏


自身のパフォーマンスを高めるために、日々のケアは非常に大切です。
是非練習後に取り入れてみてください!

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【可動域向上&安定性強化】自分の体を極めよう!アニマルトレーニング

    【可動域向上&安定性強化】自分の体を極めよう!アニマルトレーニング

    今回はアニマルエクササイズについて紹介いたします。 ...

    2018年03月13日

  • スポーツ驚愕映像!バランスボール曲芸

    スポーツ驚愕映像!バランスボール曲芸

    バランスボールを使用した曲芸の映像をご紹介します! ...

    2015年12月20日

  • 高強度のトレーニング&リハビリの最終段階に!「ロシアンハムストリングス」

    高強度のトレーニング&リハビリの最終段階に!「ロシアンハムストリングス」

    今回はハムストリングスを強化する「ロシアンハムストリング...

    2018年07月03日

  • 四股踏みトレーニング

    四股踏みトレーニング

    四股踏みトレーニングは、自分の体重だけを負荷に、男女問わ...

    2015年08月11日

  • Hot salsa

    Hot salsa

     オレゴンプロジェクトの補強運動の紹介です。今回は「Ho...

    2015年06月15日

  • 【30種目&コツ】全身の瞬発力を高める!【プライオメトリクストレーニング】

    【30種目&コツ】全身の瞬発力を高める!【プライオメトリクストレーニング】

    今回は瞬発力を高め、動きの中で爆発的な強さを出すための3...

    2017年10月07日

  • アリソンのトレーニング③

    アリソンのトレーニング③

    アリソン・フェリックス選手のトレーニング第3弾! 今回...

    2015年11月03日

  • 【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】

    【ウォーキングトレーニング!knee bent walk(膝曲げ歩行)で下肢を強化しよう!】

  • 大腰筋トレーニングとチェック法

    大腰筋トレーニングとチェック法

  • 【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操②【菊野克紀】

    【Athlete トレーニング】肩甲骨の可動域と連動を高める体操②【菊野克紀】

  • なるほど!肩甲骨の6つの動き

    なるほど!肩甲骨の6つの動き

  • 【筋力を高めるために】筋線維稼働率を上げるための方法

    【筋力を高めるために】筋線維稼働率を上げるための方法

  • 体幹&お尻を鍛える!ラテラルヒップエクステンション

    体幹&お尻を鍛える!ラテラルヒップエクステンション

  • 【反応能力×俊敏性】ウォーミングアップに取り入れたい「トライアングルドリル」

    【反応能力×俊敏性】ウォーミングアップに取り入れたい「トライアングルドリル」

  • ワイドスクワットの効果

    ワイドスクワットの効果

  • パワーロープトレーニング

    パワーロープトレーニング

  • 超上級者腹筋 ドラゴンフラッグウォーク

    超上級者腹筋 ドラゴンフラッグウォーク

  • 肩甲骨を意識しながら身体の後ろ側を強化!ゆりかご運動

    肩甲骨を意識しながら身体の後ろ側を強化!ゆりかご運動

  • クロールのコツ~高安亮選手

    クロールのコツ~高安亮選手

  • 3Dドッチボールが楽しそう!

    3Dドッチボールが楽しそう!

  • 【リオ五輪選手注目選手特集①】 水の怪物、マイケルフェルプス [水泳]

    【リオ五輪選手注目選手特集①】 水の怪物、マイケルフェルプス [水泳]

  • ストレッチポールで行う予備運動

    ストレッチポールで行う予備運動

  • 君はこの技が出来るか!ヒューマンフラッグ!

    君はこの技が出来るか!ヒューマンフラッグ!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved