• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. その他

【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【11・17開催】第4回スプリントクリニック募集開始!

【史上初の全英8勝目!】復活のフェデラー選手がジュニア時代に行っていたトレーニング

昨日まで行われたテニスの最高峰である全英オープン(ウインブルドン)にて、ロジャー・フェデラー選手(35歳、スイス)が、史上初である8回目のウインブルドン制覇を達成しました。
それも1回戦から1セットも落とさない、全試合ストレートでの完全優勝でした。
なかなか優勝できなくなり、ピークは過ぎたといわれた生ける伝説の復活に熱くなった方も多いのではないでしょうか!?

そんなフェデラー選手の礎ともなったジュニア時代の練習を紹介します。
テニスは高いフットワークスキルとスピード、反応速度が求められるので、参考になるスポーツはかなり多いのではないでしょうか。

そのトレーニングは、さまざまな工夫がなされています。
まず練習の中で、縄跳びや対人アジリティ、ウエイトトレーニングなど、さまざまなトレーニング方法を取り入れています。
もちろん、ただ色んなことを行うだけでなく、それぞれの練習に意図があり、それを理解して取り組むことで自分の体を使いこなすことにつながると思います。
ケガをしても、またトップパフォーマンスに戻してこれる調整力はこの時から磨かれていたのではと感じます。

またアジリティトレーニングにも工夫が見られます。
0分55秒~のからのトレーニングは、三つの色が指定されたボールを用意し、順番を指定します。
コーチが投げたボールに対し、フェデラー選手は一瞬でそれぞれのボールの色を判断し順番通りに打ち返しています。
一瞬の状況判断と、高い身のこなしが要求される有効なトレーニングだと考えます。
(実際ボールを打ち返さなくても、それぞれ順番にキャッチして投げ返すなどであれば、陸上選手など他のスポーツでもかなり使えます)

【アスリートビュー】
ちなみにボールが投げられたときのフェデラー選手の目を追ってみてください。
2つのボールしか見ていません。
なぜなら2つのボールを見れば、残り1つの色は分かるからです。
瞬間的にそれを判断し効率化する能力は、まさに今のテニススタイルにつながっているように感じます。

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【臀筋・内転筋】股関節周辺の爆発力を強化するトレーニング

    【臀筋・内転筋】股関節周辺の爆発力を強化するトレーニング

    今回は下半身の動作の爆発力をつける「ブルガリアン スプリ...

    2017年11月10日

  • 体の中心からの爆発力を鍛える「ケトルベルスイング」

    体の中心からの爆発力を鍛える「ケトルベルスイング」

    今回は、ヒップヒンジ(骨盤前傾で腰を引いて体重を後方に移...

    2016年11月20日

  • テニス選手が行うアジリティアップのための【ラダートレーニング】

    テニス選手が行うアジリティアップのための【ラダートレーニング】

    今回はテニス選手が行っている ウォーミングアップにも使...

    2016年10月05日

  • 1分間で効果抜群!レッグU!

    1分間で効果抜群!レッグU!

    1分間で効果抜群の、ながらトレーニング、レッグUをご紹介...

    2016年03月28日

  • 【楽に走れるのは本当?】音楽を聴きながら運動する効果

    【楽に走れるのは本当?】音楽を聴きながら運動する効果

    好きな曲を聴きながら運動していると、モチベーションが上が...

    2017年03月23日

  • バスケ 小学生のドリブル練習

    バスケ 小学生のドリブル練習

    マークを2m間隔で左右交互に設置します。しっかり腰を落と...

    2015年02月09日

  • 動体視力トレーニング!10問全部正解できるか?!【ひらがな編】

    動体視力トレーニング!10問全部正解できるか?!【ひらがな編】

    今回は動体視力のトレーニングです! 画面の左側から...

    2016年11月21日

  • 筋肥大効果を最大化させるには

    筋肥大効果を最大化させるには

  • 【4スタンス】A2の特徴

    【4スタンス】A2の特徴

  • 【合宿や強化練習に】 階段ダッシュでメンタル・フィジカルを強化!

    【合宿や強化練習に】 階段ダッシュでメンタル・フィジカルを強化!

  • 【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング

    【雨の日にはこれ!】室内の省スペースで行えるアジリティトレーニング

  • 【タイガー・ウッズも実践!】体の使い方が上手になるスイングトレーニング

    【タイガー・ウッズも実践!】体の使い方が上手になるスイングトレーニング

  • チームコミュニケーションゲーム~人間知恵の輪~

    チームコミュニケーションゲーム~人間知恵の輪~

  • 【子供】片足相撲

    【子供】片足相撲

  • 自宅で追い込め!【3分間トレーニング】

    自宅で追い込め!【3分間トレーニング】

  • 足を速くするための腸腰筋エクササイズ!【上級編】

    足を速くするための腸腰筋エクササイズ!【上級編】

  • 速筋と遅筋

    速筋と遅筋

  • 内転筋、太ももの内側を鍛えるなら、【ワイドスクワット】!

    内転筋、太ももの内側を鍛えるなら、【ワイドスクワット】!

  • 【ふくらはぎの悩みはお尻にあった⁉】ヒップアダクション

    【ふくらはぎの悩みはお尻にあった⁉】ヒップアダクション

  • 【アスリートに人気】さらに股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その2

    【アスリートに人気】さらに股関節付近の連動を身につける!「バックランジ」 その2

  • 【タバタプロトコル】短い時間で効率的に体を追い込もう!【基礎代謝UP】

    【タバタプロトコル】短い時間で効率的に体を追い込もう!【基礎代謝UP】

  • 【脚を引き上げる・地面を押す感覚を高める】腸腰筋トレーニング

    【脚を引き上げる・地面を押す感覚を高める】腸腰筋トレーニング

  • 正しいスクワット!

    正しいスクワット!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【スピードやパワーの源!】大腰筋トレーニング
    【スピードやパワーの源!】大腰筋トレーニング
    インナーマッスルとして注目を集める「大腰筋」。...詳細
  • 【10種目】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【普段の補強にも◎】
    【10種目】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【普段の補強にも◎】
    今回は練習後の補強や減量時におすすめのトレーニ...詳細
  • 【可動域&安定性の強化】身体をコントロールしてみよう!アニマルウォーク5種目
    【可動域&安定性の強化】身体をコントロールしてみよう!アニマルウォーク5種目
    今回は身体を自由に操る為におすすめであえる「ア...詳細
  • 【ウォーミングアップにおすすめ】頭と身体を使って動く!「ねずみ・ねこゲーム」
    【ウォーミングアップにおすすめ】頭と身体を使って動く!「ねずみ・ねこゲーム」
    今回は身体だけでなく、頭も一緒に使って行う「ね...詳細
陸上競技
  • 【スポーツクラウド冬期練習・水曜日メニュー(追い込む日)】セット走について考える!
    【スポーツクラウド冬期練習・水曜日メニュー(追い込む日)】セット走について考える!
    今回は、水曜日メニューについて書いていきたいと...詳細
  • 【スポーツクラウド冬期練習・火曜日メニュー(ウエイトトレーニングの日)】練習ポイント公開!
    【スポーツクラウド冬期練習・火曜日メニュー(ウエイトトレーニングの日)】練習ポイント公開!
    今回は、火曜日メニューについて書いていきたいと...詳細
  • 【スポーツクラウド冬期練習・月曜日メニュー(走る日)】練習ポイント公開!
    【スポーツクラウド冬期練習・月曜日メニュー(走る日)】練習ポイント公開!
    前回の記事でスポーツクラウド冬期練習11月メニ...詳細
  • 【初公開・スポーツクラウド冬期練習11月メニュー】実業団選手も実践
    【初公開・スポーツクラウド冬期練習11月メニュー】実業団選手も実践
    冬期練習で「本当に足が速くなりたい」「ライバル...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【5分でOK!】股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    【5分でOK!】股関節の柔軟性&可動域UPストレッチ
    股関節が固くもう諦めている… そんな人も多く...詳細
  • ハムストリングの柔軟性をアップ!動的ストレッチ【ワームウォーク】
    ハムストリングの柔軟性をアップ!動的ストレッチ【ワームウォーク】
    今回は身体(ハムストリングス)の柔軟性を高める...詳細
  • 腰回りのトレーニング&ストレッチに!【リバーストランクツイスト】
    腰回りのトレーニング&ストレッチに!【リバーストランクツイスト】
    腰部をほぐすストレッチをご紹介します! 多く...詳細
  • 【足のグリップ力を高める】足指ケアで軽快な走りを手に入れる
    【足のグリップ力を高める】足指ケアで軽快な走りを手に入れる
    今回は足の指を使えるようになるケアを紹介してい...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    疲労回復の効率を上げる!【代謝を促進する食事】
    ストレッチやセルフマッサージ、睡眠などに気をつ...詳細
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは①「測定可能性」
    10月も後半に差し掛かり、今シーズンが終わってひと段落、、、 ちょっとゆとりが持てる今だからこそ、「今シーズンの振り返りをすることや、来シーズンに向けて準備をすること」をじっくりと考えていきたい...詳細
  • 【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    【下腿の痛みを知る】ランナー必見!「下腿疲労骨折の評価」
    足を痛めてしまう要因としては、 ・シューズが合わない(シューズを買えたばかり) ・サーフェイス(地面)が不安定 ・練習量の増加  ・身体柔軟性の低下 ・マルアライメント 以上の要因など...詳細
  • 【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    本日(2018/9/23)、第66回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会行われている中、江里口匡史選手の引退セレモニーが行われました。 江里口選手は、日本選手権男子100mを4連覇し、2009年ベル...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved