• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

  • 投稿者:窪田 望都100mマスターズ日本記録保持者

アミノバイタルの新作が登場!?

スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

今回は、トップスピードに上げていく走動作の中の(ストライドアップ)に着目した練習のご紹介です。
100mを走る上で加速区間では、ピッチは上がり、ストライドは徐々に広がっていく事が理想とされています。
ピッチ、もしくはストライドのどちらかに偏った走りではうまくトップスピードの向上は見込めません。
今回の動画では3種類の距離設定をしています。
1.6m-1.7m-1.8m
1.7m-1.8m-1.9m 各距離6区間ずつ
1.9m-2.0m-2.1m
ではこの練習をするにあたって、2つポイントをあげていきます。
・ミニハードルを最初に置く意味
重心をしっかり上げて走り出す事をしっかり意識する為、ミニハードルを最初の4個起きます。ミニハードルやマークを越えようと強く意識すると膝を無理に高く上げようとしてしまったり、地面を長く押そうとする動きが出てきてしまいます。足で越えるのではなく、身体全体がミニハードルを越えていくような意識で行うと良いですね!
重心を高く維持する意識で走り出してください。

・距離が伸びても接地場所は身体の真下
ストライドが伸びていく中で、重心移動がうまくいかなくなると腰が引けて前接地(動画モデルの左足が前接地になり気味)になります。この動きが加速区間で出てしまうと、トップスピードに乗りにくいどころか減速してしまいます。
長めの距離設定で前接地になってしまう場合は、距離を縮めて自分の真下に接地する感覚をしっかり掴んでから、また再挑戦してみてください。

  • 投稿者:窪田 望都100mマスターズ日本記録保持者

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    福井県陸上競技場リニューアルメモリアルセレモニーにおいて...

    2016年06月06日

  • ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

    ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

    ラダーを使ったランニングフォームの基礎を学んでいきましょ...

    2016年11月26日

  • 【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

    【短距離選手向け】下り坂のトレーニングのポイントと効果

    今回は下り坂の走行の仕方と効果について紹介します! ...

    2016年10月24日

  • 走高跳選手のシャフトスキップ

    走高跳選手のシャフトスキップ

    走り高跳びにおいて2m10センチを越える選手のシャフトス...

    2015年10月31日

  • 強豪校のコアトレーニング2

    強豪校のコアトレーニング2

    高校陸上界の強豪校、埼玉栄高校のコアトレーニングを紹介し...

    2015年10月08日

  • 室内60m世界記録を見よう!モーリス・グリーン、6秒39!

    室内60m世界記録を見よう!モーリス・グリーン、6秒39!

    モーリス・グリーンはアメリカの陸上短距離選手で、1999...

    2016年03月23日

  • ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

    ウサインボルト選手が指導する【5つの練習法】

    2017年で引退を発表している『人類最速の男』ウサインボ...

    2017年07月04日

  • 足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

    足が速くなる!縄跳びが及ぼす効果とは!?

  • 走高跳選手のスクワットジャンプ

    走高跳選手のスクワットジャンプ

  • ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

    ラダーを使った、ランニングフォーム練習【スプリントラン】

  • 冬季トレーニング〜ハードル補強編〜

    冬季トレーニング〜ハードル補強編〜

  • 【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~

    【アシステッドスプリント!】 ~いつものスピードに更なるスピードを加えよう~

  • 100m世界歴代1位〜10位

    100m世界歴代1位〜10位

  • このドリルで重心移動を覚えよう!マークドリル「ストップ」

    このドリルで重心移動を覚えよう!マークドリル「ストップ」

  • 【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】

    【最大スピードアップ!】3種のステップアップトレーニング【大臀筋を上手に使う】

  • 白人最速選手から学ぶ、

    白人最速選手から学ぶ、"内転筋"を使った効率的走法!

  • 福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

    福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

  • アリソンのトレーニング②

    アリソンのトレーニング②

  • 【スプリント強化に】上り坂でのスピードスキップトレーニング

    【スプリント強化に】上り坂でのスピードスキップトレーニング

  • みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

    みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

  • 短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

    短距離選手は参考に!アリソンのサーキット

  • スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

    スロートレーニングでヒラメ筋を鍛えよう!シーテッド・カーフレイズ

  • 世界の走りを見て学ぶ!トップスプリンターの100m

    世界の走りを見て学ぶ!トップスプリンターの100m

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    日頃からストレッチを行っている方は多いと思いま...詳細
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    お盆休みで 体がだるくなってスイッチが入らな...詳細
  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!...詳細
陸上競技
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    今回は100mで追い風参考ながらも9秒台の記録...詳細
  • 【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    今回は、足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    今回は「開脚」にポイントをおいたストレッチを紹...詳細
  • 【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    今回は足首を柔らかくするためのストレッチ方法を...詳細
  • 【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    日頃、練習やトレーニングをしていて足が上がりに...詳細
  • 足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    今回は足裏のアーチを復活させるテーピングを紹介...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
  • 【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    猛暑が続いており、身の危険を感じることもある今...詳細
  • 【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    最近では安価で手に入る事や手軽に栄養摂取ができ...詳細
  • 【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved