• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?
スポーツクラウドインスタもよろしくお願いします!

【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

走るときに手の形はグーがいいのかパーがいいのか・・・
素朴な疑問ですが小学生はもちろんのこと、陸上部でも迷うことがあります。
これについて少し書いてみたいと思います。
サッカーやラグビーなど他競技に方の参考にもなれば幸いです。


では、まずトップ選手たちはどうしているのかを見ていきたいと思います。
世界最速のボルト選手の走りを見てみると軽く握った形をしています。

日本のメダリストである、桐生選手や山縣選手、ケンブリッジ選手はパーに近い印象を受けます。
しかし指をピンと伸ばしているかといえばそうではなく、緩いパーといった感じでしょうか。

グーで握って走る選手はトップスプリンターにはあまり多くないように見受けられます。
今回はこれも踏まえて「リラックス」の観点から述べてみたいと思います。


【リラックスした腕振りを作る「小指」の重要性】
私のおすすめは、「小指を中心に軽く曲げた形」です
その理由は、速く走るためにはリラックスして腕振りを行うことが重要であり、そのためには少し小指を曲げる形が適しているからです。
これについて説明していきたいと思います

体がガチガチに緊張している人を見ると「速くは走れないだろうなー」という印象があると思います。
実際、肩が上がると腕振りも小さくなりうまく振れないことはみなさん実感があると思います。
(まだ体感されていない方はぜひ肩を上げて腕を振ってみてください)

では、今から二つやっていただきたいことがあります。

①親指を軽く曲げて腕を振る
②小指を軽く曲げて腕を振る(薬指も曲がって大丈夫です)

このとき①では胸筋周辺が固まる感覚がしたのではないでしょうか?
このように親指を曲げようとすると胸筋付近が固まり腕振りが制限されてしまします。
手でグーの形を作ると、どうしても親指に意識がいきがちなので同様に固まってしまいます。

②では胸筋が固まることはなかったと思います。
小指に意識を向けると背中の筋肉が機能しやすくなり、リラックスして制限を感じることなく腕を振ることができます。


これを意識してトップ選手を見てみると、パーに近い日本のトップ選手も小指は少し曲がっていることが分かります。
このことから、大事なのはグーかパーかというよりは、小指に意識できるかどうかだということです。
是非一度「小指を中心に軽く曲げた形」で小指から腕を振って走ってみてください。
卵を持つように軽く握る手も有効ですが、親指は中に入れず外に出して走ってみましょう!

少しでも参考になれば嬉しいです。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆大学陸上コーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオンなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング

    【股関節の硬さ解消に】股関節のクラゲトレーニング

    動物の動きを模倣することで、体そのものの動きを引き出すこ...

    2017年05月27日

  • ラダーでランニングフォーム作り

    ラダーでランニングフォーム作り

    ラダーを使ったランニングフォームの基礎を学んでいきましょ...

    2016年01月28日

  • スタート動作「崩す・支える」

    スタート動作「崩す・支える」

    桐生選手の現コーチ、土江さんによるスタートのテクニックを...

    2015年05月21日

  • ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

    ハサミ跳びで2m越え!走高跳び

    1936年ベルリンオリンピックの男子走高跳びの映像です。...

    2015年03月19日

  • 【やる意味を知って行おう!】ハードルジャンプの効果

    【やる意味を知って行おう!】ハードルジャンプの効果

    陸上のドリルとして取り入れられることもあるハードルジャン...

    2016年11月02日

  • 【自分の苦手な部分を改善!】5歩跳びハードル

    【自分の苦手な部分を改善!】5歩跳びハードル

    今回は5歩跳びハードルについてご紹介します! ハー...

    2017年01月05日

  • ルメートルのスタート

    ルメートルのスタート

    フランスの陸上短距離代表のクリストフ・ルメートル選手のス...

    2015年10月08日

  • 中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

    中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

  • ハードル振り下ろしドリル

    ハードル振り下ろしドリル

  • ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

    ミニハードルで足を流さない!3ステップハイニー

  • パウエル ウエイト集

    パウエル ウエイト集

  • M・ファラーのトレーニング①

    M・ファラーのトレーニング①

  • グライド投法

    グライド投法

  • 桐生のミニハードル走

    桐生のミニハードル走

  • 室内60m世界記録を見よう!モーリス・グリーン、6秒39!

    室内60m世界記録を見よう!モーリス・グリーン、6秒39!

  • 【股関節・体幹の強化に】ハードルを使った空中ランニング

    【股関節・体幹の強化に】ハードルを使った空中ランニング

  • 跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

    跳躍選手に筋力トレーニング「クリーン」が必要な訳

  • スティックラダーでスプリント

    スティックラダーでスプリント

  • 【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

    【速く走るために】手の形はグーとパーどっちがいいのか?

  • 福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

    福島千里選手も愛用!トリガーポイントを使って身体を良く!

  • 【GoPro】棒高跳び選手の視点

    【GoPro】棒高跳び選手の視点

  • 【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

    【名門コニカミノルタ式】骨盤歩きで腹筋・股関節の強化

  • フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

    フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 全身のバネを鍛え上げる!【バネ&体幹&連動性】
    全身のバネを鍛え上げる!【バネ&体幹&連動性】
    今回は全身を使った瞬発系トレーニングをご紹介し...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
  • 【減量や夏に向けて!】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【10種目】
    【減量や夏に向けて!】体重を落としたい方へおすすめのトレーニング【10種目】
    今回は練習後の補強や減量時におすすめのトレーニ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
陸上競技
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートを速くするドリル
    今回は、スタートダッシュや走り出しが速くなるド...詳細
  • 【ガトリン選手から学ぶ!】爆発的加速を生み出す膝の使い方!
    【ガトリン選手から学ぶ!】爆発的加速を生み出す膝の使い方!
    今回は加速力につながる膝の使い方を見ていきます...詳細
  • 【重心をスムーズに移動させる】マークドリル「ストップ」
    【重心をスムーズに移動させる】マークドリル「ストップ」
    今回紹介するスプリントドリルは、走動作に入る前...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
  • 試合前1週間で意識したいコンディション調整術【練習・栄養・私生活】
    試合前1週間で意識したいコンディション調整術【練習・栄養・私生活】
    試合直前の数日は期待や緊張で、なんともいえない...詳細
  • ハムストリングスの肉離れ予防に! 【ノルディックハムストリングス】
    ハムストリングスの肉離れ予防に! 【ノルディックハムストリングス】
    多くの人が悩まされるのが、ハムストリングスの肉...詳細
  • 【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】足裏のアーチを復活させるテーピング
    【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】足裏のアーチを復活させるテーピング
    今回は足裏のアーチを復活させるテーピングを紹介...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    【プロ野球選手も愛用】横浜ベイスターズが行うリズムトレーニングとは!?
    以前、大阪桐蔭高校は、各自でウォーミングアップ...詳細
  • 【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    【強豪校はここが違う!】大阪桐蔭高校が行うウォーミングアップから学ぶ
    福井国体で優勝した大阪桐蔭高校!春夏秋と3冠を...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved