• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

伝説の跳人、ボブビーモンに学ぶ

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

伝説の跳人、ボブビーモンに学ぶ

ボブ・ビーモン(1946年8月29日)は、アメリカの男子走幅跳選手である。
1967年までの世界記録は8m35であった。

1968年のメキシコシティオリンピックで世界に衝撃が走る。
ボブ・ビーモンが当時の世界記録を55cmも上回る8m90の驚異的な世界記録で金メダルを獲得したからである。
動画はそのときのものだが、あまりの記録に準備していた測定器では測りきれないという事態が起こったほどである。
この記録は、1991年東京世界陸上競技選手権大会でマイク・パウエル(アメリカ)によって更新されるまで、23年間も破られることはなかった。
また、8m90cmは現在もオリンピック記録として残り、45年以上経った今でも世界歴代2位の記録であることから、その異常さが伺える。

では、フィールドやスパイクもまだまだ現代のように洗練されていなかった当時において、ボブ・ビーモンが大記録を樹立できた要因を見ていきたい。

①最高の環境条件
この競技場の場所は約2400mの高地であった。
通常陸上競技では高地ほど好記録が出るとされている。
またこのジャンプの際は追い風2.0mという絶好の風が吹いていた。
これによって最高の環境がそろっていたことが一つの要因といえる。

②異常なバネ
バネとは陸上競技で腱の弾性と強さを指して使われる言葉である。
助走においては、走り幅跳び選手特有の直前の沈み込み動作とリズムアップによって踏切を行っている。
ただ跳躍における最高到達点があまりに高い。
これは技術や調子では説明できず、先天的に恵まれたバネを有していたことを意味する。

これらの考察を通して、ボブ・ビーモン選手の才能がすごかったという言葉で片付けてはいけないと考える。
尊敬すべきは、まだまだスポーツ科学も発達途中だった中で、非常に近代的かつ合理的な助走、踏切、跳躍を行っていることだと思う。
毎日考え抜いてたどり着いた答えが、このような大記録につながっているのである。

この動画から最も学べることは、理想的な動きにおいて時代を先取りできた選手が新しい時代を作ったということである。

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ボルトの補強を覗く

    ボルトの補強を覗く

    陸上男子100m、200m、4×100mRの世界記録を保...

    2015年09月29日

  • 高野進さんによる走り方講座②

    高野進さんによる走り方講座②

    高野進さんによる走り方講座② 今回は9つのランニングド...

    2015年06月09日

  • 高野進氏の走り方講座②(9つのドリル)

    高野進氏の走り方講座②(9つのドリル)

    高野進さんによる走り方講座② 今回は9つのランニングド...

    2016年10月22日

  • 4継 2つのバトンパス方法

    4継 2つのバトンパス方法

    バトンパスを大きく分けると「オーバーハンドパス」「アンダ...

    2015年08月18日

  • 劉翔のウォーミングアップ

    劉翔のウォーミングアップ

    2004年アテネオリンピック男子110mハードル金メダリ...

    2015年04月05日

  • フライングをしないフォームを習得しよう【クラウチングスタート】

    フライングをしないフォームを習得しよう【クラウチングスタート】

    フライングしないフォームの習得を目指しましょう!! ...

    2016年10月09日

  • 速く走る為のフォーム 基本編

    速く走る為のフォーム 基本編

    動画では速く走るための正しいフォームのポイントを[姿勢]...

    2015年03月22日

  • フレキ一歩ドリル

    フレキ一歩ドリル

  • 100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

    100m選手においてストライドを落とさずピッチを向上させた事例研究

  • ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

    ダイヤモンドリーグも活況!好調メリットが好記録!

  • 【下半身&バネの強化】上半身と下半身を連動させる!「ハードルジャンプ」

    【下半身&バネの強化】上半身と下半身を連動させる!「ハードルジャンプ」

  • スプリント ピッチトレーニング

    スプリント ピッチトレーニング

  • 【心理学】トレーニング「直後」の日誌があなたの潜在意識を変える!

    【心理学】トレーニング「直後」の日誌があなたの潜在意識を変える!

  • ラダーを使って可動域UP!ツイストウォーク

    ラダーを使って可動域UP!ツイストウォーク

  • 世界No.1の共演!世界トップのスタートダッシュスロー映像

    世界No.1の共演!世界トップのスタートダッシュスロー映像

  • 【重心移動を身に着けよう②】下り坂でのスタート練習4つの方法

    【重心移動を身に着けよう②】下り坂でのスタート練習4つの方法

  • 高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

    高平慎士直伝!スタートダッシュの考え方

  • 【練習メニュー】階段でスピードトレーニング(9種)

    【練習メニュー】階段でスピードトレーニング(9種)

  • ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

    ジョナサン・エドワーズに学ぶ!三段跳“水きりジャンプ”の極意③

  • 若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

    若きトップアスリートの補強!ケンブリッジ飛鳥

  • コニカミノルタ式レース当日グッズ

    コニカミノルタ式レース当日グッズ

  • 200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

  • この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

    この時期にやっておきたい!コントロールテストの意義

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved