• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

雨の日のトレーニング

  • 投稿者:みっちまん全日本インカレ 8位

雨の日のトレーニング
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

雨の日のトレーニング

日本は四季があり、雨が多いのも特徴です。トレーニングの日が雨だと少し嫌な気分になりますね。そこで雨の日でも外でトレーニングする際の注意点をまとめました。

【ウォーミングアップはカッパやブレーカーを着用!】
ウォーミングアップでは、身体を温めてケガの防止に努めなければなりません。肌を直接雨に濡らさないようにする工夫が必要です。多少暑くてもいいので、ロングタイツやブレーカーを着用し、汗をジワっとかきましょう。そして、一番守りたいのは、頭(髪)ですね。頭も帽子を着用するなど全身を雨から守りましょう。

【本練習は短期集中型!】
雨の日の練習は、晴れの日と比べどうしても集中力が下がります。晴れの日と同様のメニューを行うとケガの危険性も高まります。長々と行う必要はないでしょう。試合のことを意識すると行いやすいと思います。試合が雨の日のことを想定して、雨でもパフォーマンスを高めるためには慣れも必要ですし、メンタル面も影響します。高い集中力が求められます。雨の日こそ、高い集中力を作り、本数も少なくするといいでしょう。また、服装もここぞ!という時は軽装になり、動きやすい服装にしましょう。

【本練習が終わったら即着替えよう!】
全身が雨に濡れると体温は低下します。いつもよりエネルギーを消費していますし、身体の抵抗力も低下します。すぐに暖かい服装に着替えて体温を上げましょう。気温が低い時は長袖・長ズボンを着用するなどの工夫が必要です。

【クールダウンも忘れずに!】
本練習が終わったらすぐ帰宅!なんて人もいるかもしれませんが、着替えが終わったら濡れない場所に移動して、ジョグ、ストレッチはいつも通り行いましょう。場所も時間もないという人は、すぐに帰宅してお風呂に入って体温を温めてあげてください。もちろんストレッチも行いましょう。


【必ずしも外で行う必要はありません】
もちろん雨量や体調、試合に向けた調整の期間なのか、鍛練期なのか、チームや各個人によって様々だと思います。学校の中で、身体づくりのトレーニングを行ってもいいですし、無理に外でやる必要はないと思います。時と場合を見極めましょう!

雨の日の練習は体調を崩しやすくなるので、その対策をしっかり行いましょう。雨具、着替え(服・下着・靴下など)、タオルも多めに持っていくと安心です。短期集中型で頑張って下さい!

  • 投稿者:みっちまん全日本インカレ 8位

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 体幹を安定させて股関節の可動域を広げる「ヒップオープナー」

    体幹を安定させて股関節の可動域を広げる「ヒップオープナー」

    こんにちは、PRPの佐々木です。 今回は肩・股関節...

    2016年02月04日

  • 膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その5【下腿三頭筋】

    膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その5【下腿三頭筋】

    今回も前回に引き続き、関節内の靭帯や半月板に着目するので...

    2016年12月27日

  • 【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法

    【膝周辺の痛み対策に◎】膝窩部をほぐすセルフケア方法

    今回は膝窩部(膝の裏側)をケアする方法を紹介いたします。...

    2018年11月28日

  • 自宅で出来る!幹部を直接アイシングする!”アイスマッサージ”

    自宅で出来る!幹部を直接アイシングする!”アイスマッサージ”

     氷のうを利用してアイシングをする方法は一般的ですが、今...

    2016年04月29日

  • 良い姿勢を手に入れるために!骨盤を立てるエクササイズ

    良い姿勢を手に入れるために!骨盤を立てるエクササイズ

    陸上の走・跳種目、趣味でランニングを続けている方におスス...

    2016年02月22日

  • 真夏の暑さがピーク!冷房のかけすぎに注意!!

    真夏の暑さがピーク!冷房のかけすぎに注意!!

    暑い暑い夏がやってきましたが、多くの方々は冷房を多用して...

    2016年08月02日

  • 殿筋・腸腰筋周りの筋肉の動きを改善する、パターンエクササイズ③

    殿筋・腸腰筋周りの筋肉の動きを改善する、パターンエクササイズ③

    こんにちは、PRPの佐々木です。 今回もヒップエクステ...

    2016年01月04日

  • 野球肩を防ぐストレッチ

    野球肩を防ぐストレッチ

  • プロテイン代わり!? きなこ牛乳

    プロテイン代わり!? きなこ牛乳

  • 体幹強化に特化したスタビライゼーション【ベイビープランク】

    体幹強化に特化したスタビライゼーション【ベイビープランク】

  • <日本のヨガ!?真向法で自分の力を最大限に引き出そう!>

    <日本のヨガ!?真向法で自分の力を最大限に引き出そう!>

  • 【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング

    【疲労が抜けない方へ】腰部~臀部の筋肉を伸ばすストレッチング

  • 【女性】生理前後のトレーニグ

    【女性】生理前後のトレーニグ

  • 硬くなってしまったふくらはぎをゆるめてみよう!【シンスプリントの対策&ケア第三弾】

    硬くなってしまったふくらはぎをゆるめてみよう!【シンスプリントの対策&ケア第三弾】

  • 腰椎分離症のストレッチ

    腰椎分離症のストレッチ

  • 液体窒素アイシング

    液体窒素アイシング

  • アスリート用PNFストレッチ

    アスリート用PNFストレッチ

  • 【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」

    【シャワーで簡単ケア!】運動後の疲労を翌日に残さないための「交代浴」

  • 【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方

    【休んで強くなる!】アクティブレストの上手な行い方

  • 膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その4【ハムストリング】

    膝が痛い!そんな時にほぐしたい筋肉その4【ハムストリング】

  • 調子が上がってこない…オーバートレーニングの自覚症状!

    調子が上がってこない…オーバートレーニングの自覚症状!

  • 【股関節の可動域UP!】ウォーミングアップで使える動的エクササイズ①

    【股関節の可動域UP!】ウォーミングアップで使える動的エクササイズ①

  • 足がつる原因とは!?

    足がつる原因とは!?

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved