• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

  • 投稿者:あば高校コーチ

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1
<スポーツクラウド直営>走りのプライベート指導はコチラ

普段のウォーキングにも使える!「競歩の基礎」1

陸上競技のひとつである競歩。最近少しずつ知られてきてはいますが、やはりまだまだ。陸上のTシャツでも『走・投・跳』とはあるのに、なかなか『歩』が入っているものは見ません…。印象も『腰がくねくねするやつ』、『競技時間がひたすら長い』といったものではないでしょうか。

また競技人口や指導者も少なく、競歩をはじめる人にとっては独学でやらざるを得ないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな人でも競歩が上達するようになるための競歩の基本を書いていきたいと思います。


まずやるべきこと!それは基本の姿勢を知って身体に覚えさせることです。

その基本の姿勢とは、“背筋を伸ばして腰の位置を高く保ち、丁度へその位置を糸か何かで引っ張られているようなイメージでお腹を前に出すこと”です。

単に言葉を並べるだけでは意識しにくいと思うので、順を追って説明していきます。


背筋を伸ばして腰の位置を高く保ち…①
丁度へその位置を糸か何かで引っ張られているようなイメージでお腹を前に出す…②

としましょう。


まず①です。いつも通りに立ってみてください。緊張しなくて大丈夫です、何も考えずリラックスしてやりましょう。

どうでしょう。背筋はのびていますか?
のびていない場合は、深呼吸をするときの動作を思い出し、つま先立ちになるくらい腕をできるだけ高く『ぐぐぐぐぐ~っ』とあげましょう。
自然と背筋も伸びて腰の位置も高くなるはずです。その後腕をパッと下げます。
これで①の部分は完成です。

その感覚を保ったまま、次の②についてやっていきましょう。

確認の意味でもう一度深呼吸の動作を行い、①を思い出してください。
そこから今度は、お腹だけを前に出します。
そのときのイメージとして、まず自分のへその緒の部分に糸が垂れていると想像しましょう。その糸を自分の手で引っ張り、それにつられて自分の糸のついたお腹も前に行くという感じで行うとやりやすいです。

できましたか?これが競歩の姿勢なんです。少し特殊な姿勢だということがお分かりいただけたことでしょう。
これは、独学ではなかなか習得しにくいものだと思いますので、ぜひ意識していただけたらと思います。

競歩はこの姿勢が基本にあるということを忘れないでください。

注意点としては、②に関して、決して“お尻を出す”というイメージではないということです。
そうすると、背筋も曲がってしまうし腰も引けてしまい、全く違うフォームになってしまいます。
何度も言いますが、糸か何かでお腹を引っ張られているようなイメージをしましょう。

これができずに競歩は速く歩けません!早く身体に覚えこませるために日常の姿勢から意識するといいでしょう。
綺麗な姿勢でいると、競技面の上達も期待できるだけでなく見栄えもいいですよ!

  • 投稿者:あば高校コーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 世界陸上直前!パウエルの練習

    世界陸上直前!パウエルの練習

    8月22日(土)に北京世界陸上が開幕するにあたって、ジャ...

    2015年08月21日

  • パウエル スタート1歩目スロー映像

    パウエル スタート1歩目スロー映像

    元世界記録保持者パウエル選手のスタートの映像をスローモー...

    2015年09月24日

  • ヨハン・ブレイク   150m

    ヨハン・ブレイク 150m

    今までボルト選手、パウエル選手とジャマイカの2名を紹介し...

    2015年04月10日

  • アジリティディスクスクワット

    アジリティディスクスクワット

    アジリティディスクを用いた片足スクワットの練習をご紹介し...

    2015年10月12日

  • 【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング

    【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング

    今回は100mで追い風参考ながらも9秒台の記録を持つ多田...

    2018年08月09日

  • 【走り幅跳び】正しい角度と動きを身につける練習方法

    【走り幅跳び】正しい角度と動きを身につける練習方法

    この動画は、走り幅跳びの「踏切動作」練習です。 あまり...

    2017年02月06日

  • ガトリンのベンチプレス

    ガトリンのベンチプレス

    現在、北京で行われている世界陸上、男子100m予選をご覧...

    2015年08月24日

  • ルイジアナ州立大学陸上部!

    ルイジアナ州立大学陸上部!

  • 中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

    中・長距離選手へ!レース後の流しでワンランクUP!

  • 【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル

    【スタートダッシュで差をつける】0からのスタートが速くなるドリル

  • みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

    みんなは出来る?ワニ歩きで股関節と肩甲骨を連動させよう

  • ハンマーウォーク

    ハンマーウォーク

  • フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

    フルランジで下半身を強化!力強くしてみよう!

  • ハードルトレ(潜り+ジャンプ)

    ハードルトレ(潜り+ジャンプ)

  • 初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

    初心者や軽いケガをしている人にもいい?!クロスカントリー走の効果!

  • スタート 3種類の動き出し方

    スタート 3種類の動き出し方

  • 陸上競技の強豪校「洛南高校」による走りに近づけたBOXジャンプ

    陸上競技の強豪校「洛南高校」による走りに近づけたBOXジャンプ

  • 記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

    記録向上の鍵!走り幅跳びにおける「骨盤主導型踏切」とは

  • 競歩ドリル

    競歩ドリル

  • 桐生のミニハードル走

    桐生のミニハードル走

  • ステファンホルム・Hジャンプ

    ステファンホルム・Hジャンプ

  • ボルト300mレース

    ボルト300mレース

  • 陸連合宿を見てみよう!トップアスリートのインターバルトレーニング!

    陸連合宿を見てみよう!トップアスリートのインターバルトレーニング!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    【たった3分で追い込める!】最強腹筋トレーニングメニュー
    「全方向から鍛えられる計6種類の腹筋サーキット...詳細
  • 【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    【1日3分】室内でできる全身トレーニング(中級編)
    アスリートが考えた3分『全身トレーニング』 ...詳細
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
陸上競技
  • 【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    【練習メニュー】下り坂でスピードトレーニング(4種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第三弾『下り坂』の...詳細
  • 【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    【練習メニュー】上り坂でスピードトレーニング(6種)
    自主練や部活で使えるシリーズ第二弾『上り坂』の...詳細
  • 【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    【恐怖を超えた究極のスタート】コールマンから学ぶスタートの極意
    クリスチャン・コールマン(Christian ...詳細
  • 【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    【長距離ランナー必見!】ランナーにオススメのトレーニング集
    オレゴンプロジェクト所属のゲーレン・ラップ選手...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    下向肘上げ 改善エクササイズ【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向肘上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ②【ケガ予防フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    下向胸上げ 改善エクササイズ①【フィジカルチェック用】
    「フィジカルチェック項目:下向胸上げ」の点数が...詳細
  • 【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    【梅雨の季節の体調管理】アスリートに必要な知識
    蒸し暑く過ごしづらい季節がやってきました。そう...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    【瞬発的エネルギー!】クレアチン摂取タイミングのポイントと注意点
    クレアチンはアミノ酸の一種で、筋肉内のエネルギ...詳細
  • 【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    【骨強化に】身長を伸ばす為に必要な栄養素【Jr世代は特に大切!】
    色々な競技の上で、身長が高いということが有利に...詳細
  • 【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    【金メダリストの朝ご飯にも!?】正月によく食べるお餅の栄養&効能
    お正月はおせち料理やお雑煮など、お餅を食す機会...詳細
  • 【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    【身体の調子を整える】サプリメントアプローチ「ZMA」
    普段の食事から摂取するのが難しい栄養素がある場...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    箱根駅伝の区間賞の10人中7人が履いていたシューズ!!
    今回も箱根駅伝大盛り上がりでしたね。 そんな選手達の頑張りを支える、あるアイテムがあったんです。 それは「NIKE Zoom Vaporfly 4% Flyknit」というランニングシューズです。...詳細
  • 【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    【歯のケアしてますか?】スポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性
    毎日の歯磨き。皆さんはしっかりケアしていますか? 今回はスポーツパフォーマンスと「虫歯」の関係性をお伝えしたいと思います。 【歯は再生しない!】  スポーツ選手が筋肉痛やケガをした時に、...詳細
  • 【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    【トレーニングに必須の知識!】最大筋力を高める4つの方法
    瞬発系の種目を行っている選手には欠かせない最大筋力を高めるトレーニング。 最大筋力の発揮には、フリーウエイトでのトレーニングを組んでいる選手が多いかと思いますが、その中でも皆さんはどのような方法...詳細
  • 【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    【海外大学が証明!】目標達成率が劇的に上がる、3つの事前準備とは②「行動可能性」
    目標達成率をあげるMACの法則【前回の続き】について書いていきたいと思います。 前回のおさらい:【MACの法則とは何か?】 MACの法則とは、アイントホーヘン大学がメタ分析によって証明した、目...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved