• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【9・29開催】第3回スプリントクリニック募集開始!

【短距離スピードの向上に】バウンディングドリルの目的とポイント

陸上競技をやっている方であれば、「バウンディング」について一度は聞いたことがあると思います。
この頃はラグビーなど多種目でも行われている風景を見ることが多くなりました。
ただ、この「バウンディング」については、あまりネットなどでも目的や方法がまとまっておらず、いろいろな論があります。
もちろんどれが正解ということはなく、それぞれの速くなるための目的にフィットさせられれば意義があると思います。
今回は、私が選手としてもしくは指導者として使っているバウンディングの目的とポイントについてまとめてみます。


走りの中では、唯一スピードの変化が起こるのは、足が地面に着いている接地中のみです。
両足が空中にあるときに、どれだけ頑張ってもスピードが速くなることはありません。
そのため、「接地をいかにうまく行い、スピードを高めるか」が最も大事な要素ともいえます。

ただし走りながら接地を意識したり改善することは簡単ではありません。
そんな中で、バウンディングは“走りに近い状態で接地を強調できる有効なトレーニング”なのです。

【イメージ】
動画では2本走った後でバウンディングを行っています。
このように助走をつけてから、ポンポンポンと一歩一歩を強調した動きになります。

【ポイント】
私は次のポイントに意識を置いています。
①スピードを落とさないこと
接地でブレーキをかけるような足の着き方をしてしまうと、どんどんスピードが落ちてしまいます。スピードを維持、もしくはさらに加速していくイメージを持ちましょう。
そのためには次のことをチェックしてみましょう。

‐フラットに接地する
 ⇒つま先から接地するとブレーキがかかりやすいです。
‐腕の振り込むタイミングを合わせる
 ⇒脚だけの動きになるとブレーキがかかります。接地に合わせて腕を振り込みましょう。
‐接地でのぶれをなくす
 ⇒接地の瞬間に足首やお腹の力が抜けていると、大きな力を制御できず無意識にブレーキをかけてしまいます。できれば接地の瞬間に力を入れる(体幹や各関節を固める)と高いスピードでも対応できます。

②股関節から大きな動きを引き出す
動画で分かるように腰の上下動はあまり起こっていません。股関節からしっかり動かすことで、このように上ではなく前への力に変えることができます。
そのためには次のことをチェックしてみましょう。

‐空中でももや膝の力を抜く
 ⇒力を空中で抜く瞬間を作らないと、股関節の動きが小さくなってしまいます。
‐股関節から脚を動かす
 ⇒膝から脚を上げたり下げたりすると腰が遅れやすくブレーキやそこからくる上下動につながってしまいます。
‐肩の力を入れすぎない
 ⇒よく肩に過度に力が入って、肩が上がったまま行う人がいますが、これも上下動の原因になります。手もうまくリズムを刻みながら振るように心がけましょう。


このようなポイントで普段の走りよりも強調して接地を練習することで、実際の走りでもより大きな推進力を得られるようになります。
もちろんこれ以外にもさまざまなバウンディングの方法があると思うので、今一度その目的やポイントを考えてみてください。
よければこの方法でも一度やってみてくださいね!

この動画は「AirpLaneRussell」様の作品です。

***********************************************
筆者:
荒川優(あらかわゆう)
☆スプリントコーチ(100m:10秒5)
➣2010ニュージーランド・オタゴオープン 準優勝
筑波大学出身。ランニングコネクション代表。スプリントコーチとして大学や子供たちの指導、メディアなどで活動。
オリンピック選手や格闘技世界チャンピオン、Jリーガーなど、種目を超えてトップ選手のコーチも担っている。
出演:NHK「テレビスポーツ教室」など多数。
***********************************************

  • 投稿者:荒川優元100m選手:スプリントコーチ

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • ボルト&ブレイク 大会前アップ

    ボルト&ブレイク 大会前アップ

    動画は、ウサインボルト選手(世界歴代1位)とヨハンブレイ...

    2015年04月14日

  • 【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    【走順で差をつける!】 リオ五輪リレー銀メダルに見る、走順の考え方

    こんにちは! 先日閉会したリオオリンピック。 陸上の...

    2016年08月26日

  • 長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    長距離ランナー必見!意外と必要なトレーニング

    リオ五輪において男子10000mで5位、男子マラソンでは...

    2016年08月26日

  • 【より効果的に行うために】階段ダッシュの意識すべきポイント

    【より効果的に行うために】階段ダッシュの意識すべきポイント

    階段ダッシュは、たくさんの方がトレーニングで行った経験が...

    2016年09月26日

  • 腕振りの修正方法

    腕振りの修正方法

    短距離走のスタート直後や、競り合った時に肩に力が入ってし...

    2015年07月24日

  • 60m世界歴代1〜10位 映像

    60m世界歴代1〜10位 映像

    世界歴代1位〜10位までのレースをまとめた動画になります...

    2015年03月28日

  • コーナーマーク走

    コーナーマーク走

    コーナー(ブルーゾーン)からのスタートです。マークの間隔...

    2015年02月15日

  • 【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

    【フライングスプリット】より動きに近いトレーニングを行おう!【ケンブリッジ飛鳥選手】

  • 【インターハイ常連校】東京高校短距離陣のウォーミングアップ方法

    【インターハイ常連校】東京高校短距離陣のウォーミングアップ方法

  • 【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング

    【一瞬の瞬発力・ジャンプ力を高める】ジャンプトレーニング

  • 強豪チーム「富士通」も実践!ダイナマックスで横スキップ

    強豪チーム「富士通」も実践!ダイナマックスで横スキップ

  • ボルト プールトレーニング

    ボルト プールトレーニング

  • ランニング基本のフォーム

    ランニング基本のフォーム

  • 冬季トレーニングについて

    冬季トレーニングについて

  • 中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

    中間疾走ドリル〜Bスキップ〜

  • 【長期目標の達成】練習への考え方

    【長期目標の達成】練習への考え方

  • 史上最高スプリンター、ボルト選手の走りを真似してみよう!

    史上最高スプリンター、ボルト選手の走りを真似してみよう!

  • 【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル

    【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル

  • 年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

    年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

  • オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

    オリンピックシーズン開幕!ラビレニの強さを改めて見よう!

  • ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

    ランニングの基本ドリル〜トロッティング〜

  • 腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

    腸腰筋強化+最短軌道の習得トレ

  • 走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

    走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 全身の瞬発力を鍛えるトレーニング!【クロスジャック】
    全身の瞬発力を鍛えるトレーニング!【クロスジャック】
    全身の瞬発力を必要とするトレーニング。 クロ...詳細
  • 【甲子園常連校 大阪桐蔭高校の強さに迫る】試合前のアップ編
    【甲子園常連校 大阪桐蔭高校の強さに迫る】試合前のアップ編
    今年の夏、史上初の2度目の春・夏連覇を成し遂げ...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ】横綱白鵬の稽古前のウォーミングアップ!
    【トップ選手から学ぶ】横綱白鵬の稽古前のウォーミングアップ!
    こちらは2013年の夏の稽古場申し合い前の横綱...詳細
  • 【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    ジャンプ力・スプリント力を高めるハング・パワー...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
  • 【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    今回は、ミニハードルを使ったスピードトレーニン...詳細
  • 【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    今回、スピードを高めるためのバック・ステップ・...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    今回は肩の可動域を向上し、パフォーマンスアップ...詳細
  • 【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低...詳細
  • 【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    昨日に引き続き足部のエクササイズの紹介です。 ...詳細
  • 【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    その場で行える21種目のダイナミックストレッチ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    【抗酸化作用で疲労回復にもおすすめ】これからが旬のシャケを食べよう!
    朝ご飯のおかずとして出てきたり、昼食のお弁当に...詳細
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【甲子園常連校 大阪桐蔭高校の強さに迫る】試合前のアップ編
    【甲子園常連校 大阪桐蔭高校の強さに迫る】試合前のアップ編
    今年の夏、史上初の2度目の春・夏連覇を成し遂げ...詳細
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
コラム
  • 【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    【100m10秒07】江里口匡史選手が引退【競技人生の引退と新たなスタート】
    本日(2018/9/23)、第66回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会行われている中、江里口匡史選手の引退セレモニーが行われました。 江里口選手は、日本選手権男子100mを4連覇し、2009年ベル...詳細
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    選手の皆さん、試合で最高のパフォーマンスを発揮するには、「最高の準備」が欠かせませんよね。 皆さんは、試合前の準備で何を行っていますか? きっとそれぞれ、試合への臨み方を確立していることと思います...詳細
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved