• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. トレーニング
  3. 陸上競技

もう自己否定に陥らない!練習のパフォーマンスと満足度を同時に高める思考法

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

もう自己否定に陥らない!練習のパフォーマンスと満足度を同時に高める思考法
アミノバイタルの新作が登場!?

もう自己否定に陥らない!練習のパフォーマンスと満足度を同時に高める思考法

今回はこのような悩みを抱えた選手を対象に記事を書きたいと思います。

・練習をしているが、「いつもやっているだけになっている」と感じる
・練習後に自己否定しがちだ(例:今日はもっと頑張れたのに、なんで手を抜いたのだろう…)

私も現役時代は、常に上記のような不安がつきまとっていたように思います。
今回は、そのような不安を断ち切り、かつ練習の生産性を高める思考法「1日の練習目標を一つに絞ること」について書いていきたいと思います。

1.自己否定の危険性
まずは自己否定に陥ることの危険性について確認してみましょう。
自己否定に陥ると、何が問題なのでしょうか。

この「自己否定」の一番の問題点は、“選手の成長を止めてしまう”ということです。
自己否定に陥ると、「自分はなんてダメなんだ」「自分は意志が弱い」といったように、自分を責めがちになります。
このような思考を持つと、練習に対する不安や迷いを常に持ちながら日々の練習に取り組むことになります。
また、この不安や迷いは選手の集中力を奪い、選手が思っている以上にパフォーマンスを下げてしまう危険性があります。
そのような点で、選手の「自己否定」に陥るような要素をできる限り取り除く必要があるのです。

2.解決策
その解決策の1つとして「1日の練習目標を1つに絞る」ことが挙げられます。
例えば、今日の練習がテンポ走ならば、「目標:接地を足裏の1点でとらえること」のみを意識して練習に取り組みます。

これはとてもシンプルな方法なのですが、選手の不安や迷いを断ち切り、さらに練習成果を飛躍的に向上させます。

その理由は下記の通りです。
【理由】
① 不安や迷いを断ち切れる理由
集中すべきことが1つに絞られることで、迷わなくなります。
「迷い」は人の思考能力を劇的に下げ、練習中のパフォーマンスを鈍らせるといわれています。
近年の意思決定の研究によると、商品を選ぶときでさえ「人は選択肢が多いと選択できなくなる」ということが分かっており、迷いの多い状況であるほど意思決定がしにくくなるということが言われています。

② 練習効果を向上させる理由
また、練習目標を1つに絞ることで集中力を劇的に向上させます。
「マルチタスクは能力を下げる」ということが近年研究で言われていますが、これは練習中でも当てはまります。
特に練習は、「パフォーマンスを向上させるため」であり、その都度何かをクリアするための密度の濃い集中が必要となります。
一度にあれもこれも集中するというのは、1つに対する質を下げ結果的に何も得ずに終わってしまうということにつながりかねません。

また、1つに絞るということで、そのテーマのなかで集中的に試行錯誤が行なわれます。
例えば先ほどの「目標:接地を足裏の1点でとらえること」であれば、どの位置でとらえるのが効果的か、1回1回の走りで試すことができます。
このようにテーマを小さく絞ることで、より深く実験的な練習が可能となるのです。

以上の理由から、練習目標を1つに絞ることで練習への生産性を心理的にも技術的にもを高めていくことができます。

3.ちょっとしたコツ
この方法を成功させるためのコツを3つご紹介したいと思います。

①目標をたてるときのコツ
目標を立てるときのコツは、より具体的で小さな目標を設定するということです。
理由は、達成したことを「見えるように」したいからです。具体的で小さな目標であれば、より達成の確立が上がります。
達成した事実が見えることによって、選手は成果を着実に感じることができます。
その1回1回の練習の達成感は、脳の報酬系と強く結びつき、「目標に向かって集中して取り組むこと」を促進してくれます。

練習日誌などに継続して記入するといいかもしれませんね。

②欲張らない
意欲の高い人は、どうしても一回の練習であれもこれもと意識しがちなのですが、記事に書いてきたように、1つへのフォーカスが集中力を高め結果的に成果への近道となります。
毎日の小さな積み重ねは地味だと認識しがちですが、1回1回の練習で目標を達成できると、思っていた以上の達成感と次回へのモチベーションを持つことができますよ。

③できなくても自己否定しない
最も重要なことが、できなかった自分を責めないということです。
思考や行動の習慣というのは、すぐに身につくものではなく、やっているうちに習慣化されていきます。
最初は、1つの目標を設定しても達成できなかったり、目標を設定することすら忘れてしまったり、できない瞬間をたくさん経験するかもしれません。
そのようなときは、まだ慣れていないだけで、これから慣れればできるようになると、自分を責めずに、どうしたらできるのかを考えるといいですよ。

以上のように、思考を少し変えるだけで普段の練習の効果を高めていくことができるのです。
冬季練習をきっかけに、この思考法を習慣化していくこともいいかもしれませんね。

  • 投稿者:たけぞうトリプルジャンパー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • スプリントドリル〜シザース〜

    スプリントドリル〜シザース〜

    今回は「シザース」という動きについて僕なりに説明していき...

    2015年05月04日

  • 200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    200mのスペシャリストが実践する!プレート腹筋

    陸上男子短距離の斎藤仁志選手(自己ベスト・100m:10...

    2015年12月15日

  • 【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる

    【前さばきを覚えるドリル】脚が流れなくなれば、脚はもっと速くなる

    今回、前さばきを覚えるドリルを紹介します。前さばきとは、...

    2018年06月15日

  • 【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    【スプリンターにオススメ!】大きく進む意識で行う片足ホッピング【プライオメトリクス】

    今回はプライオメトリクストレーニングの中でも高強度の「片...

    2017年09月02日

  • ガトリンのベンチプレス

    ガトリンのベンチプレス

    現在、北京で行われている世界陸上、男子100m予選をご覧...

    2015年08月24日

  • 歩くの速い人は走るのも速い!? スプリントドリル〜速歩き〜

    歩くの速い人は走るのも速い!? スプリントドリル〜速歩き〜

    歩く動作の中にも、速く走るための要素はたくさん含まれてい...

    2016年01月06日

  • ハードル 股関節補強

    ハードル 股関節補強

    ハードルを使用しての股関節の補強について紹介します。 ...

    2015年05月04日

  • オリンピックシーズン開幕!テイラーも上々の仕上がり!

    オリンピックシーズン開幕!テイラーも上々の仕上がり!

  • スティックラダーでスプリント

    スティックラダーでスプリント

  • 走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

    走りに直結!?コントロールテスト〜立ち幅跳び〜

  • 年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

    年明けから始めてみよう、金メダリスト「フレーザー補強」

  • 【陸上100m】 桐生選手のハードルドリル

    【陸上100m】 桐生選手のハードルドリル

  • スタートドリル〜膝上げスキップ〜

    スタートドリル〜膝上げスキップ〜

  • グライド投法

    グライド投法

  • スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

    スピードアップの感覚を養おう!ストライドアップマーク走

  • 【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

    【選手の皆さん】「ももあげ」をやる目的は何ですか?

  • 【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

    【瞬時に改善点を見極める】走コーチングの着眼点

  • 強豪校のハードルトレーニング

    強豪校のハードルトレーニング

  • ゲンゼゼ・ディババに学ぶ

    ゲンゼゼ・ディババに学ぶ

  • 【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

    【最大スピードを高めるための練習】加速走の方法とポイント

  • ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】

    ウォーミングアップにオススメ!【変形ダッシュ8種目】

  • 強豪校のコアトレーニング

    強豪校のコアトレーニング

  • ガトリンのスプリントトレーニング

    ガトリンのスプリントトレーニング

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    体幹&肩甲骨の可動域と安定性の向上に!【自重トレーニング10種目】
    今回は自重で出来る10種目のトレーニングを紹介...詳細
  • 【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    【可動域&柔軟性の向上】身体を覚醒させる!「ダイナミックストレッチ集」
    日頃からストレッチを行っている方は多いと思いま...詳細
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    【なまった体に!】4分間で追い込むサーキットトレーニング【脂肪燃焼にも◎】
    お盆休みで 体がだるくなってスイッチが入らな...詳細
陸上競技
  • 【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    【ピッチを高めるトレーニング】脚はもっと速くなる
    速く走るために重要なピッチですが、様々なピッチ...詳細
  • 【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    【股関節の機能性向上】足を高く上げやすくなる「レッグロワリング」
    走る際のアドバイスとして、太ももを高く上げろ!...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    【トップ選手から学ぶ!】100m多田修平選手のトレーニング
    今回は100mで追い風参考ながらも9秒台の記録...詳細
  • 【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    【足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶし】スプリントドリル
    今回は、足が速くなる要素が詰まったマーカーつぶ...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    開脚ができるようになるストレッチ【1セット5分程度でOK】
    今回は「開脚」にポイントをおいたストレッチを紹...詳細
  • 【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ
    今回は足首を柔らかくするためのストレッチ方法を...詳細
  • 【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    【股関節の柔軟性を高めるストレッチ3種類】段差を利用する
    日頃、練習やトレーニングをしていて足が上がりに...詳細
  • 足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    足裏のアーチを復活させるテーピング【足底筋膜炎や足裏の疲労感に】
    今回は足裏のアーチを復活させるテーピングを紹介...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
  • 【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    【熱中症予防&疲労回復&夏バテ防止】アスリートには冷やした甘酒がオススメ!
    猛暑が続いており、身の危険を感じることもある今...詳細
  • 【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    【スプリントパフォーマンスの向上にも!】サプリメントでアプローチ「アルギニン編」
    最近では安価で手に入る事や手軽に栄養摂取ができ...詳細
  • 【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    【疲労回復&筋肉量アップ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細
  • 【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    【成長スピードを加速させる!】アスリートが実践すべき3つの思考
    いくら練習をしても、なかなか上達しない。 スランプに陥っている。 このような悩みを抱えている選手はとても多く、 たいていの場合、そのような選手は日々の練習が「作業」になっています。 し...詳細
  • 【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    【日本選手権】金井大旺選手が日本新記録の13秒36で優勝!
    6月24日山口・維新みらいふスタジアムにて行われた陸上日本選手権男子110mH決勝。 福井県スポーツ協会に所属する金井大旺選手が13秒36(+0.7)の日本新記録となるタイムで優勝しました。 ...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved