• SPORTS CROWD ロゴ
  • - アスリートの練習法や、日々のトレーニング、栄養・医療など専門家の知識を集めた、スポーツの新しい楽しみ方を提供する 【スポーツ横断型WEBメディア】 -

  • スポーツクラウド【スポーツ横断型WEBメディア】
  1. HOME
  2. 知識
  3. ケガ

【一目でわかる!】尿の色で熱中症の危険度の診断をしよう!【熱中症対策その1】

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【一目でわかる!】尿の色で熱中症の危険度の診断をしよう!【熱中症対策その1】
【9・29開催】第3回スプリントクリニック募集開始!

【一目でわかる!】尿の色で熱中症の危険度の診断をしよう!【熱中症対策その1】

まだ梅雨の時期ではありますが、晴れると30℃を越える日もありますね…
湿度と相まって体へのダメージも多い時期です。

こんな高温多湿の環境が続くときは、屋外・屋内にかかわらず「熱中症」の危険度が上がります。
対策が必要です。
熱中症は自覚症状が出てから対処するのでは遅い場合が多くあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、最近では熱中症の際に脇や鼠蹊部を氷で冷やすだけでは体温の低下に繋がりにくいといった研究もありました。
そのため【管理・対策】が重要になります。

今回はその「管理」の指標となる「尿の色」についてお話をしたいと思います。

上の画像をご覧ください。
1~8までの色分けがされており、これを自分の尿の色と比較してみましょう。

1〜3を目標にしましょう。この数字の間にこまめな水分補給や、涼しい場所での休息が必要です。
4〜5は脱水症状が起きています。この色の場合は即時に休息・スポーツドリンクなど吸収しやすい水分の摂取が必要です。
6〜8の場合は、すでに症状が出ている場合が多いかと思います。この色にならないように注意しましょう。

尿の色で検索すれば画像も出てきますので、印刷してトイレに貼っておくと便利です。
僕は所属したチームや帯同した合宿などの練習場にもこのグラフを貼っておくのですが、選手自身が熱中症に気が向くこともあり、酷い熱中症になるひとはもちろん軽度の熱中症も激減しました。
シンプルに体水分量の管理にもなります。

自分の尿の色で、体調管理・熱中症対策をしてみましょう!

**********************************************
田辺拡也(たなべひろや)
☆Sports Crowdトレーナー
施術申込:
オリンピック選手も通う強くなるためのスポーツ整体院
「Athlete BASE」 院長 http://athletebase.net
体を根本から改善する整体院
「ナチュラルーム」院長 http://naturaroom.net
*************************************************

  • 投稿者:田辺拡也スポーツトレーナー

【新着】関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見てます。

  • 内転筋のストレッチで股関節を柔軟にしよう!

    内転筋のストレッチで股関節を柔軟にしよう!

    今回は、股関節と内転筋のストレッチをご紹介します。 冬...

    2016年11月10日

  • 【過去の怪我は未来の怪我の一番の理由になる】 大人になって競技を続けるときに知っておきたいこと

    【過去の怪我は未来の怪我の一番の理由になる】 大人になって競技を続けるときに知っておきたいこと

    こんにちは、PRPの佐々木です。 先日、日本のマス...

    2016年08月12日

  • 【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック

    【5分でチェックしてみよう!】足つぼ健康チェック

    みなさんはお風呂屋さんなどで、足つぼマッサージ機や足つぼ...

    2018年06月21日

  • 臀部をしっかりケアしよう!【大臀筋・梨状筋のストレッチ】

    臀部をしっかりケアしよう!【大臀筋・梨状筋のストレッチ】

    お尻(大臀筋・梨状筋)のストレッチの方法です。 寝転が...

    2017年10月28日

  • ストレッチの真実

    ストレッチの真実

    [ウォーミングアップで静的ストレッチを行うと動きが遅くな...

    2015年03月29日

  • 腓腹筋のストレッチ 青竹踏み

    腓腹筋のストレッチ 青竹踏み

    腓腹筋(ふくらはぎ)のストレッチの紹介です。今回はハーフ...

    2015年11月02日

  • 関節の動きの名前を覚えて、理解の幅を広げよう!

    関節の動きの名前を覚えて、理解の幅を広げよう!

    文献や資料、本やビデオを見ている時に外転や外旋、屈曲など...

    2016年01月15日

  • 【股関節の可動域UP!】ウォーミングアップで使える動的エクササイズ①

    【股関節の可動域UP!】ウォーミングアップで使える動的エクササイズ①

  • つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

    つま先立ち 改善エクササイズ大腿前面【ケガ予防フィジカルチェック用】

  • 前屈(通常) 改善エクササイズ【ケガ予防フィジカルチェック用】

    前屈(通常) 改善エクササイズ【ケガ予防フィジカルチェック用】

  • 【テーピング】 膝周辺の痛みに対処。 

    【テーピング】 膝周辺の痛みに対処。 

  • お風呂上りに毎日やりたい、お尻の疲労を除去するストレッチ

    お風呂上りに毎日やりたい、お尻の疲労を除去するストレッチ

  • 肩甲骨体操

    肩甲骨体操

  • 1分で出来る横隔膜ストレッチ!【股関節の動き改善にも◎】

    1分で出来る横隔膜ストレッチ!【股関節の動き改善にも◎】

  • シンスプリントが多くなる時期。手軽にすねの奥をほぐせるセルフケア

    シンスプリントが多くなる時期。手軽にすねの奥をほぐせるセルフケア

  • 【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ

    【怪我予防やパフォーマンスアップに!】足首の柔軟性・可動性を出すストレッチ

  • むくみ解消 ストレッチ

    むくみ解消 ストレッチ

  • 【女性】生理前後のトレーニグ

    【女性】生理前後のトレーニグ

  • ツーテッドツイスト

    ツーテッドツイスト

  • 15分の昼寝で効率アップ!【アスリートに嬉しい3つの効果】

    15分の昼寝で効率アップ!【アスリートに嬉しい3つの効果】

  • おしり股関節ストレッチ

    おしり股関節ストレッチ

  • フットローラーで足裏をほぐす

    フットローラーで足裏をほぐす

  • 【テーピング】お尻(大臀筋)をサポート!

    【テーピング】お尻(大臀筋)をサポート!

Category New/カテゴリー新着情報

トレーニング
  • 【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    【下半身の瞬発力を高める】ハング・パワー・スナッチ
    ジャンプ力・スプリント力を高めるハング・パワー...詳細
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    ワニウォークで股関節と肩甲骨の連動性を高めよう!【ウォーミングアップにおすすめ!】
    今回は股関節と肩甲骨の柔軟性を高め、全身の連動...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
陸上競技
  • 【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    【トップ選手から学ぶ】福島千里選手が行うスピードトレーニング10種目
    今回は、100m、200mの日本記録保持者で、...詳細
  • 【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    【走る前にやっておきたいジャンプトレーニング】瞬発力を高める
    競技パフォーマンスを高めるため「瞬発力」は、と...詳細
  • 【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    【ミニハードルを使ったスピードトレーニング】スピード強化
    今回は、ミニハードルを使ったスピードトレーニン...詳細
  • 【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    【スピードを高めるためのトレーニング】バック・ステップ・ボックス・ランジ
    今回、スピードを高めるためのバック・ステップ・...詳細
ケガ・ストレッチ
  • 肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    肩甲骨がグイグイ動く!【3種目の肩甲骨エクササイズ】
    今回は肩の可動域を向上し、パフォーマンスアップ...詳細
  • 【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    【運動前のストレッチがNGは本当?】 ウォーミングアップにおけるストレッチの考え方
    「運動前の静的なストレッチはパフォーマンスを低...詳細
  • 【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    【足の疲労抜きにも◎】安定性、パフォーマンスを向上させる10種目の足裏エクササイズ
    昨日に引き続き足部のエクササイズの紹介です。 ...詳細
  • 【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    【21種目の動的ストレッチ】目的に応じて使い分けよう!【ウォーミングアップ】
    その場で行える21種目のダイナミックストレッチ...詳細
サッカー
  • エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    エムバぺ(フランス代表)はなぜあんなに速いのか!?[陸上コーチによる解説]
    先日4年に1度のワールドカップが行われ、日本代...詳細
  • 【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    【W杯でも活躍!】サッカーイングランド代表が行なった〇〇を使ったトレーニング
    2018年ワールドカップ盛り上がりましたね! ...詳細
  • 【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    【W杯でも大活躍】レアル・マドリードのトレーニング
    欧州チャンピオンズリーグ3連覇、今回のW杯でも...詳細
  • 【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    【世界トップの瞬発力!】メッシ選手のアジリティトレーニング【間も無くW杯開幕!】
    5度のバロンドール受賞、5回のチャンピオンズリ...詳細
栄養・食事
  • 【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    【夏の疲労回復におすすめ!】とうもろこしを食べることによる栄養効果について
    夏を感じさせる食材にとうもろこしがありますよね...詳細
  • 栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    栄養面から怪我にアプローチ!【疲労骨折の予防&対策に!】
    今回は栄養面から怪我に対するアプローチする方法...詳細
  • 【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    【運動時の集中力を高めたい方へ】分岐鎖アミノ酸(BCAA)の期待できる効果について②
    日頃からの疲労などが影響してパワー発揮がしにく...詳細
  • この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    この暑さで慢性的な水分不足になっていませんか?【だるさや倦怠感が抜けない方へ】
    毎日とにかく暑いですね…… 生きているだけで...詳細
野球
  • 【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    【肩甲骨に効果大!!】前田健太投手が行うマエケン体操をやってみよう!
    ドジャースの前田健太投手が行っている「マエケン...詳細
  • 【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    【肩甲骨が動かないと肩に負担!】野球の調査で分かった肩甲骨とその周辺筋の重要性
    肩を痛める選手と肘を痛める選手の違い 同...詳細
  • 「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    「投げる」動作中、肩の内部では何が起こっているのか?
    野球のみならず人間の一般的な動作に含まれる「投...詳細
  • 【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    【ヤクルトスワローズ】秋季キャンプのトレーニング
    体力向上をメインとした「サーキットトレーニング...詳細
コラム
  • 「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    「スポーツ心臓」のメリットとデメリット【激しい練習を行うアスリートに】
    『スポーツ心臓』という言葉をご存じでしょうか。アスリートならば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 スポーツ心臓は、スポーツ選手に見られる症状で心臓が激しい運動に適応して肥大した状態の...詳細
  • ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    ぐっすり眠るための睡眠のコツ!【睡眠前に〇〇をする】
    選手の皆さん、試合で最高のパフォーマンスを発揮するには、「最高の準備」が欠かせませんよね。 皆さんは、試合前の準備で何を行っていますか? きっとそれぞれ、試合への臨み方を確立していることと思います...詳細
  • [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    [追加募集中]第2回スプリントクリニック(講義+実技) 「100m10秒台で走るには?スタート&体の使い方編」
    今回も短距離選手にとっての大きなテーマである『100m10秒台』を軸に講演を行います。 前回大好評だった荒川先生は、選手として100m12秒台という平凡な高1時代から一気に10秒5まで記録を伸ばし、...詳細
  • 【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    【昼は暑すぎで危険!】早朝トレーニングをオススメする5つの理由
    日々様々なタスクに追われ忙しい方も多いとおもいます。 *疲れているから運動ができない。 *時間がないから運動ができない。 *もっと練習時間を確保したい。 *最近の猛暑により昼間に運動ができない...詳細

Category/カテゴリー

Sponsor/スポンサー

COPYRIGHT (C) SPORTS CROWD All Rights Reserved